スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

サイクル・トレイン

このシーズンの陸上競技、大きな大会はMorning session(9:00~)とAfternoon session(18:00~)に分かれて行われることが多くなっています。(日中は暑さによる選手への負担が大きいため)

今日は、男子十種の2日目、男子200m・110mH決勝、女子400mH決勝・走り高跳びと人気種目が続きスタジアムは大いに盛り上がることと思います。
地元のアリアネ・フリードリヒ選手の人気は、ボルトと同じくらいかそれ以上ですから、ブランカ・ブラシッチ選手を破って優勝なんてことになったら朝までお祭り騒ぎになりそうです。

   アリアネ・フリードリヒ


Morning sessionに見たい競技がないときは、日中、仕事や観光をしてからスタジアムでの観戦になります。
ヨーロッパでは自転車による移動を選ぶ人が多く、多くの自動車メーカーがあり、アウトバーンなどの高速網が整備してあるドイツでもそれは変わりません。
街中だけではなく、自動車道路のほかに、自転車専用道路が用意されているので何百キロの行程を約三メートル幅の道を使ってLSDを決めることもできます。

berlin041.jpgberlin040.jpg

 

小さな街では中心地の広場の周りにホテルが並んでいるということが多いのですが、同じように自転車屋が街ごとにあります。この自転車屋さんたちはまさにマイスターという雰囲気で、簡単そうに見えても難しい自転車の整備を、日に100台くらいのペースでこなすところもあるようです。

berlin029.jpgberlin031.jpg

 

こういったライフスタイルに欠かせないのが、サイクル・トレインでヨーロッパの電車にはたいてい自転車をのせるスペースが一番前と一番後ろに車両についています。
朝夕のラッシュ時には、座席が出てくるのですが、それ以外の時間は自転車置き場になっています。

berlin001.jpgberlin099.jpg

 


[ 2009/08/20 06:03 ] いろいろ 趣味 | TB(0) | CM(2)
はじめまして、LSD大好きなライラです。
私は2年前の夏、持病を抱えながらも、古城巡り2週間の一人旅に行ってきました。
この時期暑くてどうなることかと思っていましたが、行く先々の自転車屋さんに親切にしていただいて無事に乗り切れました。o(^-^)o
私も佐伯選手と同じくらいの体格なので、小学生と間違われてばかりだったのがよかったのかな。(笑)
次は6月か9月くらいに行ってみたいと思ってます。
[ 2009/08/20 11:08 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ドイツ人は大ききですからね、170cmくらいの日本人が行くと、服も靴もKIDS物でないと合わないです。
夏のドイツは何もない(ライン川や古城は逃げたりしませんけど^^)のですが、LSDにはちょうど良い気候かも知れませんね。
一昔前は「農協ツアー」と言って日本人観光客はせわしなく移動してばかりで嫌われたものですが、今はツアーで行っても一箇所に3~5日は滞在することがほとんどですね。
ドイツと言えば10~12月がシーズンですが、LSDなら6,9月も魅力的ですね。ぜひ夢を実現してください。
[ 2009/09/01 18:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/765-91282a2d




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。