スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

充実性偽乳頭腫瘍

充実性偽乳頭腫瘍Solid-pseudopapillary tumor (SPT)

充実性膵腫瘍が二次性嚢胞化したものといわれ、この腫瘍は一般的にはゆっくり大きくなる予後の良い腫瘍です。
膵腺房細胞由来と考えられている
20~30代の若年女性(とくに東洋人・黒人)に多いとされるが、10%程度は男性にも発生し、高齢者の報告もあります。
予後の良い腫瘍ですが、徐々にではあるものの大きくなることと、肝臓やリンパ節に転移することもあることから、診断がつけば腫瘍を摘出することが原則です。
つまり切除できれば治る可能性が極めて高いのです。
ただし、少ないながら肝転移再発、リンパ節再発、局所再発などがあることも報告されています。


胆と膵22号での本邦でのSPT報告例(1979-1999)

302例 平均年齢 29.9±17.2歳 

男性40例(13.2%)  平均年齢 34.8±18.2歳
女性262例(86.8%) 平均年齢 29.1±16.9歳

悪性例54例(18.0%)

膵被膜・実質への浸潤39例(13.0%)

他臓器への転移・浸潤15例(5.0%)

肝7例、リンパ節5例、その他5例
平均年齢23.7歳 男性1例、女性14例

再発例16例(5.3%)うち死亡4例(1.3%)

肝10例、膵原発部3例、リンパ節1例、腹腔内等4例
平均年齢39.7歳 男性2例、女性14例

国立がんセンター東病院

切除したSPTの14例中13例は女性でした。平均年齢は39歳で、腫瘍の大きさは平均4.4cmでした。14例中、10例に腫瘍周囲に被膜が認められ、8例で腫瘍内にのう胞成分を認め、6例で腫瘍内に石灰化を認めました。PET検査を施行した6例中5例では腫瘍に強いFDGの集積を認めました。
国立がんセンター東病院で切除した人では再発はなく全員無再発生存中です。

広島大学

膵SPT症例8例に対するものでは、術前の画像所見で局所浸潤、リンパ節転移、遠隔転移などの悪性所見は認めず。術式は膵頭十二指腸切除術を4例、膵体尾部切除術を3例、膵中央区域切除術を 1例に施行し、全例でリンパ節郭清を行った。病理組織検査では8例中4例に悪性を認め、リンパ節転移を1例に認めた。
術後平均観察期間は70.9ヶ月で,全例無再発生存中である。
膵SPTは術前画像検査で非転移例の良悪性診断は困難であり、治療方針はリンパ節郭清を伴う膵切除が妥当である.……膵臓 Vol. 22 (2007)

札幌医科大学第1外科

126例の手術症例の検討では術中リンパ節転移は1例にのみ認め、術後転移・再発は3例、再発形式としては肝転移であり、 リンパ節転移を認めなかった。
死亡例は2例で、全例が肝転移を伴う60歳以上の症例であった.。以上より術後経過観察においては肝転移の有無に重点をおくべきと考えられた。……日本消化器外科学会雑誌 26(12)

[ 2009/07/06 02:20 ] 膵臓 いろいろ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/733-8fdd7691




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。