スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Rising Bolt 19.19!

世界選手権6日目は見所満載で、期待を裏切らないすばらしい試合が続きました。

5000予選のペケレの強さにもあきれましたが、なんといっても圧巻はライジング・ボルト!

100mに続いて、200mでも、はぐれメタルなみの素早さで、世界新記録を叩き出しました。
向かい風0・3メートルと条件的には恵まれない条件の中、大きなストライドで後続を引き離し、19秒81で2位だったアロンソ・エドワード(19)=パナマ=に0秒62の大差をつけました。
5位までが19秒台の高速レースだしたが、2位とのタイム差は0秒62で、これまでの世界選手権で最大だそうです。

しばらくはボルトの時代かと思いましたが、2位のアロンソ・エドワード君はまだ19歳で、ジュニアのときのボルトより早く走っていますので、今後、大いに期待できると思います。

この喧騒の中でも、アリアネ・フリードリヒ選手は指1本で観衆を黙らせていました。
さすが、フリードリヒ大王の末裔。(未確認です)
フリードリヒ選手はドイツ女性としては少し高いかなという178cmで、193cmのブランカ・ブラシッチ選手と並べば体格的な不利は明らかなのですが、ゲルマン魂で追い上げ、最後は一発逆転勝負に...
惜しくも、バーが落ちてしまいましたが、負けて爽やか、
ブラシッチ選手の世界記録挑戦を応援する姿に、ますます株が上がっていました。

中身が濃い一日だけあって、競技時間は押しに押して、23時までかかりましたが、
女子高跳の表彰式、男子十種のフィナーレと続き、ベルリンの熱気は最高潮。
観衆は一人も動かず、最後まで選手に声援を送っていました。

男子十種では日本から参加の池田選手が半分の種目で自己ベストを出すという大健闘!
最後のビクトリー・ランの姿には全観衆がスタンディングオーベーションでした。


Ariane Friedrich


アリアネ・フリードリヒ(Ariane FRIEDRICH、TEMPEL)

1984年1月10日(25歳) 身長/体重:178cm / 59kg

2003年欧州ジュニア選手権で、金メダルを獲得したのはじめ
2005年夏季ユニバーシアード、 2007年夏季ユニバーシアードで銀
2008北京五輪7位(1m96)、Wアスレチックファイナル4位(1m97)
2009ヨーロッパ室内選手権金(2m01)、GLベルリン金(2m06)

詳しい戦績は、「公式」及び「IAAFプロフィール」に載っています。

アニメ、特に「アルプスの少女ハイジ」「セーラームーン」が好きで、日本のカメラだとわかると、カメラに向かって「セーラームーン!」と叫ぶ姿は何度も放映されておなじみですね。








[ 2009/08/21 05:32 ] いろいろ 趣味 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/767-c79c045a




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。