スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ガン病棟のピーターラビット

グイン・サーガは123巻でまだ序章が終わったばかりらしいです。

栗本 薫さんは「伊集院大介シリーズ」「ぼくらのシリーズ」で「御大」として有名ですが、「中島 梓」名義でも評論・脚本・演出などを行っておられます。

2007年の冬に発症して、即手術、癌の中で最も生存率の低い膵臓癌と判明、手術後に肝臓に転移が見つかって、現在抗がん剤による治療を行っておられます。

この闘病の近況は「神楽坂倶楽部」で公開されているのですが、先日のメッセージでは

「先日のCTスキャンの結果は『ほぼ横這い』で、ほんの1㎝ほど大きくなってしまった。」

「母親がコトコト煮てくれた野菜スープと薄いトーストの耳なしのやつ、1枚食べられましたから、まあ、これまでとしては上等のほうでしょう。」

という状態にもかかわらず、その積極的な活動には驚かされます。

時間を区切られた人の死生観(死を通した生の見方)ゆえのものでしょうか?

全ての人が「生きた長さの問題ではない」って思えるようになるとは思えませんが、ひたすら自分の出来ることを全うしている栗本さんの生き方は非常に考えさせてくれますし、同じ状況の人達に力を与えているのではないでしょうか。

123巻でまだ序章が終わったばかりのグイン・サーガ シリーズですが、ぜひ完成させて欲しいものです。

ガン病棟のピーターラビットは中島 梓名義で出版されています。



ガン病棟のピーターラビット (ポプラ文庫)ガン病棟のピーターラビット (ポプラ文庫)
(2008/08)
中島 梓

商品詳細を見る


ヤーンの選択―グイン・サーガ〈125〉 (ハヤカワ文庫JA)ヤーンの選択―グイン・サーガ〈125〉 (ハヤカワ文庫JA)
(2009/02)
栗本 薫

商品詳細を見る


関連記事 : すい臓癌から二つ

[ 2009/02/28 20:09 ] 膵臓 すい臓癌 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/628-3c1544a3




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。