スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

FOY・フサン・ミラクリッドの違い

FOY・フサン・ミラクリッドの投与量に続いて、FOY・フサン・ミラクリッドの違いについて、私は全種類投与されていますのでふれてみます。

3種類ともDICやショック症状、切迫早産など他の疾患にも使われていますが、ここでは膵炎での違いについてのみにします。

蛋白分解酵素阻害薬(protease inhibitor)or(gabexate mesilate)

 膵炎とは膵酵素、特に蛋白分解酵素(プロテアーゼ:トリプシンやエラスターゼ)が活性化

                       ↓

 膵腺房細胞の破壊、ホスホリパーゼA2(PLA2)の活性化 → 膵臓の自己消化

                       ↓

 大量のサイトカインの誘導、好中球、マクロファジーなどの活性化 → 重症化

という仕組みだと推定されているのですが、この膵酵素(蛋白分解酵素)の活性化を阻害する薬です。

一番大きな違いはどの蛋白分解酵素を阻害するかではないでしょうか。

各薬剤の添付文書と「急性膵炎における初期診療のコンセンサス」から、通常の投与量を一緒にまとめてみると、以下のようになります。

薬 剤 蛋白分解酵素常用量重症時
FOYメシル酸ガベキサートトリプシン
プラスミン
トロンビン
エステラーゼ
200~600mg/日20~39mg/kg/日
フサンメシル酸ナファモスタットトロンピン
カリクレイン
プラスミン
トリプシン
PLA2
10~60mg/日1.44~4.8mg/kg/日
ミラクリッドウリナスタチントリプシン
キモトリプシン
エステラーゼ
5万~15万単位/日10~30万単位/日




血中での投与からの半減期はFOYとフサンは数分以内と言われています。
3剤の中で一番長いミラクリッドでも1~2時間以内で、効果を得られるには持続点滴が必要となります。

重症例では動注療法のように直接膵臓に近い位置でつかわれるように、3剤とも膵臓へ届きにくく、半減期も短いので大量に使わないと少量では効果が出にくいとされています。
私の通ってる病院では軽症でも当初から通常量の(保険が適用される)最大量を、中等以上では極量を使うように決まっているようです。

海外で使われていないのは、上記のような理由からRCT(無作為化比較臨床試験)が行われず、エビデンスとして取り上げられないからではないかと思います。

しかし、最近行われたRCTでは、一番膵臓に届きやすい(膵への移行率が高い)とされるFOYが2,400mg/日の持続点滴で死亡率及び合併症発生率が有意に低下したと報告されています。

FOY・フサン・ミラクリッドの投与量でも書きましたが、中等以上になるとミラクリッドはFOYかフサンと併用されます。
中等症以上では配合変化が起こるのでFOYとフサンを同時に使えないということから、FOY+ミラクリッド、あるいは、フサン+ミラクリッドという組み合わせになります。
FOYとフサンは大量投与を行うと、血清カリウムが上昇することがあるため、補助的にミラクリッドが使われるという感じのようです。

軽症でミラクリッドのみが使われますが、これはFOYとフサンには、静脈炎や点滴漏れによる炎症、皮膚潰瘍・壊死という副作用が発生することがあるため、とりあえずミラクリッドで様子をみてみようかという感じのようです。
他には、FOYはアミノ酸製剤とアルカリ製剤で、フサンはアルカリ製剤で配合変化を起こすので、ミラクリッドが一番取り扱いやすいという点もあるかもしれません。

[ 2009/04/16 00:00 ] 膵炎 薬 | TB(0) | CM(4)
ミラクリッド未経験です
ミラクルやってみたいよ(笑)
FOYはそあくひんジェネリックしか使ったことがないので、フサンとは比べ物になりませんでした
フサンだと静脈炎はたかがしれてるなぁ。
十二指腸乳頭に問題がある場合はフサンよりFOYのが効くらしいのだけど、それは書いてあるのかしらん
[ 2009/04/16 00:42 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ミラクリッドは割合メジャーなお薬ですから所望すればもらえると思いますよ。
ミラクルが起こるかどうかは普段の行い(ry

> 十二指腸乳頭に問題がある場合はフサンよりFOYのが効くらしいのだけど、それは書いてあるのかしらん

添付文書などにはありませんが(たぶんファクター異常の被験者が少なくて試験が出来ない?)アルコール性にはビソルボンが良く効くらしいというくらいの臨床体験があるくらいではないでしょうか?
[ 2009/04/16 08:54 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2013/07/12 22:32 ] [ 編集 ]
ミラクリッド
急性膵炎で入院した時ミラクリッド使いました。
2時間半で500ml点滴1本のペースで24時間(深夜も看護師さんが交換しに来てくれます)打ちっぱなし。
当然トイレが近くなりますが、毎回カップにとって機械に入れて量と比重計るのがちょっと嫌でしたw
[ 2013/10/28 11:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/671-4695ea63




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。