スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

チェ 28歳の革命

『CHEチェ 28歳の革命 | 39歳 別れの手紙』を見てきました。

レイトショーだったのですが、3割くらいが女性だったのに驚きました。
ほとんどが男性客だと思っていたのですが、この不況下と格差社会、アメリカやイスラエルへの反感があるのでしょうか?

Heroico1.jpg


トラフィックセックスと嘘とビデオテープ 、最近ではオーシャンズ11・12・13でおなじみのスティーブン・ソダーバーグ監督です。
ソダーバーグ監督はブラッド・ピットやジョニー・デップと同じ1963年生まれです(誕生日は1月14日明日です)から46歳で、「チェ」とは時代がかぶらないので、どのような作品になっているのか興味がありましたが、英雄視するわけでもなく淡々と「チェ」の人生を追っていくドキュメンタリー風映画でした。
戦闘シーンとドキュメントシーンで映像の質感にギャップがあるのが気になりましたが、私には結構楽しめました。

20世紀で最高にカッコいい男、最も多くの複製が行われた写真の男とも言われる、エルネスト・ラファエル・ゲバラ・デ・ラ・セルナ(Ernesto Rafael Guevara de la Serna)については書くのも、今さらなのですが、もし未見でしたら、DVDでロバート・レッドフォードのモーターサイクル・ダイアリーズを見られてから観賞することをお勧めします。
「チェ」が、友人のアルベルト・グラナードと共に1台のバイク(ポデローサ号)にまたがり、12,000キロの南米旅行へ出かけるロード・ムービーですが、「チェ」が革命に身を投じるまでが描かれています。
本では、チェ・ゲバラ伝(三好徹)が、わかりやすく書いてあるのではないでしょうか。
この本は、1971年刊行(現在は新装版)にもかかわらず、先週のランキングでは、なんと16位に入っていました。
相変わらず、「チェ」の人気がすごいのか、あるいは、時代が彼のような人を求めているのでしょうか?




[ 2009/01/13 03:04 ] いろいろ 趣味 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/525-8692b4c3




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。