スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新型インフルエンザ N95マスク

厚生労働省の試算によると最大で2500万人が感染する恐れがあるという新型インフルエンザ。
空港での水際作戦は諦められたのか、ゲートを通るだけで、以前ほどのチェックはありませんでした。
感染症指定医療機関に隔離されるようなこともないようで、少し拍子抜けしましたが、係員の人たちは医療機関に勤務されている人と同じように一様にN95マスクをされています。

N95マスク

N95マスクの「N」とは耐油性がない(Not to resistant to oil)という意味で、さらに強いマスクの規格としては耐油性、防油性があります。

5とは0.3μm以上の塩化ナトリウム(NaCl)結晶の捕集効率が95%以上という意味で、それ以上の捕集効率となると99や100という規格もあります。

産業用の使い捨て式防じんマスクにも、国家検定が行われていて、DS2というクラスのものがN95と理論上は同様の効果があると考えられています。

しかし、N95マスクといえども、飛散したウイルスを完全に吸い込まずに済むわけではなく、厚労省は「患者の2メートル以内に近付かず、人込みの多い場所に行かないといった予防策が大事」と指摘しています。
フィルター自体の性能を示すもので、「サージカルマスク」に比べて空気感染源を捕集する能力は高いのですが、装着後のマスクと顔との密着性は保証していません。
使用にあたっては、正しい装着を実施する必要があり、最低年1回のフィットテスト(サイズの確認のため)が必要だとされています。

N95マスク製品Q&A 2009年改訂版



厚生労働省の「新型インフルエンザ大流行時の公衆衛生対策に関する研究」(主任研究者;押谷仁・東北大学大学院医学系研究科微生物学分野教授)によって生まれたN95マスク・防じんマスクDS2のフィットテストビデオ(写真)が、You tubeで公開されています。

■1章 N95マスク・防じんマスクDS2に期待される効果と限界
■2章 N95マスク・防じんマスクDS2の正しい使用法
■3章 定性的フィットテスト 感度テスト
■4章 定性的フィットテスト 実際の方法

[ 2009/08/24 23:32 ] いろいろ 日常生活 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/769-46078968




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。