スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膵性糖尿病

慢性膵炎が進行すると、症状として膵内分泌機能障害と膵外分泌障害が出てきます。
いわゆる、慢性膵炎の非代償期です。
膵臓は半分切除したからといって、能力が半分になるとは限りません。
1/5しか残っていなくても、ほぼ普通の人と同じ内外分泌能力を保持している場合もあります。

石灰化や膵石が出現し始めても、内外分泌能力に障害が出ていなければ非代償期ではありません。
非代償期になると膵内分泌機能障害により、膵性糖尿病を合併症として発症します。

膵性糖尿病は1型糖尿病と同じくインスリン枯渇型なのですが、同時にグルカゴン分泌障害が起こるのが大きな特徴です。
低グルコガン血症によって肝臓での糖の新生と脂肪酸の酸化が障害されます。
このため、低血糖発作が重症化、遷延(長引くこと)しやすいのが特徴です。

この膵性糖尿病を発症してから慢性膵炎、膵臓癌が見つかる場合も少なくありません。

糖尿病の診断には通常、日本糖尿病学会1999年の診断基準を用いています。

     空腹時血糖(mg/dl)  2時間後血糖(mg/dl)

正常型   110未満      140未満

境界型   126未満      200未満

糖尿病型  126以上      200以上

通常は判定を2回繰り返し、2回とも糖尿病型であれば糖尿病です。
HbA1cが6.5%以上である場合は1回だけの判定で糖尿病と診断されます。
糖尿病と診断したら、次に必要なのはどういった糖尿病であるのかを把握し、
それにも基づいた治療を行っていきます。

さらに、膵性糖尿病の場合は以下のような特徴があります。

膵性糖尿病の特徴 (膵外分泌障害の治療:今村憲一より)

1.アルコール多飲歴

2.急性膵炎様の発作

3.痩せ型糖尿病

4.経口血糖降下薬が効きづらい

5.インスリン治療による夜間低血糖発作既往

6.インスリン治療中の血糖変化が激しい

7.P型アミラーゼ、リーパーゼが低い

8.尿中Cペプチド低値、グルカゴン低値

9.糞便量、排便回数の増加、脂肪便

10.低アルブミン血症、低コレステロール血症


これらの臨床症状がある場合は、通常の糖尿病ではなく、膵性糖尿病を疑い画像検査(EUS,CT)が必須です。

慢性膵炎が始めからわかっている場合(3群)は必要ありませんが、糖尿病先行型(1郡)や糖尿病と慢性膵炎の同時発症(2群)の場合は、1型糖尿病か膵性糖尿病かどうかの選別が必要になります。

慢性膵炎をすでに発症している場合、定期的な血糖値、HbA1cのチェック、経口ブドウ糖負荷試験、血中インスリン濃度、尿中Cペプチド排泄量、グルカゴン負荷試験などでの観察が必要とされています。

治療方法については改めますが、非代償期の健康管理 と重複する部分が多いので参考にしてください。

膵性糖尿病患者の予後については、残念な数字しか並びませんが、消化酵素補充療法とインスリン治療によって、低血糖ショック死、肺炎、吐血、脳血管障害による死亡例は減少し、糖尿病合併症をどれだけ防げるかというレベルにまで予後改善されています。
HbA1cが7%の患者が10年間の期間で約15%程度に合併症の発症もしくは進展があり、HbA1cが10%の患者が10年間経過すると約60%程度に合併症の発症、進行が見られます。
それ以上の場合は残念ながら、有意なデータを収集できるほどの患者数が残っていません。


[ 2009/04/24 11:06 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(0) | CM(4)
久しぶりー
挨拶に来ましたぁ。
記事は、相変わらず、専門用語も難しい話も多く、私の知能では読み進められませんでしたぁ…。。ごめんなさい。じゃ、またね。
[ 2009/04/26 15:39 ] [ 編集 ]
それです(^-^)☆
amylaseさま☆

ねこみみ 現在「その路線」に
乗っかっておりますので~(^-^)
だいたい、このデータ通りの推移の上にあります☆
おおまかに計っていた時は「境界型」なのですが、
A1cは7、コレは立派な「お墨付き」でして~(^-^)
内分泌の先生とも相談し、
のみ薬よりも膵臓の負担が少ない、その他の理由でインシュリンを導入しました☆
糖尿病を頭に置いてからは、食餌療法も枠組みがハッキリしてきた感じで、当面はA1cを6、出来れば5点台に戻すのが目標です(^-^)
気づかないうちにA1cが13、なんて数値になり
網膜症を発症してから気づき 手遅れの糖尿病になってしまったケースなどもあり、糖尿病は単体としても恐るべき病ですが、それプラス 膵炎という いいオマケつきですから
予後についても そうそう、いい言葉は聞かれません☆

ともあれ、毎日(本当は1日おきでよい、と言われていますが☆)血糖値をこまかく測定して行くのはけっこう面白く、
何を食べたときに上がるか 安定しているかの目測が
少しづつですが ついて来ました☆
なので ランタス2単位ていどで済んでいる現在、
朝昼晩の平均で130である血糖値を
110程度に下げ、なるべく 寝た子を起こさないように暮しております~(^-^)

ねこみみ☆





[ 2009/04/27 02:00 ] [ 編集 ]
プカプカプーさん、ご無沙汰です。
糖尿病は教育入院があるくらいですから、なかなかすぐに理解できないですね。
インフルンエンザA型がパンデミックになったら、細菌列島なみの連載でも書きます。^^

ねこみみ☆さん、糖尿病治療は早いほうが効果も高いようですね。
私の場合、食事をこれ以上制限するのは無理っぽいので運動療法(犬の散歩)を始めています。
また、どれくらい動いたら数値に影響がでるのか教えてください。
[ 2009/05/01 15:07 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/11/15 06:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/696-0133bf39




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。