スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

慢性膵炎 準確診 疑診

慢性膵炎の中で、一番多いのが準確診、疑診というものだそうです。
中には、消去法で膵炎(疑)と診断される方も多いようです。





このあたりまでだと、私は治る可能性が多いと思います。

膵臓・膵管に異常がでないうちに自己管理が出来ていれば、
数年のうちにはフォイパンからも離れることが出来るんじゃないでしょうか?

私の場合、自己管理が一番難しいんですけど(-_-;)

画像等に異常が現れて確診を下される前でしたら、
色々と治療方法を試すことも出来るでしょうし、
病院を回る気力・体力もあるでしょうから、
自分にあった病院をみつけましょう。
長い付き合いになる病気ですから、病院に不信感を抱いていると
治るものも治らないと思います。

と言ってる私は、不信感いっぱい抱えて通院してますが。(^.^)






[ 2007/10/15 22:05 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/55-01c4fc2b




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。