スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

認められぬ病

読書の秋ということで、1日に5冊ほどのペースで本を読んでいる今日この頃です。

慢性膵炎の場合はうつ病を併発することも多いかと思うのですが、愛蔵版DVD BOOK 生きて死ぬ智慧 (小学館DVDブック)という、NHKで放送された「いのちで読む般若心経 生命科学者・柳澤桂子」の再編集版がヒットした柳澤桂子氏も元?慢性膵炎兼うつ病患者だったそうです。

柳澤桂子氏は生命科学者で、父も小野記彦という著明な生物学者だったそうです。柳澤氏の長男も著明な生物学者として現在活躍されています。
お茶の水大学理学部植物学科を卒業後、コロンビア大学動物学部大学院に進学し、婚約者のやはり生物学者であった嘉一郎氏と結婚、大腸菌の研究で博士号を取得。
帰国後に一男、一女が生まれ、暫く子育てに専念していた最中、1969年、38度近い微熱とめまい、嘔吐に見舞われ大学病院に入院します。
自律神経失調症という診断が付けられ投薬を受けるも改善することなく、以後37年間現在に至るまで毎月一回周期的に2週間程度襲ってくるこの激しい症状に苦しめられているだけでなく、たくさんの専門医から精神的なものとしてまともに扱われず、侮辱され続けるという二重の苦しみの中に置かされて来ました。
1971年三菱化成生命科学研究所副主任研究員となり輝かしい成果を挙げるも、激しいめまいと嘔吐に倒れ、大学病院の婦人科で「子宮内膜症」という診断を受け子宮の摘出手術を受けます。しかし症状は継続し、他科の教授からは「慢性膵炎」という診断を受けて治療を受けるようになります。
しかし症状は継続するため、症状は心気的のものとして扱われ、一人孤独な苦しい闘病を続けることとなります。結局、休職が長引き、1983年に研究所を退職せざるをえなくなる。そのあまりの苦しさと疲弊から、死をも考える時期があった。
1999年千葉市の精神科医が家族の依頼により往診し「慢性疼痛」と診断されSSRIが投与された所、初めて症状が軽減しましたが、現在も闘病生活は続いています。

この著者が、30年に及ぶ闘病生活のあいだ、病気と認められず、「心の通う医師を求めて」ドクターショッピングを続けてきたその経過を、感情をできるだけ排することに努めて綴った記録が、本になっていました。

認められぬ病―現代医療への根源的問い

患者の孤独―心の通う医師を求めて

現在までの脳病期間につけられた病名は、心身症、膵炎、子宮内膜症、潰瘍性大腸炎、てんかん、脳幹症、慢性疼痛、鬱病、ヒステリー、多発性硬化症。そして、現在は、周期性嘔吐症候群。
この間、問題患者のような侮蔑的な扱いを受けたり、間違った処方をされて、その薬の副作用で新たな症状が出たりした事もあったようです。
患者の顔も見ず、検査結果のみを見て、「病気のはずがない」「どこも悪くない」「精神的なもの」と言い放つ医師に対しては、患者はどうしたって、「自分は具合が悪いのだ。病気に決まっている。あなたは専門家でしょう、ちゃんと診断してください」と思うものだと書かれています。

膵炎の場合もある程度進行するまでは見つけにくいので、よく似た経験をなさった方が多いのではないかと思います。
また、この著者のように安易に慢性膵炎と診断されて、大きくまわり道をさせられてしまった方も同じくらいいらっしゃるかもしれません。


患者の孤独―心の通う医師を求めて患者の孤独―心の通う医師を求めて
(2003/03)
柳沢 桂子

商品詳細を見る

[ 2008/10/21 08:51 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(0) | CM(3)
そこまでひどい思いした事ないけど、分かるな~( ̄~ ̄;)
他の膵マーさんでも大変な思いしてる人もいるしね。
私もあの、鼻で笑ってあしらった医師だけは許せないわーm9っ`Д´)
[ 2008/10/21 16:26 ] [ 編集 ]
わたくしも。。。
私も。。。。
振り返ると。。。1歳半頃から。。膵炎だったみたい。。
ちょうど、弟が生まれてきた時だったので、ひがみってコトで、精神科へ~(問題なし)
小学生でも、急性胃炎とか、胃痙攣とかで。。挙句の果ては
やはり、精神科(問題なし)
たまたま、中学生の時に父親が、尿管結石で。。。
その痛み方にそっくり~ってことで。。
腎臓⇒胆石?と疑われ。。。
胆嚢が悪いことが発見し、手術し、術後膵炎にしては、おかしいということで、やっと、慢性膵炎と診断されました。。。長かった~

やはり、何処も悪くない。。。気のせい。。。。
精神科へってのは、確率高しですね。。
[ 2008/10/22 22:03 ] [ 編集 ]
昔、MRCPがあればすぐに判明したのでしょうけど、めっしーさんもずいぶん遠回りをされたのですね。

私は初め、肝臓か胆石かと自分で思ってたら、「ハイハイ、膵炎ですよ。」と何の迷いもなく診断されてしまいました。(笑)
[ 2008/10/23 13:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/495-424c790a




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。