スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Randy Pausch教授逝く

今週のエントリーでパウシュ教授の近況を記事にしてきましたが、そのときがやってきてしまいました。

July 25th, 2008 

Randy died this morning of complications from pancreatic cancer. The CMU news story is here

ランデは、カーネギーメロン大学教授で数えきれないほどの学生に、教室や他の世界を通してインスピレーションを与えた。彼の最後の講演では非常に高い評価を得た、今朝彼は、膵臓癌からの合併症が死亡した。 彼は47 才であった。

ピッツバーグのカーネギーメロン大学で計画されている追悼式の詳細は後日発表される。

最後の授業

パウシュ教授 近況

パウシュ教授の膵癌治療

パウシュ教授の膵癌治療 続



2008年7月24日  がんが進行している

先週行った生検により、最近のPETスキャンの結果で想像していよりもがんが進んでいることがわかりました。先週以来ランディは一歩後退し、病状はこれまでになく重い状態にあります。現在はポスビスに入っています。彼はもはやこのページを自ら更新することができないため、私が友人として彼に代わって更新しています。たくさんの人たちがこの場所を見守っているのが分かっているからです。

いつかはとわかっていましたが...


Randy Pauschカーネギーメロン大CS学科教授逝く(享年47)


原文:

Dr. Randy Pausch, Carnegie Mellon CS professor, Dead at 47

著名なコンピュータサイエンス学科教授Randy Pausch博士が、すい臓がんの長い闘病生活の末、本日(米国時間7/25)死亡した。

Pausch博士はカーネギンメロン大にエンターテイメントテクノロジーセンター(Entertainment Technology Center)を創設し、高校生・大学生のためのアニメ教育システム「Aliceプログラム」を手がけてきた人。

CS(コンピュータサイエンス)分野にはPausch博士並みに愛される教育者は他にも難なく見つかるが、あれほどの優しさ、否定しがたい人生愛に満ちた人は滅多に、ない。

でもね、死神は長生きしたって倒せないんですよ。死神は良く生きて倒すもの」。Pausch博士はこう語り、卒業生たちに自分が夢中になれるものを探し、追求するよう励ました。演説の締め括りにJai夫人へのキスで感嘆符を打つと、夫人と連れ立って演壇を後にした。

遺族は夫人と子ども3人(Dylan、Logan、Chloe)。遺族献金はカーネギーメロン大学Randy Pauschメモリアル基金まで。



ご冥福をお祈りします。

「散る桜、残る桜も散る桜。」

残された私たちも、いずれは散る桜です。

彼の残してくれたものを胸に毎日を真剣に生きていける人に私はなりたひ


スティーブ・ジョブス氏も先週来体調を崩して、再発説が流れています。

10 Golden Lessons From Steve Jobs

Ririan Project で、スティーブ・ジョブス氏の心に残る10の言葉が紹介されていました。

* イノベーションは誰がリーダーで、誰が追随者かをはっきりとさせる

* 自分がクオリティの基準となりなさい。人によっては、常に優秀であることが期待されている環境に慣れてないのだから。

* すばらしい仕事をするには、自分のやっていることを好きにならなくてはいけない。まだそれをみつけていないのなら、探すのをやめてはいけない。安住してはいけない。心の問題のすべてがそうであるように、答えを見つけたときには、自然とわかるはずだ。

* 知ってると思いますが、私たちは自分たちの食べる食べ物のほとんどを作ってはいません。私たちは他人の作った服を着て、他人のつくった言葉をしゃべり、他人が創造した数学を使っています。何が言いたいかというと、私たちは常に何かを受け取っているということです。そしてその人間の経験と知識の泉に何かをお返しができるようなものを作るのは、すばらしい気分です。

* 仏教には「初心」という言葉があるそうです。初心をもっているのは、すばらしいことだ。

* あなたがテレビのスイッチをオンにするのはあなたが自分の脳のスイッチをオフにしたいからだと思います。それに対してコンピュータで仕事をするのは、脳のスイッチをオンにしたいときではないでしょうか。

* 私が知ってるなかで、一年で 2.5 億ドルも失った人なんて自分しかいない。でもそれは非常に人格形成に役立ったよ。

* 私は持っているテクノロジーをすべて引き替えにしても、ソクラテスとの午後のひとときを選ぶね。

* 私たちはこの世界に凹みをいれてやろうと思ってここにいるんだ。そうでないなら、なんでそもそもここにいる必要があるんだい?

* あなたの時間は限られている。だから他人の人生を生きたりして無駄に過ごしてはいけない。ドグマにとらわれるな。それは他人の考えた結果で生きていることなのだから。他人の意見が雑音のようにあなたの内面の声をかき消したりすることのないようにしなさい。そして最も重要なのは、自分の心と直感を信じる勇気を持ちなさい。それはどういうわけかあなたが本当になりたいものをすでによく知っているのだから。それ以外のことは、全部二の次の意味しかない。

最後のこの言葉は例の伝説のスピーチで語られたものです。

[ 2008/07/26 12:51 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(0) | CM(3)
残念です。

まだまだ生きていて欲しいという人ほど早くに亡くなってしまうような気がします。

ご冥福をお祈り致します。
[ 2008/07/27 00:22 ] [ 編集 ]
私は記事を何度書いたこともあるので、毎日チェックしていたのですが、当日そのニュースが書きこんであるのをみたときはショックでした。

日本でも大きく報道されるかなと思っていましたが、健康な人にとってはあまり興味がないのか、話題になってないですね。
健康なときにこそ、こういった人を勇気付ける事に関心を持って欲しいものです。
[ 2008/07/28 15:32 ] [ 編集 ]
今日
今日の夕方のニュースでやっていました。
亡くなった事を報道という感じではなかったですが。
そうですね、健康な人にも気に留めてもらえるように、
もっと大きく取り上げて欲しいです。
[ 2008/07/29 23:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/452-9edd009d




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。