スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)

膵管内乳頭粘液性腫瘍(Intraductal papillary mucinous of the pancreas:IPMN)については、IPMN/MCN国際診療ガイドライン 日本語版・解説を基本に記事を書いています。

WHOでは粘液を産生する嚢胞性膵腫瘍を2000年にそれぞれ膵管内粘液性腫瘍(IPMN)と粘液性嚢胞腫瘍(MCN)に分類し、2006年に現在のガイドラインが作成されました。
その後、IPMNとMCNは多数の症例が発見され、稀な疾患ではなくなってきました。
この間の研究を反映して、2011年にガイドラインの改訂が予定されていますが、その間に進んだ研究や治療の方針について、あまり情報が豊富ではないようなので、数回に分けて記事をエントリーします。

IPMN/MCN国際診療ガイドライン 日本語版・解説を基本に、2011年版では以下の事柄を中心に見直されるようです。

診療ガイドラインは基本的に、疾患の診断や治療法について、これまでに発表された論文をもとに「evidence based (エビデンスに基づいて)推奨する」方法をとっています。
診療項目やクリニカルクエスチョン(Clinical Question)に対し文献を多数集めて検索し、それらに対する回答にいろいろなレベルの推奨度をつけ、何がエビデンスの高い項目で、何がエビデンスの低いものかを判定しています。
IPMN/MCN国際ガイドラインの初版では、十分なエビデンスのある論文がそろっていないという観点から、専門家を集め現状での知見を取りまとめてそれをガイドラインとするという方法で作成されました。
その後、エビデンスがそろってきましたので、2011年に改定となるようです。


1.定義と分類に関する設問


1a. 分岐型IPMNは、主膵管型より悪性度が低いとされるが、術前に確実な鑑別は可能か?
1b. 混合型という分類はいぜん必要なのか?分岐型の進行型とみなすのか?
1c. MCNの組織学的診断に、卵巣様間質の存在は不可欠か?
1d. 粘液産生膵腫瘍はすべて切除する必要があるとすれば、MCNとIPMNの鑑別の必要性は?

2.術前診断に関する設問


2a. 術前に分岐型IPMNとMCNを確実に鑑別することは可能か?
2b. IPMN,MCN由来の微小浸潤癌の術前診断は可能か?

3.切除の適応に関する設問

3a. 主膵管型IPMNは全例を切除の適応とするべきか?
  切除すべき症例と経過観察しても良い症例の鑑別は?
3b. 分岐型PMNは全例を切除の適応とするべきか?
  切除すべき症例と経過観察しても良い症例の鑑別は?
3c. MCN全例を切除の適応とするべきか?
  切除すべき症例と経過観察しても良い症例の鑑別は?

4.切除術式に関する設問

4a. 浸潤癌に対しては、リンパ節郭清を伴う膵切除が必要であるが、
  MCNあるいはIPMN由来の非浸潤癌にはどのような術式が適当か?
4b. IPMNやMCNの外科治療において縮小手術の意義はあるのか?
4c. 多発性の分岐型IPMNの治療方針は?

5.組織学的設問

5a. IPMNとMCNの切除術における術中迅速組織判断の意義は?

6.追加経過観察法に関する設問


6a. IPMNおよびMCNの非切除例はどう経過観察すべきか?間隔、診断法は?
6b. IPMNおよびMCNの切除後はどう経過観察すべきか?間隔、診断法は?
6c. IPMNの経過観察中に、悪性腫瘍の発生に注意する必要はあるか?

「IPMNの分枝型は拡張した膵管分枝が集合したもので全体の外郭は球形ではなく凹凸のあるもの(ぶどうの房)、MCNは肉眼的に球形で嚢胞全体を被包する固有の線維性被膜を有するもの(夏みかん)」という特徴がありますが、MCNとIPMNは膵管が嚢胞状に拡張するという点、および粘液を産生するという点で共通しています。
この二つの分類に関しての定義。また、IPMN/MCN国際診療ガイドライン 日本語版・解説では、3cm以上の分枝型IPMNは切除の適応とされていますが、全例がそれで良いのか?
悪性の指標、あるいは切除の適応となる隆起性病変の大きさは何mmか?
診断方法は超音波内視鏡(EUS)かCTかMRIか、あるいは複数か?
経過観察におけるEUSの活用は適切で普遍的なのか?
など、まだまだ日々進歩している医療の中でIPMN/MCNに関しても、いろいろな症例研究が進んでいるようです。

これらのことを中心に数回に分けて書いて見ます。

IPMN/MCN国際診療ガイドライン 日本語版・解説IPMN/MCN国際診療ガイドライン 日本語版・解説
(2006/07)
国際膵臓学会ワーキンググループ

商品詳細を見る

[ 2009/05/01 14:56 ] 膵臓 すい臓癌 | TB(0) | CM(2)
お久しぶりです
amylaseさん、お久しぶり。
お変わりありませんか?どうしているかしら?
マリオのハハ、このIPMNでした。
記事リンクさせて下さいね~♪
[ 2009/06/27 16:33 ] [ 編集 ]
Re: お久しぶりです
あまりお変わりありません。(笑)
また、そちらにも伺わせてもらいますね。
[ 2009/06/30 10:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/698-dc96f24b




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。