スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

奇跡の競演

クラプトンベックも来日最高のパフォーマンスだったのではないでしょうか?

おじいちゃん達がタルちゃん(タル・ウィルケンフェルド)にいいとこみせようと必死で頑張っているように見えました。
タルちゃんも袖でEC Bandの写真パチパチ撮ってるし。(笑)

ベックの場合は流して弾いてもすごいのですが、いつもよりカリウタ(ヴィニー・カリウタ)の暴れ具合とタルちゃんのキュートさに本気出して(笑)弾いてるように思えました。
というか、もう別次元ですね。まさに「孤高のギタリスト!」
カリウタも凄まじい!現在最高のドラムの一人と言っていいと思います。
でも、今回の「奇跡の競演」でおじ様方を本気にさせたのはタルちゃんだと断言してしまいます。(笑)

昨日のクラプトンはイマイチ乗れてないという噂で心配されてましたが、ベックに触発されて往年の「神様」が復活していました。十数回の来日を数えるクラプトンですが、今回が一番気持ちよく演っていたのではないかと思えるくらいの出来でした。
I Shot The Sheriffはまさに入魂!

贅沢を言うなら二人のスケジュールと来月来日のロッド(ロッド・スチュワート)のスケジュールを調整して、3人のステージを見たかったですね。



2/22 セット・リスト 詳細は後ほど

JB Band SetEC Band SetEC Band with JB
The Pump
You Never Know
Cause We've Ended As Lovers
Stratus
Angel
Led Boots
Goodbye Pork Pie Hat - Brush WIth The Blues
Tal's Solo with Jeff
A Day In The Life
Big Block
Where Were You
Peter Gunn Theme
Driftin' (EC's solo)
Layla(unplugged version)
Motherless Child
Running On Faith
Tell The Truth
Key To The Highway
I Shot The Sheriff
Wonderful Tonight
Cocaine
Crossroads
You Need Love
Listen Here~Compared To What
Here But I'm Gone
Outside Woman Blues
Little Brown Bird
Wee Wee Baby
Want To Take You Higher

[ 2009/02/22 23:13 ] いろいろ 趣味 | TB(0) | CM(2)
とても素敵なライブだったようですね~!

海外アーティストさん達は毎年ツアーなどで会えるとゆう訳では無いので本当に今回のセッションは貴重なライブだったんでしょうね。

最初で最後カモなんて言わずに また来てやっていただけるといいですねー!
[ 2009/02/23 10:17 ] [ 編集 ]
クラプトンは気合はいってました。
今回の今まではリハーサルのように感じるほど。(笑)
ベックはあの年にしてまだまだ進化しているし、凄いの一言です。
日本のギターリスタもけっこう来てましたよ。Sさんも(笑)
日本でこういった競演が見られるのも円高のおかげですかね。
日本側のプロモーターからすれば、去年の半額で呼べるわけですから、もっと凄い企画をどんどん打って欲しいですね。

クラプトンは毎年これが最後と言ってすでに12回?目ですから、年齢的なものを除けばまだ可能性はありますね。
ベックは若いです。40歳代に見えますよ。
JB bandもEC bandの面々もみんなタルちゃんにいいとこ見せようと必死でがんばった結果、最高のライヴになりました。

行って良かったです~。
[ 2009/02/23 13:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/615-b01d5a45




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。