スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

臓器提供意思表示欄

以前から、臓器提供意思表示カードが、各地方自治体の役所窓口、保健所、郵便局、運転免許試験所に設置されています。
また、公的な施設以外にも、コンビニエンスストアなどに置かれていて、現在ではネットで臓器提供の意思表示登録も可能になっていまましたが、今年度から保険証の裏に、臓器提供意思表示欄が付くようになりました。
記入は強制ではありませんし、記入したあとに、いつでも意思を変更することはできるのですが、皆さんはどうしていらっしゃるのでしょう?

※以下の欄は臓器提供に関する意思を表示する欄として使用できます。記入する場合は、該当する1~3の番号を○で囲んだ上で提供したい臓器を○で囲んでください。

1 私は、脳死の判定に従い、脳死後、移植の為に○で囲んだ臓器を提供します。(×をつけた臓器は提供しません。)
   心臓・肺・肝臓・腎臓・膵臓・小腸・眼球・その他(     )

2 私は、心臓が停止した死後、移植の為に○で囲んだ臓器を提供します。(×をつけた臓器は提供しません。)
   腎臓・膵臓・眼球・その他(      )

3 私は、臓器を提供しません。

ex0.gif

ア. 自分の意思に合う番号に○をしてください(必須)。
脳死後及び心停止後の両方に提供をしてもよいと思われている方は、1.と2.の両方に○を、心臓停止後のみ提供してもいいと思われる方は、2.のみに○を、提供したくない方は3.のみに○をして下さい。
イ. 1.か2.、あるいは1.と2.両方に○をした方は、さらに「提供してもいい」と考える臓器にも○をして下さい(必須)。
なお、「その他」の欄には、「すべて」、あるいは「使える組織」、「皮膚」「心臓弁」「血管」「骨」などがご記入いただけます。
ウ. 署名年月日を記入して下さい(必須)。
エ. 本人の署名をして下さい(代筆は認められません)(必須)。
オ. なるべく家族の方にも署名・確認してもらいましょう。

必須事項に記入漏れがあると完全な意思表示とみなされませんのでご注意下さい。


その下に自署欄と署名の年月日を記入する欄があり、これを、見えないようにする為に、保護シールが添付されています。

腎臓・膵臓・眼球は心停止後でも使えるのですね、私の場合は提供したくても膵臓は無理でしょうが...

その他の欄に、ネの乾かない「舌」とか、熱さを忘れてばかりの「喉元」とか、暖簾ばかり押してた「腕」なんて書いたら怒られそうですね。

[ 2009/09/09 04:50 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/792-5f74b2f0




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。