スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

慢性膵炎 診療ガイドライン 診断

日本消化器病学会編集によるオフィシャルなガイドラインとして慢性膵炎診療ガイドラインが発刊されました。慢性膵炎に関わる膨大な文献を吟味し、診療上で問題となるクリニカルクエスチョン(CQ)に対して、推奨グレードとエビデンスレベルを明記して診療の指針を示してあります。
慢性膵炎の診断、病期診断、治療、予後の現時点における標準的内容がわかるようになっています。

慢性膵炎 診療ガイドライン

慢性膵炎診療ガイドライン



1.診断

・CQ1-01 病歴聴取、身体診察は慢性膵炎の診断に必要か? 

必要である。海外 N/A 日本 IV b

・CQ1-02 血中・尿中膵酵素測定は慢性膵炎の診断に必要か?

診断に有用な事がある。 海外 IV b 日本 IV b (特異度は92-98%と高いが、感度は20-32%と低い)

・CQ1-03 胸・腹部単純レントゲン撮影は慢性膵炎の診断に有用か?

腹部単純X線撮影は非侵襲的で膵石の診断に有用である。 海外IV a 日本 V

胸部単純X線撮影は慢性膵炎の診断に有用とはいえない。 海外無し 日本 V(単純X線で17-60.8% X線CTで68%の感度)

・CQ1-04 腹部超音波検査(US,造影を含む)は慢性膵炎の診断に有用か?

腹部USは石灰化慢性膵炎などの高度な慢性膵炎の診断には有用であるが、初期の慢性膵炎の診断には十分ではない。海外 IV a 日本 IV b(診断率 48-83% 特異度 75-90%)

・CQ1-05 CTは慢性膵炎の診断に有用か? 

腹部CTは石灰化慢性膵炎の診断には有用であるが、初期の慢性膵炎の診断には十分ではない。 海外 IV b 日本 V (感度 74-90% 特異度84-100% 膵の石灰化の96%が慢性膵炎とされるが、剖検では70歳代で4.2%, 80歳代で7.7%, 90歳代で16.7%に認められる)

・CQ1-06 腹部MRIは慢性膵炎の診断に有用か? 

腹部MRI(MRCP)は膵管や嚢胞性変化の評価により慢性膵炎の診断に有用であるが、これら以外所見による慢性膵炎の診断には十分ではない。海外 IV b 日本 IV b

(正常な主膵管の画像評価は、感度98%、特異度94%とされる)

・CQ1-07 EUSは慢性膵炎の診断に有用か?

EUSは慢性膵炎の診断に有用である。 海外 IV a 日本 IV b (CT, MRCPより優れ、感度80-88% 特異度 65-100%)

・CQ1-08 ERCPは慢性膵炎の診断に有用か?

ERCPを慢性膵炎の診断にのみ用いることは少ないが、造影所見は診断のために有用である。  海外 IV a 日本 IV b (感度70-93%, 特異度 89-100% 日本におけるERCP後膵炎の発症頻度は全国調査による診断的ERCPで0.202% 死亡率 0.0023%)

・CQ1-09 慢性膵炎の診断に外分泌機能検査は有用か? 

現在、日本で実施可能な膵外分泌検査法はBT-PABA試験のみであるが、この試験で異常低値を認められば慢性膵炎の診断に有用である。 海外 N/A 日本 IV b(軽度な外分泌機能障害の検出は困難) 

・CQ1-010 病理組織学的検査は慢性膵炎の診断に必要か?

慢性膵炎の診断に病理組織学的検索は必ずしも有用でない。 海外 IV b 日本 IV b

・CQ1-011 慢性膵炎と鑑別すべき疾患はどのようなものがあるか?

慢性膵炎と鑑別すべき疾患として膵癌が最も重要であり、腫瘤形成性膵炎と膵癌の鑑別が困難な例がある。 海外 IV b 日本 IV b (他に自己免疫性膵炎や、IPMN)

・CQ1-012 遺伝子検索は慢性膵炎の診断に有用か? 

カチオニックトリプシノーゲン遺伝子(PRSS1)の解析は症状を有する一部の慢性膵炎患者には臨床的有用性が認められているがCFTRや膵外分泌性トリプシンインヒビター遺伝子(SPINK1)解析の有用性に関しては推奨されるだけの根拠が無い。海外 VI 日本 VI

[ 2009/10/29 14:43 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/825-be44451a




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。