スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チェンジリング

チェンジリング‐Changeling‐

製作・監督:クリント・イーストウッド 主演:アンジェリーナ・ジョリー

アカデミー賞、監督・作品にノミネートされるのではないかと思っていたのですが外れてしまいました。
良くも悪くもイーストウッドの映画です。『パーフェクト ワールド』よりも、『ミリオンダラー・ベイビー』に似た雰囲気の1928年に実際に起きた事件を元にした社会派サスペンスです。

1928年のロサンゼルス。シングルマザーであるクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)の息子ウォルターが姿を消す。
母ひとり子ひとりの家庭から9歳の息子が姿を消し、母親は眠れぬ日々を過ごす。
警察に捜査を依頼し、その5ヵ月後、警察からウォルターを保護したと朗報が入る。クリスティンは再会を果たしたが、名乗り出てきた子供はウォルターによく似た別人だった...

イーストウッド監督作品らしく、街並みや当時の雰囲気は良く作りこまれています。

前半は、母親のクリスティン(アンジェリーナ・ジョリー)とロサンゼルス市警との駆け引き・攻防です。
子供は偽物だと訴えるクリスティン、メンツを重んじるロサンゼルス市警の担当者ジョーンズ(ジェフリー・ドノヴァン)はとりあわず、それどころかマスコミに支援を訴えようとしたヒロインを精神病院に入れてしまいます。
CSで名探偵モンクの宇宙トリック、タッチング・イーブル~闇を追う捜査官~、BURN NOTICE ~消されたスパイを立て続けに観た後だったので、ジョーンズ警部を演じたジェフリー・ドノヴァンに目をとられていました。
ジェフリー・ドノヴァンの怒りを煽る演技と、クリスティンを支援する牧師(ジョン・マルコヴィッチ)が好対照で思わず引き込まれてしまいました。

実話では子供のウエイトが大きいと思える事件なのですが、イーストウッドはあえて母親の視点から描くことによって観客を引き込んで行きます。
このあたりは、ブッチに引き込まれてしまう『パーフェクト ワールド』と同じような感じです。
パーフェクト ワールド』はブッチを中心に物語を進めながらも揺れ動く子供心をうまく描いていましたが、こちらは、名乗り出た子供が偽物だと証明(息子が大量殺人鬼に監禁されていたことが判明)されてからのクリスティンの戦いが中心になっています。

クリスティンが犯人に息子のことを問いただすシーンは、アンジェリーナ・ジョリーの熱演に手に汗握るこの映画のクライマックスです。

この物語は最後に「希望」を示唆して終わるのですが、それが過酷な戦いのを続けてきた母親としてのサイコ的な願望・希望であるかもしれないという問いを観るものに投げかけています。
このあたりもイーストウッドらしいエンドで、アンジェリーナ・ジョリーもその微妙な感覚をうまく演じています。

バッド・エンドが苦手な人はここで3分間目を閉じることをお勧めします。



アンジェリーナ・ジョリーは、本作でアカデミー賞主演女優賞にノミネートされていますが、ブラピとW受賞となれば話題を呼ぶでしょうね。

[ 2009/02/14 22:50 ] いろいろ 趣味 | TB(0) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2009/02/20 13:32 ] [ 編集 ]
こんにちわ

元になった事件は「ゴードン・ノースコット事件」で検索してみてください。
[ 2009/02/20 13:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/602-e2092dc8




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。