スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

急性膵炎で受診

前回の続きです

急性膵炎、急性増悪の自覚症状が出てからの受診までの平均日数は約2日間です。

上級者の方は始めから、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
と自覚できるので、直ちに絶飲食に入ります。しばらく様子を見てこりゃまずいとなると、家族に見られてまずいものはキチンとしまいこんで、病院に向かいます。
場合によっては、入院セットも用意し、シャワーを浴びて万全の体勢で段取りよく受診します。

中級者の方は絶食しながら、信じたくない思いで痛み止めをやりくりしながら、病院に向かいます。
確実に膵炎だと頭ではわかっていますが、果たして入院まで必要なのかと思ってしまうので、なかなか準備万端でというわけには行きませんが、あわてることなく受診出来ます。

初めて膵炎にかかった場合は大変です。
胃薬飲んだり、痛み止めを飲んだり、膵臓が悪いんだとは気づかず無駄にあがいてしまいます。
たいていの場合は食欲もないのですが、体力をつけなければと無理に食べたり、挙句の果てにはお酒など飲んでしまいますます悪化させてしまいます。

膵炎には特効薬がなく、膵の安静が一番です。
早めに対処できれば2、3日眠れぬ日々を送れば痛みをやり過ごすことが出来る事もあります。
しかし、痛みをがまんするのはそれだけで体力を消費しますし、なにより危険です。

後述しますが、じつはこの病院へ行く前の絶食は、診療時や検査時にも重要です。

病院へ行くと待っている間に、問診・検温・血圧チェックが行われて、順番が来ると診察室へ入ることになります。
急性膵炎であった場合、診察室に入る時点では青色吐息になっているのが普通です。
ここで当たるのが、主治医であるとか、消化器内科の医師であれば僥倖です。

当直が研修医で上級医の手が空いていないときなどは、ごそごそと「ERでの急性腹症」「急性腹症の早期診断」といった本を取り出してきて問診から始まります。
主症状を時系列に並べて申告しましょう。おそらく疲労した姿を見てルートに輸液を入れながら血液検査の結果を待つことになります。
この間に、医の中が空であればエコーを受けることになります。
エコーで膵臓の病変が見つかることはまれなのですが、肝臓の肥大や胆石を除外することは出来ます。
そして、X線、CTへと車椅子かストレッチャーで検査にまわります。
この間、30~40分くらいでしょうか?

血液検査の結果で膵炎に疑いを持たれると「エビデンスに基づいた急性膵炎の診療ガイドライン」が出てきます。

血圧・脈拍は高めのことが多いです。各病院によって基準は違うと思いますが、アミラーゼの値が500~とか1000~ですと入院勧告がなされると思います。
急性膵炎の重症度の判定基準にはアミラーゼの高さは基準にされていないのですが、ほとんどの方がコレくらいの数値にまで上がることが多く、コレくらいになると病院としても帰すわけにいかなくなります。

病院着に着替えて動脈採血・心電図検査を行うことになります。
血液検査の結果で腎・肝機能に異常がなければ、ソセゴンかレペタンで痛みを止めてくれます。
また、FOY・フサン・ミラクリッドなどの淡白質阻害薬が点滴に加わります。
CTの写真などが悪ければ、重症膵炎を見据えて、次の病院へ搬送される事もあります。
高次救急病院でなければすぐに、次の病院に搬送です。

こうして、ウキウキ入院ライフが始まるのです。(笑)

ストレッチャーで病室に運ばれる間に意識があれば、あの時食べなければ...飲まなければ...あの下痢が前兆だったのかという後悔とともに、部屋が片付いていないとか、あれを持ってくれば良かった。そして、いつまで?いくらくらいかかるの?という思いがグルグルまわります。
半分くらいの人は、病室へ入るまでに意識が朦朧とするんですけどね。

病室に着くと、この時期急性膵炎はの緊急入院は風物詩みたいなものですから看護師さんもなれています。
入った部屋を担当するチームから担当看護師さんが決められて説明にやって来られますが、病状が悪い場合は安定してからになります。

しかし、注意事項の安静、絶飲食はきっちり言い渡されて点滴のスピードを調整されます。
その後、主治医が決まり挨拶にやってきて、担当医が入院計画を渡してくれます。
最近ではクリニカルパスというヤツですね。
手首に認識票をはめられれば、立派な入院患者です。

中上級者の方は一人でなんでも出来るもん状態ですから、これから4~5日ありつけないシャワーを済まし日用品、携帯、充電器など装備も万端ですが、初級者の方はここから家族に連絡をしてもらってバタバタと入院グッズをかき集めてもらうことになります。

でわ、入院中編に続きます。






[ 2009/01/16 02:53 ] 膵炎 急性膵炎 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/534-f92d77e2




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。