スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パトリック・スウェイジ 死去

俳優のパトリック・スウェイジさんが14日、米ロサンゼルスで死去した。57歳。昨年、膵臓(すいぞう)がんにかかったことを公表し、闘病しながら俳優活動を続けていた。
軽い心筋梗塞を起こし、腸にもガンが広がっていることが分かり、再び「シーダーズ・サイナイ病院」で過していたが、大好きな牧場が目の前に広がるニュー・メキシコでの生活に戻ることが叶わないと知ったスウェイジは、妻のリサ・ニーミさんに、せめて自宅に戻り、自分のベッドで死にたいと要望したという。
共同声明は数日前、最期は自宅のベッドでという強い希望から、自宅に戻っており、「20カ月に及ぶ闘病の末、家族にみとられながら穏やかに息を引き取った」と最期の様子を伝えています。 
振付師だった母親の影響で幼い頃からダンスを学び、ダンサーとして活躍後に映画界入り。
リゾートに勤めるダンス教師役を演じた「ダーティ・ダンシング」(87年)で注目を集め、「ゴースト ニューヨークの幻」(90年)ではデミ・ムーアと共演し日本でも大ヒットしました。

[ 関連記事 ]

不治の病

余命宣告を受けたパトリック・スウェイジですが、カルフォルニアスタンフォード大学医療センターでの化学療法&試験薬による治療が順調に進んでおり、09年には復帰との事です。

先日のインタビューで「僕は奇跡だよ」とタバコを吸いながら取材に応えていましたが、現在でも一日3箱のヘビースモーカーのままだそうです。

ゴースト ニューヨークの幻

現在はすい臓癌闘病中で、バレーダンサー出身という軽やかな身のこなしのパトリック・スウェイジ、ボーイッシュでキュートなのデミ・ムーアの真珠の涙、主役の二人が息のあった恋人役を好演しています。

私は癌と戦っています

ワシントン・ポスト紙に「I'm Battling Cancer. How About Some Help, Congress?」と題した投稿をし、すい臓がん治療に対する啓蒙活動をしていました。
私たちの個々の戦いは国家のものであるべきです。
「総合経済対策の一部として、癌や深刻な病気の医療・研究推進のために十分な経済的援助を国立衛生研究所 (the National Institute of Health)に対して行ってほしい。」と米国議会に訴えています。

現在も闘病中で肺炎のため入院していたパトリックですが、無事に退院して自宅で療養中だそうです。
最近のインタビュー(ピープル誌)では、「僕は生きているし、今後も生き続けるつもりだ」とに語っていました。
 今回の入院は、せきが続いたため用心してパトリックが自主的に入院したようですが、一部報道では、ガンが肺に転移したのではないかと報じられていました。パトリックが出演している最新作のテレビドラマ「ザ・ビースト」(原題)は1月15日からアメリカで放映が始まっているそうです。

パトリック・スウェイジ、回復は順調

「サイバーナイフ」治療を始めてから順調に回復しているとのことだったのですが...

早すぎる死に、合掌。






[ 2009/09/15 14:31 ] 膵臓 すい臓癌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/801-58433262




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。