スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

慢性膵炎と抗酸化療法

慢性膵炎患者の疼痛解消と酸化ストレス軽減か?という記事が『Gastroenterology』1月号に発表されました。

これは朗報かと読んでみました。

 「酸化ストレスは、慢性膵炎患者(CP)の病態生理に関係している」と、全インド医科大学(ニューデリー)のPayal Bhardwajらが記しています。「我々は、抗酸化物質の補充がCP患者の疼痛解消、酸化ストレス、抗酸化能に及ぼす影響を調べた。」

  CPの連続患者群をランダム化して、プラセボまたは抗酸化物質サプリメントを6カ月間投与した。主要エンドポイントは疼痛の解消である。二次エンドポイントは、鎮痛薬と入院の必要数である。酸化ストレスのマーカーは、チオバルビツール酸反応性物質と抗酸化能(血漿の鉄還元能)で測定した。

  患者の平均年齢は30.5 ± 10.5歳であり、男性が86例、アルコール性CP患者が35例、特発性CP患者が92例であった。ランダム化対象の患者127例のうち、プラセボ群に 56例が、抗酸化物質群に71例が割り付けられた。疼痛のあった月間日数の6カ月後での減少幅は、抗酸化物質群のほうがプラセボ群よりも有意に大きかった(それぞれ7.4 ± 6.8日と3.2 ± 4日、P < 0.001、95%信頼区間[CI]は2.07 - 6.23)。

  抗酸化物質群は、使用した鎮痛薬錠剤の月間数も大きく減少した(それぞれ10.5 ± 11.8個と4.4 ± 5.8個、P < 0.001、95%CIは2.65 - 9.65)。疼痛が無くなった患者の割合は、抗酸化物質群が32%で、プラセボ群が13%であった(P = 0.009)。

 抗酸化物質群はプラセボ群に比べて、チオバルビツール酸反応性物質量が減少し、血漿鉄還元能が増加した(チオバルビツール酸反応性物質はプラセボ群が1.2 ± 2.7 nmol/mLに対して抗酸化物質群が3.5 ± 3.4 nmol/mL、P = 0.001、95%CIは0.96 - 3.55、血漿鉄還元能はプラセボ群が-5.6 ± 154.9μMFe+2に対して抗酸化物質群は97.8 ± 134.9μMFe+2に自由化(イオン化)された。P = 0.001、95%CIは44.98 - 161.7)。

 「抗酸化物質の補充は、CP患者の疼痛解消と酸化ストレス軽減に有効であった」と著者らは記している。「疼痛の軽減によって、失われる人日数も少なくなるので、患者にとっては労働報酬が損なわれないことにつながる。抗酸化物質の疼痛解消への有益な作用は、3カ月後という早い時期から現われた。」


抗酸化物質の補充は、CP患者の疼痛解消と酸化ストレス軽減に有効であった。と論文は締めくくってあるのですが、これは相当に眉唾でした。解説によると、

 この試験の限界としては、疼痛の評価にバイアスがあること、プラセボ群も疼痛が軽減していること、その後の追跡がされていないこと、抗酸化物質の効果がどのくらい長く続き、抗酸化物質補充をどのくらい長く続けなければならないかに関するデータがないことが挙げられる。

 「この試験では、抗酸化物質による顕著な有害薬物反応はまったく見られなかった」と著者らは結論で述べているが、「これは、患者は抗酸化物質が欠乏しているためだと考えられる。適切な条件のCPには抗酸化物質療法の処方が可能だと我々は確信している。」とあり、まぁそんな事もあるもしれないという程度のものでした。ガックシ

たいていの場合、こういう類のもはスポンサーの意を受けて発表されることが多いようです。論文で権威付けして販売促進を謀ろうという戦略ですね。
ご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、○○学会でとか、○○にて論文発表というのには何の価値もありません。論文を出すのは学生にも出来ますし、誰も相手にしてくれないトンデモ論文の方が多いかもしれません。

アメリカなどでは先進国で唯一健康保険制度がないので医療費がとても高く、代わりにサプリメントなどがよく売れます。
例えば、数年前にはCoenzymeQ10などが大流行しました。WHOなどでは「抗酸化療法(ポリフェノーリ・ビタミン類・Q10など)は全く効果がない。」と記載されているにもかかわらずです。
当事者国アメリカの心臓病協会(AHA)の勧告ジョンズ・ホプキンス大学の有害説さらには、Journal of the National Cancer Institute、日本でも独立行政法人国立健康・栄養研究所によって注意勧告が出ています。
でも、こういうのって売りたい側の政治力によって表にはなかなか出てこないんですよね。
政治力のないところがやると、薬事法や不当表示、詐欺で簡単に捕まっちゃいますけど。(笑)



かかりつけ医に聞いたところ、サプリメント大国のアメリカ人の寿命が短いのことが表しているように、抗酸化物質をサプリメントで補わなければならないような生活をしていることが問題で、そこから目を背けて抗酸化サプリに頼ろうとするのが根本的に不健康の原因だそうです。(笑)

[ 2009/01/22 18:47 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(0) | CM(2)
仕事柄 健康食品のモニターになる事も多々あるのですがO10とリポ酸のモニターの時は散々の結果でした。
勿論 健康な方が飲む分には支障は無いでしょうし健康維持の為に飲む物なのでしょうが膵炎には健康食品も負担が大きいのでしょうか…
先生に『何かサプリメント飲んでる?飲んでたら止めてね!』と言われてからはモニターも断らせていただきました。
[ 2009/01/24 01:13 ] [ 編集 ]
私のところもサプリ関係は飲まないように言われています。
健康な人なら過剰摂取しても問題が出ないような物でも、弱ってる人が過剰摂取すると負担が大きいのかもしれませんね。

ちなみに「アルファリポ酸」は戦後から「チオクト酸」と呼ばれて販売されていたサプリですが、ずいぶん昔に効能がなく、体内で合成できるので、必須栄養素でもなく、ビタミンでもなく、特に摂取する必要はないとされていました。
それを5年くらい前から名前を変えて売っているものです。

害にならないならプラセボ(偽薬効果)もあるのでかまわないと思うのですが、体調の悪い人は要注意だとおもいます。
[ 2009/01/24 01:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/551-b5a18bbf




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。