スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膵臓外科

退院後、初の外来へ行ってきました。
血液検査の結果は、まずまずでした。(^.^)
白血球の値が少し高かったのですが、誤差の範囲内で問題ないでしょうとの事でした。

どの病院でも週に1回程度は、同じ科の医師で会議があるそうですが、
その時に前回のMRCPの写真を見て、他の医師が1~2mmくらいの膵石の可能性を指摘されたそうです。

ERCP時にステントを留置して出すようなことも出来るらしいのですが、
私の主治医は患者(私)の年齢と経過から術後膵炎の可能性が高いので反対らしいです。
しばらくは(炎症が消えるまで)はERCPは無理なので、その間に消えてくれれば良いのですが。
仮にERCPで膵石を流しても慢性は慢性で治りはしないそうです。
歯と同じように不可逆なものは厄介です。(-_-;)

[ 2007/11/16 16:55 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/95-6802c655




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。