スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第39回日本膵臓学会大会

いよいよ7月30日31日と第39回日本膵臓学会大会が開催されます。

皆様の主治医の方々も散髪はOKでしょうか?
直前にすると取り返しがつかなくなることがありますから、いつもお世話になっている身としては、一言アドバイスを差し上げましょう。

最終プログラム(PDF)も発表されていました。

メインのシンポジウムは以下の2つです。


1. 「膵癌治療の最前線」


司会:船越 顕博(国立病院機構九州がんセンター消化器内科)
   太田 哲生(金沢大学大学院がん局所制御学)

膵癌の90%以上は進行癌で外科切除の対象は4割にも満たない。従来、我が国で積極的に施行されてきた拡大手術は、RCTの結果では必ずしも有効ではなかったが、根治可能な唯一の治療法は外科切除でもある。その選択には合理的な適応が求められ、更に有効な術後補助療法として放射線療法よりも Gemcitabine、TS-1による化学療法が期待されている。本シンポジウムでは、膵癌に対する各種治療の最前線を提示して頂き、治療成績向上の端緒と方向性を論じて頂きたい。

2. 「長期予後からみた慢性膵炎の治療―内科 vs 外科」

司会:神澤 輝実(東京都立駒込病院内科)
   武田 和憲(国立病院仙台医療センター外科)

 慢性膵炎は進行性で、膵臓の外分泌・内分泌機能の低下をもたらす難治性疾患である。治療の原則は内科的治療で、薬物療法や種々の内視鏡的治療が行われてきた。現在は、内科的治療の難渋例が外科適応となることが多い。しかし内科的治療による除痛効果や膵機能保持などの長期予後が不良な例も少なくない。病巣の局在部位から見て膵機能の荒廃する前の可及的早期に外科的治療が有効と考えられる例もある。本シンポジウムでは、長期予後から見た各種内科的治療法の成績と限界、外科的治療法の適応などについて、具体的な成績を示しながら論じて頂きたい。

S2-1 長期成績からみた慢性膵炎に対する内科的治療の適応

S2-2 慢性膵炎に対する非観血的の成績

S2-3 長期予後、合併症から見た慢性膵炎に対する内視鏡的膵管ドレナージ術

S2-4 慢性膵炎症例に対する内視鏡的膵管ステント留置術の有用性と長期予後

S2-5 膵石症に対する内科的治療成績と予後

S2-6 慢性膵炎・膵石症218例に対する治療の現状とその予後の検討

S2-7 慢性膵炎・膵石症に対する内視鏡治療の成績

S2-8 ESWLを第一選択とした膵石治療の長期予後の検討

S2-9 ESWLを行った膵石症例の長期予後

S2-10 長期予後からみた慢性膵炎外科治療症例における膵切除の意義

S2-11 慢性膵炎に対する外科的治療の成績と術後膵機能

S2-12 慢性膵炎病理組織所見からみた膵島移植の可能性

など、興味深い演題が並んでいます。

この他にも、

W4-4 慢性膵炎における消化酵素活性化低下についての検討

W4-7 膵機能低下からみた早期膵炎の提言とEUSの有用性

D-4 自己免疫性膵炎の治療と予後

O-6 膵管狭窄を伴う慢性膵炎に対する内視鏡的治療の有用性

O-51 Frey術後に再手術を要した特発性慢性膵炎

などの演題が予定されています。

[ 2008/07/15 16:07 ] 膵炎 治療・療養 | TB(0) | CM(7)
学会があるんですねぇ~
ご存知だと思いますが、昨年、手術を受けてきたんですけど。。。そのDr.曰く。。論文を作成中と言ってました。
こういう機会に発表されるんですかねぇ~
一応、論文が出来たら、見せていただく約束をしてるんですけど。。。
まだ。。。。(汗
[ 2008/07/15 23:57 ] [ 編集 ]
アタシの主治医先生は カッパみたいな髪型だから大丈夫だと思う…
ちゃんと行くのかしら~(@_@)

以前は膵炎て年代的に真ん中くらいの方々がなる病気と思われがちだったケド 若い世代も膵炎になってる方々 沢山いるだろうし…暴飲暴食の時代だから膵炎患者サンて増えていくような気がします(汗)
色んな話し合いをして良い解決策や治療法が見つかるといいですね~!
[ 2008/07/15 23:59 ] [ 編集 ]
主治医さまに2度ツッコミしてあげてね~<髪型
今回は一般人向けの講演はないのかしらん?
んー、読んでもわからんや(笑)
肝臓病ならよく講演会とかあるのに、膵臓病はなし。
患者の数の差もあるのでしょうが、もっとメジャーになって貰いたいものです。
[ 2008/07/16 11:03 ] [ 編集 ]
そう言えば・・(^-^)☆
amylaseさま☆

先日、又三郎先生がいつになく 徹底的に
「刈上げ」と言ってもいい位 超・短く散髪しておられました!
先生も消化器学会、膵臓学会は必ず出るので カレンダーには赤丸がついています(^-^)
古田敦也さん似なので ふつうの時はあんな感じなのですが
半分 お坊さんになったかと思いました!!(^-^)
この学会発表の 2 の部分のご担当の先生と
又三郎先生は面識があるはずです☆

学会のためだったんでしたか・・(爆☆)
これの前にねこみみ ERCPなのですが、
なにか 2のご参考になるかニャァ・・?

ねこみみ☆


[ 2008/07/16 14:32 ] [ 編集 ]
プログラムをみるとかなり多くの医師が何らかの発表をしたり、ディスカッションに参加されるようです。
数から行けば膵癌に関するものがもっとも多い用で、次いで慢性膵炎になっています。急性膵炎は救急学会の分野でもいろいろと討議されているようです。
学会誌の9月号くらいには概要が掲載されるのじゃないかなと思っています。また、折を見て紹介しますね。
[ 2008/07/16 17:20 ] [ 編集 ]
マリオの主治医も…
散髪が済んでいるかはわかりませんが、29~31日不在に名ってますわ。
もしかしてお出かけなのかも…。
一応23日に予約とってあるので散髪具合をチェックしてこようかしら?
ジェネリックにも挑戦中ですが、それ以前に霜降り牛の無謀飲食が祟っていてちょっとマズイ…(~_~;)

あの~今頃ですが…先日amyちゃんが紹介していたフォントのダウンロード、マリオみたいなおんぼろPCでも入れて大丈夫なものかしら?
[ 2008/07/19 09:56 ] [ 編集 ]
フォント1つや2つ増やしても大丈夫ですよ。MS明朝とかMSゴジックはあまりにも汚くて辛いです。
ぜひチャレンジしてみてください。
[ 2008/07/20 07:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/430-86072e1f




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。