スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膵臓食

膵炎で入院すると、あるいは、膵炎患者が他の病気や怪我で入院すると「膵臓食」というものが出てきます。

一般に、入院中の食事というのは厚生労働省の「入院時食事療養費制度」通達で、1食あたり640円と決められています。(患者負担は通常260円です。)

*世帯収入や入院日数によって、90日まで1食 210円、90日を越えると1食 160円、1食 100円などと減額されていきます。

これに特別食として、腎臓食、肝臓食、糖尿食、胃潰瘍食、貧血食、膵臓食、高脂血症食、痛風食、フェニールケトン尿症食、楓糖尿症食、ホモシスチン尿症食、ガラクトース血症食及び治療乳の場合は、1食あたり76円加算され、1日あたり12点(120円)の新栄養管理実施加算が加わります。

また、特別食のばあいは医療機関が決めた金額が上乗せされます。

膵臓食の場合は、1食あたり640円+78円+40円=758円の食事が出されている事になります。
あぁ、膵臓食はあんなに味気ないのに……

758円あれば結構なものが食べられますよね。
王将なら758円あれば食べ残してしまうほどの量がでてきます。

d0068879_23422344.jpg


といっても、膵炎で入院した場合は食事をとるのは退院直前の数日なのではありますが...


[ 2009/04/01 01:55 ] 膵炎 治療・療養 | TB(0) | CM(2)
重湯のみで758円とられていたのかと思うと切ない(涙)
[ 2009/04/01 20:05 ] [ 編集 ]
水定食は原価10円切っているかもしれませんね。(笑)
[ 2009/04/01 23:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/648-335782be




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。