スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膵検診

慢性膵炎と膵臓癌でも書きましたが、関西地方では、膵検診実施の講習を受ける検査技師も多く膵臓を検査する施設も増えてきていますが、他の地域ではまだまだ一般的でないようです。

膵検診といえば、大阪府立成人病センター検診部が有名です。

大阪府立成人病センター 治療実績(膵がん)

大阪府立成人病センター 検診部

がん治療の総本山的なところは治せそうな段階でないと診ない切らない、再発したら転院など治療実績を上げるために「がん難民」などという言葉を生み出しているという話もありますが、大阪府立成人病センターでは

■早期癌の場合
切除(+リンパ節郭清)
■局所進行癌の場合
切除+後腹膜拡大リンパ節郭清+2-channel化学療法
(+手術前後の化学放射線療法)
■転移した癌の場合
全身化学療法・放射線療法・動注化学療法などの組み合わせ

また、術式も術中に膵臓の3部位から別々に膵液を採取し、その術中細胞診により必要な部位のみを切除する、という膵3分割細胞診法を開発して、膵切除=糖尿病というQOLの低下を出来るだけ防ぐ方向で行われています。

膵検診では、被験者が超音波検査の際にデンタルチェアのような椅子に深く腰掛けることによって肝臓が下がり、また腹部の筋肉が弛緩され、膵臓の観察もしやすくり、検査技師は、超音波検査の走査方向とチェックポイントなどを詳しく説明した膵抽出マニュアルに沿って検査を行います。

・膵精密超音波検査
・座位で飲用物を摂取。胃の背側の膵尾部まで観察
・膵胆管のみ20分以上かけて検査
・血液化学検査はCA19-9、CEA、T-Bilirubin、Glucose、Amylase、ALP、Elastase1などを含む

この後、3mm未満の主膵管軽度拡張、単発膵嚢胞など、ひとつの軽度異常が認められた患者をBグループ、3mm以上の主膵管拡張、膵病変、あるいはBグループの軽度異常が2つ以上認められた患者をAグループとし、リスクに応じて検診後の経過観察の内容を決められます。

 Aグループ

・主膵管軽度拡張(3mm以上)
・膵限局性病変(ただし、1cm未満の/高エコー像/石灰化像/単発単胞性嚢胞像を除く)
・Bグループの所見2項目以上
~指示~
・4カ月毎の膵経過観察

 Bグループ

・主膵管軽度拡張(2mm以上3mm未満)
・膵限局性病変(1cm未満の/高エコー像/石灰化像/単発単胞性嚢胞像)
・膵実質エコー粗
・限局性膵腫大(3cm以上)
・総胆管拡張(11mm以上)(胆摘例は除く)
・ただし、2項目以上の異常、あるいは腫瘍マーカーなどが異常高値の場合は(Aグループ)とする
~指示~
・6カ月毎の膵経過観察

ここで何らかの異常がみつかれば、膵液細胞診を含めた内視鏡的逆行性胆管膵管造影(ERCP)や超音波内視鏡で観察しながらの穿刺生検を用いて確定診断を行うことになります。

超音波による肝・胆・膵腫瘍診断のポイント




[ 2009/04/14 19:56 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(0) | CM(2)
膵検診
amylase 様

こんにちは!

色々とご親切にありがとうございます。

私は愛媛ですが、次回の検診で少しでも疑問に思う事があれば是非とも“大阪府立成人病センター検診部”に足を運んでみようと思います。患者がお医者様を選ぶ時代ですから、、自分の納得の行くまで調べる覚悟です。

現在精査している病院で昨年6月にERCPをしましたが、何も分かりませんでした。主治医曰く「圧をかけすぎると膵炎を起こす恐れがあるので、あと一歩の所で辞めました」との事・・・。辛く苦しい思いをしただけで終わってしまった感じです。

田舎ですから、膵臓の専門外来も少なく 良い病院があればどこまでも飛んで行くつもりでしたので、貴重な情報を本当にありがとうございました。


癌化する可能性が高いと言うだけで、爆弾をかかえているかのごとく生きて行く事はできないし、誰しも明日の命の保障なんてないのだから、今を大切に。。感謝の気持ちを忘れないで日々邁進していきたいと思います。

amylaseさんも どうか お体お大事になさって下さい。

また、膵臓に関しての朗報がありましたら、教えて下さい。

[ 2009/04/16 16:36 ] [ 編集 ]
スジニさま。

こちらが誰にとってもベストであるかどうかはわかりませんが、早期発見、手術適応の見極めなどには医師仲間の中でも評価の最も高い施設の一つでしたのでご紹介させていただきました。

参考にしていただけたのなら幸いです。

こういうシステムが関西だけでなく、全国に広がって欲しいものですが、行政には全くその気はないようです。
意欲ある医療関係者にとっても、平成19年度厚労省がん対策推進予算227億のうち、膵がん研究予算は2600万円で全体の0.01%という現状ではなかなか難しいようです。
[ 2009/04/16 20:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/667-00f758bf




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。