スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膵細胞の再生

インスリン分泌細胞増殖の仕組を発見

PDFによるリリース

肝臓からの神経ネットワークによりインスリン分泌細胞(以下β細胞)が増殖することを、東北学大学院医学系研究科創生応用医学研究センターの片桐秀樹教授、分子代謝病態学分野の岡芳知教授、今井淳太助教らのグループが発見した。

今回の発見のポイントは、インスリンの分泌を促すβ細胞の量自体を体の中で調節しているメカニズムが解明されたことと、糖尿病の治療に応用できることの2つ。
肥満になるとインスリンの効きが悪くなる(インスリン抵抗性)が、このときβ細胞が増殖してインスリンを大量に分泌し、血糖値の上昇を防ぐ。このシステムに関しては、それまではβ細胞が自分でインスリンの必要性を認識し、分泌していると思われていた。 今回の研究によりその詳しい仕組みが明らかになった。まず肝臓が血糖の増加を感知し、神経を通じてインスリンの分泌の必要性を脳へ伝える。そしてそれを受けた脳は膵臓に対してβ細胞を増殖させる命令を下す。こうしてインスリンが分泌され、血糖の量を調節する。

メタボリックシンドロームとは、インスリン抵抗性によってβ細胞の増殖が慢性化した場合に、他のバランスが崩れ、さまざまな症状が現れる状態のことをいう。
次に応用面についてだが、膵臓のβ細胞が減少し、インスリンの分泌が減少すると、糖尿病になる。そこで今回解明した仕組みを使うことで、神経ネットワークを刺激してβ細胞を増殖させ、インスリンの分泌量を増やし、糖尿病を治療することが可能となる。現段階ではマウスの実験が行われ、糖尿病であったマウスを治療することに成功している。

現在糖尿病患者に対しては食事制限や運動療法、投薬、インスリン注射などによって治療を行っている。また膵島(すいとう)移植と呼ばれる、ドナーから取り出したβ細胞を移植するという治療法も行われているが、β細胞が長持ちしない、ドナーがほとんどいないという問題点がある。しかし今回の発見を応用すれば、もともと体に備わっているシステムを使い、副作用なしに糖尿病を治療できる可能性も見えてきた。またこのシステムを糖尿病だけでなく、多臓器の治療に応用できる可能性も秘めている。

いまのところ再生治療といえば、ES細胞やiPS細胞などから人工的に組織を再生するものが主流。しかしこのシステムの発見で、自分の体の中で、そこに備わったシステムで組織を再生するという新たな概念の再生治療が誕生したといえる。今回の発見は再生治療の概念をも変えるかもしれない。




 研究グループが発見したのは、「肝臓が肥満状況を感知し、脳にインスリンを増やす必要性を伝達。それを受けて脳は、すい臓に向かう神経を使ってすい臓にあるβ細胞(血糖値の上昇を防ぐインスリンを分泌する細胞)を増殖させる」という臓器間の神経ネットワーク。これにより、「脳」が血糖値など全身の代謝調節を行っていることを見出した。

 また、インスリン分泌の低下した糖尿病の動物を使った実験では、この神経ネットワークを刺激することで、β細胞が増殖し、インスリン分泌が改善。糖尿病を治療することができたという。

 東北大学では今回の発見について、「体に備わっている仕組みを刺激することで、障害を受けた臓器を体内で再生させる」という全く新しい概念の再生医療研究を切り開く可能性がある、としています。


慢性膵炎で死んでいったβ細胞も増殖できるのか、1型糖尿病にも応用出来るのかは、これからの研究のようですが、うまく行けば糖尿病・消化不良・すい臓癌のうち一つには光明がさすことになるかもしれません。
発表内容からすると、繊維化してしまった膵細胞にはあまり効果はないように読み取れますが、ほのかな期待を抱きましょう。

[ 2009/01/25 08:30 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/566-171989c9




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。