スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

適応外処方

社会保険診療報酬支払基金が9月15日、ウェブサイト上で、適応外処方であってもレセプト審査上認めるとする33事例を公表しました。

審査情報提供事例

日本医師会が各学会から集めた適応外処方の事例を、薬理作用や安全性などに基づいて検討しており、検査、処置、手術などでも同様のリストを示しています。薬剤に関しては2007年9月に47事例(現在は46事例)を発表して以来、2回目の発表です。

医薬品は、その適応や用量について、厚生労働省が承認を与えなければ製造・販売ができない規制品であり、基本的には承認された適応内で、承認された用量に従って投与することになっています。

しかし現場では、効能効果に記載されていない疾患に対しても用いられる場合があり、こうした処方を「適応外処方」と呼んでいます。

日経メディカル オンラインの調べでは、「適応外処方」で多いのは、

順位 薬効名または一般名
(カッコ内は代表的な商品名)
未承認の使用目的
1 H2ブロッカー NSAIDs潰瘍の予防
2H2ブロッカーステロイド潰瘍の予防
3プロトンポンプ阻害薬NSAIDs潰瘍の予防
4レバミピド(ムコスタ)NSAIDs潰瘍の予防
5消化管運動賦活薬(ガスモチンガナトンなど)機能性胃腸症
6中枢性筋弛緩薬(ミオナール、テルネリンなど)緊張型頭痛
7プロトンポンプ阻害薬ステロイド潰瘍の予防
8H2ブロッカー胃食道逆流現象
9ポラプレジンク(プロマック)亜鉛欠乏、味覚障害
10抗不安薬デパスセルシンなど)緊張型頭痛


11 マクロライド系抗菌薬 びまん性汎細気管支炎(DPB)
12マクロライド系抗菌薬慢性副鼻腔炎
13プロトンポンプ阻害薬胃食道逆流症への頓用
14抗不安薬(デパス、セルシンなど)肩凝り
15抗てんかん薬(テグレトール、フェニトインなど)帯状疱疹後神経痛三叉神経痛、慢性疼痛
16β遮断薬(インデラル、ロプレソールなど)甲状腺機能亢進症
17アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬心筋梗塞後の予後改善
18プロトンポンプ阻害薬胃食道逆流症の診断(PPIテスト)
19アスピリン心房細動
20三環系抗うつ薬トフラニールトリプタノールなど)帯状疱疹後神経痛、三叉神経痛、慢性疼痛
21ACE阻害薬誤嚥性肺炎
22アデノシン三リン酸(アデホスコーワ)めまい
23H2ブロッカー機能性胃腸症
24ACE阻害薬2型糖尿病に伴う糖尿病性腎症
24チクロピジン塩酸塩(パナルジン)冠動脈ステント留置後の血栓予防
26スタチン系薬心筋梗塞後の予後改善
27ヒドロキシジンパモ酸塩(アタラックス-P)睡眠障害
28アメジニウムメチル硫酸塩(リズミック)起立性調節障害
29ビタミンC製剤貧血(鉄剤との併用)
30プロトンポンプ阻害薬慢性咳嗽
31塩酸メキシレチン(メキシチール)神経因性疼痛
32ビタミンB12製剤ベル麻痺反回神経麻痺
33スタチン系薬PCI(冠動脈形成術)後の再狭窄予防
34硝酸イソソルビド・テープ薬(フランドルテープ)心不全
35ポラプレジンク(プロマック)口内炎
36アンジオテンシン2受容体拮抗薬(ARB)ネフローゼ症候群
37ステロイド経口薬癌性疼痛
38ドネペジル塩酸塩(アリセプト脳血管性認知症
39葉酸メトトレキサートの副作用予防
40塩酸シプロヘプタジン(ペリアクチン)食欲不振
40抗不安薬(デパス、セルシンなど)慢性疼痛
42硫酸カナマイシン(カナマイシン)肝性脳症
43ACE阻害薬心肥大
43H2ブロッカー慢性膵炎
45ACE阻害薬ネフローゼ症候群
45ジピリダモール(ペルサンチン)糖尿病性腎症
47メトロニダゾールフラジール偽膜性腸炎
48三環系抗うつ薬トフラニールトリプタノールなど)癌性疼痛
49スルピリドアビリット、ミラドール、ドグマチール食欲不振
50アデノシン三リン酸(アデホスコーワ)不整脈


ビソルボンは適応外処方で出されることが多いのですが、H2ブロッカー(及びPPI)の慢性膵炎への処方も適応外処方です。
確か、前回の調査ではもっと順位が高く20位以内にランクされていたと思います。
その他にも、アタP、デパス、ガスモチンなど膵炎には適応外処方が多いですね。

[ 2009/09/20 11:41 ] 膵炎 薬 | TB(0) | CM(2)
NSAIDsは胃腸を荒らすから、
胃薬(セルベックス)と一緒に飲んだ方が良いとか言われますけど
これを見るとPPIやH2ブロッカーを飲んでいたら、
別にセルベックスは必要ないということなのでしょうか。
(私はセルベックスは処方されていないので。。。)
適応外処方って色々ありますが、
現実的には病名を増やしてレセプトを通しているのだと思っていました。
[ 2009/09/21 10:26 ] [ 編集 ]
私もPPIやH2ブロッカーを飲み始めてから、セルベックスは中止になりましたよ。
病名を増やしてレセプトを通すのは良くありますね。私もカルテに20くらい病名が書き連なってました。(笑)
適応外処方はよく聞きますが、一番の問題は副作用が起こったときに医療機関側が責任を負わなくてはいけないところにあるようです。
医賠責という医師が加入している保険でも、適応外処方での賠償責任は免責になっているので、慎重なにならざるをえないようです。
[ 2009/09/22 10:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/804-c22d8874




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。