スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「空席」という存在感

日銀総裁が、総理大臣が「空席」となっても存在感のない中、近しい人のみならず、私もまだ忌野清志郎の「空席」の存在感をしみじみと感じています。
ジョン・レノンが暗殺されたとき、日本ではビートルズ・シネ・クラブにファンからの電話が殺到し、同クラブ主催による追悼集会が日比谷野外音楽堂で行われ、その後も昨日のように事あるたびイベントが開かれています。

清志郎はそんなに大きく取り上げられることもなくなっていくでしょうが、彼の音楽・人を知る人の中ではずーっと生き続けてくれるでしょう。
私も臨終の際には集まった周りの人達に「たたえる歌」でも歌ってもらいたいものです。

TOKYO-8=MILANO(uttie): 忌野清志郎さんこと 父のこと 小林晴雄さんのこと

僕の好きな先生=小林晴雄さんのご友人だった父上を、清志郎が逝ったちょうど一ヶ月前になくされた息子さんのブログです。
忌野清志郎さん、小林晴雄さん、父上、三浦友和さんとの写真とともに、そのときの心情をつづられています。

後半部分をご紹介させていただきます。

小林晴雄さんは都立高校の美術教師として日野高校時代に清志郎さんを教えた。
RCサクセションの初期の名曲「ぼくの好きな先生」のモデルになった先生だ。

その頃、父は小金井の中学校で美術教師をしていて、「ぼくの好きな先生」がヒットしたとき、 教え子たちは、絶対に僕の父のことがモデルになったのだと思ったそうだ。

ある教え子は、喜んでその歌詞を木彫りにしたものを、送ってくれたので、 父はそれを、しばらくは美術準備室にかざっていたこともあったそうだ。


たばこを吸いながらいつでもつまらなそうに  たばこを吸いながらいつでも部屋に一人
ぼくの好きな先生  ぼくの好きなおじさん
たばこと絵の具のにおいのあの部屋にいつも一人  たばこを吸いながらキャンバスに向かってた


父の葬儀の際、父の教え子だった方が
「いつも西日が射す美術準備室で絵を描いていて、煙草と珈琲と絵の具の
においをさせて、良く話を聞いてくれる先生らしくない先生でした。」
と語ってくれた。

そして、似た者同士の美術教師は、実は同じ市内で暮らす無二の親友で、 美術教師を退職した後も、二人展を一緒に開くような絵描き仲間だった。

父は最近、小林晴雄さんの体調が芳しくないのをとても心配していた。
でも父の方が、あっさりと逝ってしまった。

葬儀の時、小林晴雄さんが僕の手を握って「僕より早く逝ってしまうなんてね。ひどいよね」 と言って、泣き崩れてくださったことを思い出す。

その一ヶ月後に、清志郎さんの葬儀に参列されて、どんな「さみしさ」を抱いておられるだろう。
もっと「ぼくの好きな先生」から、父の思い出と忌野清志郎さんの思い出を聞きたいと思う。

「栗原君(清志郎さんの本名)は、いつもコンサートの一番前の席のチケット送ってくれるんだけど、 ああいう場所はちょっと億劫でね、チケットを無駄にしちゃうんだ。」と小林先生はよく言っていた。

僕はその「一番前の席のチケット」を、喉から手が出るほど、譲ってほしかったので、 「先生が行かないなら、僕にください。」と言ったことがある。

小林先生は、穏やかに、 「そういう訳にはいかないよ。僕のための席だよ。空席という存在感もあるだろう。」 と言われたことを思い出した。

小林先生、ほんとうに「空席」という存在感は、とても大きなものですね。
父のための席と、清志郎さんのいなくなった席をみて、その意味がわかりました。

父と清志郎さんが、天国の新しい席で今頃一緒に再会していたら嬉しいですね。
「いやー、みんなより先に来てしまったね。」とか言っていたらいいですよね。



先日、20周年LIVEの様子をご紹介しましたが、そのときの三宅伸治&清志郎のインタビューと、清志郎の「空席」にその存在感の大きさをもっとも大きく感じているであろう、もう一人の盟友チャボと演った「つづく(DVD付)」からの「1日」をご紹介します。



一日 [アクセス解析]


これからも三宅伸治は旅を続けます、憧れのバンドマンとして、年末まで3日に一回はステージに立ち、そしてその旅のほとんどの夜に、ギターを弾き歌を歌うことでしょう。
夜ごと人々に感動や生きる勇気を与えたりするのです。

9月の公式スケジュール

■三宅伸治BAND

 ★9/11(FRI) 東京・吉祥寺 ROCK JOINT GB

■2009 ロックンロール・ジプシーツアー

 ★9/13(SUN) 高知 帯屋町周辺複数会場あり
 ★9/18(FRI) 愛知・豊橋 HOUSE OF CRAZY
 ★9/19(SAT) 大阪・淡路 LIVEBAR-KANSYA-感謝
 ★9/21(MON) 岡山・倉敷 COOKIE JAR
 ★9/23(WED) 山口・湯田温泉 キッチン モンマルトル
 ★9/25(FRI) 長野 LIVE HOUSE J
 ★9/26(SAT) 長野・諏訪 CLUB ROCK HEARTS

■イベント

 ★9/27(SUN) 埼玉・入間 MUSIC CAFE SO-SO

この後も、三宅真治は全国を旅します。ブルーズを歌いながら...

★10/15(THU) 東京・渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
「『Full Swing! ドクトル梅津SHOW』~ 梅津和時 還暦記念コンサート ~」
では、またチャボや梅津一行様とセッションです。

たたえる歌や「つづく(DVD付)」はもっと売れていい、なぜ売れないのか。



たたえる歌 [掲示板]


[ 2009/09/10 05:12 ] いろいろ 趣味 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/797-2211caf1




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。