スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

地デジ(.VOR)の編集

地デジやCSなどのデジタル放送をDVDに録画すると、他のプレイヤーやパソコンで再生できないことがあります。

こんなのは日本だけなのですが、例えば、最近の病院ではノートPCやDVDプレイヤーを持ち込めるところがほとんどなので、お見舞いに行くついでに頼まれていた番組をDVDに焼いて持っていっても再生できない場合が多いのです。

清志郎追悼番組をスペシャル編集して見せてあげようと思っても、再生できなかったり、画面が真っ黒だったり、音が出なかったり……

そんな時は、CPRMコードを解除してどんなプレイヤーでも再生可能になる様にして持って行っています。

まず、デジタル放送CPRM対応のDVD-RWDVD-RW)に焼いてファイナライズしたものをパソコンに取り込みます。

この時に使うソフトはフリーで

・cprm2free

・c2dec

・relCPRM

・AutoUnCPRM

・CPRM Decrypter

・VR2FREE

など、いろいろ出ているのですが、私は速度がダントツに速い(作業容量は元のDVDの倍必要です)ので、「cprm2free.exe」、「cprmgetkey.exe」を「vr2free.exe」でGUI化して使っています。

録画したDVD-RWをパソコンのドライブに挿入して、vr2free.exeを実行し CPRM を解除し、パソコンのハードディスクに取り込みます。

解除されたファイルは、VR_MANGR.IFOとVR_MOVIE.VROというファイル名で生成されています。

このVR_MOVIE.VROというファイルの実態はmpg2ですので、VR_MOVIE.mpgなどにリネームしてやれば、パソコン上で再生・編集できるようになります。

vr2free」でパソコンに取り込むときに「vro2split」を一緒に使えば番組タイトル別にファイルを分割処理してくれます。

そのまま、Windows付属のDVDメーカーなどのオーサリングソフトでDVDに焼けば市販のDVDのように他の機器でも再生できるようになります。

私は、フリーながら市販品よりも高性能で使い勝手の良い「DVD Flick」を使っています。

このソフトの優れているところは、avi / mpg / wmv / flv / mp4 / divx等、一般的に使われているほとんどの動画ファイルを、簡単な操作でDVD データに変換することができるところです。

つまり、YouTube動画や携帯動画も簡単にDVDに焼くことが出来るのです。

作成するDVD には、字幕や音声ファイル多重化することができ、さらには簡単なメニュー画面も作成できます。

ImgBurn」が同梱されており、動画 → DVDまでの作業を、これ一本で済ませることもできます。

CMカットや動画のつなぎ合わせなど編集にも「Avidemux 2.4 GTK+」を使ったり、再生には「SMplayer」「VLC media player」を使ったりと、動画関係は基本的フリーソフトですべてまかなっています。

[ 2009/09/09 02:48 ] いろいろ 趣味 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/791-a9cf25c6




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。