スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膵癌 手術数ランキング 1

がん治療が進歩した現在でも、一番手ごわいがんのひとつとされているのが、膵臓がんです。
年間2万人の方が膵臓癌になり、同じく2万人が亡くなられています。

切除手術が可能なのは、膵がんと診断された人の約10パーセント。
その人たちに手術を行っても、治癒するのは10~15パーセントに過ぎません。
膵がんの難しさは、切除できる段階で見つかりにくいのに加え、切除しても治りにくいことにあるのです。

すい臓癌の治療においては手術だけではなく、化学療法・放射線療法なども併行して検討されるべきで、一概に切ればいいというものではないということになります。

化学療法もいくつかのパターンがあり、放射線療法にもサイバーナイフが導入されるなど病院・患者によって治療方針がいろいろ違いますので、以前の放射線症例数やサイバーナイフ導入病院・2ch化学療法を行っている病院のリストなども参考にして下さい。

以下は昨年度の年間手術数20以上の病院を掲載してあります。

北海道
 北海道大学病院28
 札幌医科大学病院24
 手稲渓仁会病院20
 北海道消化器科病院20
東 北
 東北大学病院56
 弘前大学病院29
 山形大学病院28
 岩手県立中央病院25
 (国)仙台医療センター21
関 東
 国立がんセンター中央病院95
 東海大学病院70
 東京女子医科大学病院60
 帝京大学病院47
 癌研有明病院44
 千葉大学病院37
 東京大学病院36
 埼玉医科大学国際医療センター31
 神奈川県立がんセンター31
 国立がんセンター東病院28
 虎ノ門病院28
 都立駒込病院28
 日本大学板橋病院25
 埼玉県立がんセンター24
 千葉県がんセンター23
 東京医科大学病院21
 昭和大学病院20
北陸・信越
 信州大学病院28
 金沢大学病院28
 県立がんセンター新潟病院27
 新潟大学医歯学総合病院25




科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン (2006年版)科学的根拠に基づく膵癌診療ガイドライン (2006年版)
(2006/04)
日本膵臓学会膵癌診療ガイドライン作成小委員会

商品詳細を見る

[ 2009/02/24 20:53 ] 膵臓 すい臓癌 | TB(0) | CM(4)
うちの病院の手術件数見てきた
最近で一番多い年でも膵癌は19件でした
去年は一桁
なかなか見つかりにくいというのも、手術数が少ない理由の一つなのでしょうね
[ 2009/02/25 10:11 ] [ 編集 ]
患者数も少ないですし、化学療法や放射線療法に力を入れているところでは少ないでしょうね。
私のところでは、手術は京大病院か大阪府立成人病センターへ紹介しているの方が多いと思います。
化学療法や放射線療法の患者さんについてはあちらから紹介で来られる方もあります。
症例も少なく、おそらく一生に一度の高難度手術ですから、こういった疾患の場合は、もっと施設を集約して技術をのばす方向にしてもいいのではないでしょうか。と、思っています。
[ 2009/02/25 23:37 ] [ 編集 ]
今入院してる病院が、あってほっとしました~
確かに、院内でもその先生は有名デス…癌じゃなくても、ほっとしました~
[ 2009/02/26 05:55 ] [ 編集 ]
めっしーさんは既に膵臓外科手術の経験者ですものね。
膵臓は内視鏡術も外科手術も技術を要求されますから、やはり数をこなしている医師にやってもらった方が安心ですね。
[ 2009/02/26 21:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/622-28ad6840




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。