スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小人の靴

グリム童話「小人と靴」……ほとんどの人が小学校で読んだお話です。

正直者がゆえに貧乏な暮らしをしている靴屋の老夫妻が、ある日机の上に靴の材料を出したまま寝てしまったら、翌朝、素敵な靴が出来上がっていました。
その靴を売ったお金で新しい靴の材料を買って机の上においておいたら、翌日また靴ができていました。
それを繰り返すうちに、靴屋は金持ちになりました。
不思議になった靴屋は夜そっとのぞいてみると、裸の小人が現れて靴を作ってくれていたのでした。
そのお礼に靴屋は小人のために服と靴を置いておくと、小人は大変喜んでくれましたが、そのまま消えて、二度と夫婦の前に現れることはありませんでした。

人によっては、老夫婦が若夫婦であったり、小人さんの数がいろいろだったり、最後の夜が感謝祭であったりクリスマスであったりと覚えていますが、あらすじとしてはほとんど同じですね。

小人といえば日本では「一寸法師」のような手のひらに乗るくらいの大きさを想像されることがありますが、西洋の小人はたいてい、伝説・物語などに出てくる体の小さい想像上の人間で、白雪姫に登場するような感じです。
「ロードオブザリング(指輪物語)」に登場するドワーフがイメージしやすいでしょうか。


このお話は、「なぜ、小人が現れたのでしょう?」「どうして小人は服と靴をもらったあと姿を消してしまったのでしょう?」ということを考えるお話なのですが...

The Elves And the Shoemaker (Classic Fairy Tale Collection)The Elves And the Shoemaker
(Classic Fairy Tale Collection)

(2007/03)
John (RTL) Cech

商品詳細を見る


小人が姿を消した理由はともかく(お話としてはこちらが主題ですが...)

「なぜ、小人が現れたのでしょう?」には

「寝る前にマイスリーを飲んだから」でしょうか……(笑)

「マイスリー」は超短時間型の睡眠導入薬で、効き目が早く、
睡眠作用に比べ、抗けいれん作用、筋弛緩作用などは弱い。
持ち越し効果が弱く、翌朝の眠気や不快感が少ない。
薬に対する慣れ(耐薬性)や中止時の不眠(反跳性不眠)も少ない。
といった新しいタイプの睡眠導入剤です。

ほかの薬と違って「マイスリー」や「アモパン」などは”眠くなる薬”ではなく”眠れる薬”ですから、眠る用意が万端に出来て、すぐに布団に入れる状態で服用するのが正しい用法です。

服用してから静かに目を瞑っていれば15分~30分くらいで、プツッとスイッチが切れるように眠れるように出来ています。

超短時間型ですから服用してから30分もグダグダしていると効果はなくなってしまいます。
私の場合は始めに1錠飲んで(+「レンドルミン」×2、「サイレース」×1)、安静にして30分ほどしても眠れなかったらもう1錠足しています。

この「マイスリー」、体内から2時間ほどで消えてしまうので翌日に持ち越すこともなく、いわゆる切れのよい薬として評判も良いのですが...

小人さんが出る
ときがあります=一過性前向性健忘(服薬後寝るまでの出来事を覚えていない、夜中に起きたときの出来事を覚えていない。)

この小人さん、洗濯や洗い物をしてくたり、お掃除お片づけをしてくれる役立つ小人さんであればいいのですが、
いろんなところに電話をしたり、メール魔であったり、ネットショッピングでいらないものをポチっとしてくれたりする小人さんもいます。

豪快な小人さんは勝手に車の運転をしたり、プロポーズをしたりすることもあるようです。

私の処方してもらってるマイスリーには小人さんがついてこないのですが、長時間飛行機に乗ったり長距離バスに乗るときに服用するのは、突然小人さんが出てこないかドキドキします。(笑)

[ 2009/06/14 19:15 ] 膵炎 薬 | TB(0) | CM(2)
小人は出なかったけど、別人格が現れましたw
痛みで眠れないから無理やり寝るために飲んだら、なぜか興奮状態になり深夜のナースセンターに突撃
電子カルテに異常行動、と記入されちゃいました(〃∇〃)
それ以来マイスリーは怖くて飲んでません。
痛くて眠れない時にはレンドルミンをこっそり2錠飲みしたことがあります。
翌朝目覚めるかどうか不安でしたが、大丈夫でした。
3錠飲んでる人を知ってるから出来た行動です。(笑)
[ 2009/06/14 22:43 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
小人の方が片付けが上手なので、いつも小人さんが出てくるのを期待している人もいるようですよ。
レンドルミンは3錠までが通常使用の極量だったと思います。
レンドルミンやサイレースでは小人さんはなかなか出てきてくれないようですが、マイスリーは出現率が高いようです。
私のところにも現れてくれればビデオまわしながら眠るんですけどね。(笑)
看護師さんにとっては、ドルミカムやディプリパン使用時の妄言も聴き応えがあるようですよ。
[ 2009/06/15 16:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/722-56498897




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。