スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アドレナリン2/ハイボルテージ

アドレナリン2/ハイボルテージ』(Crank 2: High Voltage)

監督・脚本:ブライアン・テイラー、マーク・ネベルダイン
出演:ジェイソン・ステイサム、エイミー・スマート

前回は、殺し屋シェヴ・チェリオス( ジェイソン・ステイサム)が依頼を済ませ、目覚めると何故かひどく気分が悪く、朦朧としながらライバルの殺し屋リッキー・ヴェローナからのDVDを再生してみると、シェヴが北京カクテルという謎の毒を注射されたことが分かった。
彼の命は残すところ1時間。闇医者の情報で、毒の阻害のためには、自力でアドレナリンを分泌し続けなければならないとわかるが、それには走り続け、危険や性欲に興奮し続けるしかない。
残された短い時間の中、シェブは闇医者と連絡を取り、解毒剤を探しつつ、自分に毒を盛った人達に復讐し、恋人のイヴ(エイミー・スマート)に別れを告げ、自分を捨てた雇い主と対決することになる。
というジェット・コースター映画でそれなりに面白かったのですが、今回はその続編。

前回のラストでシェヴはヘリコプターから落下した後、ロサンゼルスの街のど真ん中を走る車に激突し、地面に叩き付けられ、生死は謎のまま終わっていましたが……やはり、生きていました。

Trailerにもありますが、オープニングで黒いトラックで中国系ギャングが現れ、瀕死のチェリオスを車の中へ放り込み連れ去ります。そして...

3ヶ月後、シェヴが(ジェイソン・ステイサム)ある中国人ギャングが管理する施設で目を覚ますと、なんと彼の心臓が取り出され、その代わりにある機械が埋め込まれていた。
彼が再び目を覚ました時は、他の臓器も取り出されようとしていたが、殺し屋の本能が覚醒し、うまくそこを逃げ出す。
しかし……彼が持つ心臓の代わりになる機械は電気で動く仕組みになっており、充電が必要だったのだ。
その機械も前回の中国産毒薬と同じように、バチモン中国産!(笑)
シェヴ自身の心臓と電気を求め世界で最も運の悪い殺し屋が再び暴れまくります。

完全な続編だけあって、前回ラストに落下しながらイヴ(エイミー・スマート)に伝言を残したエピソードも出てきますが、しかし、それをイヴは聞いてなかった。(笑)
今回イヴは彼女は乳首にテープを貼り付けただけという超大胆な姿のストリッパーとして登場です。
前回の中華街での公衆の面前でのセックスシーンに続き、今回は、より過激に競馬場で動物になってしまいます。(笑)

前作で死んだカイロ(エフレン・ラミレッツ)の双子の兄弟が出てきたり、先日空港で万引きして実年齢がバレた世界一のバカセレブ、今最もむかつく女(あえて名前は伏せます。^^)も出てきたり、見所満載のジェット・コースター・ムービーです。

ぜひ前作『アドレナリン』を観てから、鑑賞してください。






[ 2009/04/23 19:40 ] いろいろ 趣味 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/694-ffc76324




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。