スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ベンジャミン・バトン 数奇な人生

スラムドッグ$ミリオネアと今回のオスカーを争うであろうと思われるベンジャミン・バトン 数奇な人生です。

スラムドッグ$ミリオネア「ぼくと1ルピーの神様」が原作でしたが、こちらも1920年代に書いた短編が基になった『ベンジャミン・バトン 数奇な人生(F・スコット・フィッツジェラルド)』という本が原作になっています。

 私は数奇な人生のもとに生まれた??。


80歳で生まれ、年をとるごとに若返っていく男の物語。ほかの人々と同じように、彼にも時を止めることはできないのです。
 第一次世界大戦末期の1918年にニューオーリンズで始まり、21世紀へと続く彼の人生は、出会った人々や場所を心に刻み、愛と出会い、愛を失い、生の喜びと死の悲しみに震えながら、壮大な 数奇な人生の旅を続けるのです。
 生まれてすぐに捨てられたベンジャミン(ブラッド・ピット)に、無償の愛をくれた育ての母。外の世界へ飛び出し、誘われるまま乗った船で仕事をくれた船長は「自分の信じる道を進め」と教えてくれた。異国で出会った女性との初めての恋、初めてのくちづけ。第二次世界大戦で共に戦い、夢半ばで散った男たちと結んだ絆、名乗り出た実の父の死……ベンジャミンは自分に与えられたさまざまな機会をすべて受け入れ、そこで出会った人々と深くかかわっていくことに、生きる意味を見出していきます。

 そんな数え切れない出会いと別れの中で、ベンジャミンの人生を大きく変えたのは、生涯思い続けた女性、デイジー(ケイト・ブランシェット)。
別々の時の流れを生きなければならないふたりが、第二次大戦後、お互いの人生のちょうど真ん中で、やっとほぼ同じになったとき二人は互いを慈しむように愛し合います。
しかし、彼らはやがてまた、時に引き裂かれることに、そのとき、ふたりが選んだ人生とは?
この世に、時を超えて残る愛は、あるのでしょうか?

老人から0歳で死ぬまでのベンジャミンを演じたブラピ、美しかった「ジョー・ブラックをよろしく」の頃の彼にも会えます。(笑)
インディ・ジョーンズ」、「ロード・オブ・ザ・リング」と残念だったケイト・ブランシェットも自然な演技で光っていました。
主演の二人が自然だからこそ、この映画に説得力が生まれたんだろうと思います。
  
 監督は、『ファイト・クラブ』のデビッド・フィンチャーです。
 脚本は、『フォレスト・ガンプ』でアカデミー賞を受賞したエリック・ロス。

今回のアカデミー賞では作品・監督・主演男優など13部門にノミネートされています。
日本では2009年2月7日公開予定なので、公開中に受賞となるかもしれません。

I am Sam/アイ・アム・サム」や「チャンプ 」ほど鉄板には泣けませんが、「タイタニック」で泣けた人なら涙腺に注意です。

*子供の頃のデイジー役でダコタ・ファニングの妹、エル・ファニングが出演しています。

ベンジャミン・バトン 数奇な人生ベンジャミン・バトン 数奇な人生
(2009/01/22)
スコット・フィッツジェラルド

商品詳細を見る





[ 2009/01/30 08:37 ] いろいろ 趣味 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/582-f308aeec




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。