スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

パウシュ教授 近況

以前に記事にした、「ランディ パウシュ、最後の授業 ぼくの命があるうちに」のパウシュ教授の近況を知らせるサイトRandy Pausch's Update page の更新が止まってからしばらくたちます。


最後の更新時(6月26日)のスコアがCA19 - 9 (腫瘍マーカー) : 1400 でした。

彼は現在、化学療法ですい臓癌と闘っているのですが、その様子を自らの手でサイトに載せていて、化学療法の最後のラウンドに挑んでいる最中です。
(詳しい治療方法や様子はRandy Pausch's Update page を読んでみてください。)


彼のかかっているすい臓癌という病はとても難しいものですが、最後まで悔いのないよう頑張って欲しいです。

最後の授業の様子は以前に書いたようにYou Tubeで字幕付きで見ることができます。本ではその壮絶な裏側が描かれています。直前まで寝込み、大人用おむつを着用して壇上に立つべきか迷っている様子などが書かれていて、それを読んでから近況サイトを見ていると、明るく前向きな記事の裏ではものすごい闘病生活があるのだなと想像してしまいます。

暑くて外出する元気もないので見返していたのですが、何度みても心に響くものがありました。

We cannot change the card we are dealt, just how we play the hand.(配られたカードを変えることはできない。変えられるのは、そのカードでどのようにプレイするかだけだ。)

まさに、共感です。配られたカードで最高のプレイをしたいものですね。

壁があるのは、理由があるからだ。

パウシュ先生、この暑さが壁となって立ちふさがっていて越えられそうにありません。


本の方はもともと動画とは別に発売されていた物で、動画をテープ起こししたようなものではなく、さらにその講義を掘り下げるような形になっています。講義の前のランディ・パウシュ教授の体調や、教授がガンの転移を知る事となった経緯の部分を読むと、動画を先に見た方はさらなる衝撃を受けると思います。

また、トランススクリプトも公開されています。暑くて寝苦しい夜に読んで見てはいかがでしょう。書籍に劣らず名言満載です。



最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版最後の授業 ぼくの命があるうちに DVD付き版
(2008/06/19)
ランディ パウシュジェフリー ザスロー

商品詳細を見る


[ 2008/07/13 14:00 ] いろいろ 日常生活 | TB(0) | CM(3)
きついところを・・☆
amylaseさま☆

ねこみみも行ってみました☆

・・化学療法には累積効果がある だから、もしそれをやり続けると、
回復する時間がよりかかるようになる。
現在の考えは、化学療法を多くするのは賢くないだろう、現時点で ほとんどすべての化学療法は、たとえゆっくり腫瘍を小さくしたとしても、
私を弱く病気にし得るので、その治療を受けるのが、やむを得ない選択なのかどうかは さだかではない 
我々は現在いくつかの免疫療法ベースのアプローチに絞り込んでおり、 たぶん副作用がほとんどもしくは全くない・・
つづく・・

 とは言え、マーカーが1400というのはかなりきついところのはずで、そうした中でも冷静さを保ち、きりぬける努力を続けているところのはずですが☆

本の方も読みましたので 特に 奥さまと一緒に ドクターの消し忘れていたパソコンを見てしまうというところ
何ともいえないショックだったろうと思います、
わかってはいても・・

この 前向きさ 冷静さ そのチャレンジ精神、
くちで言うのは簡単ですが
はかり知れない苦痛のなかで、自分をたもっていくその姿を
心からたたえたいと思います。

猫耳☆



[ 2008/07/14 21:37 ] [ 編集 ]
>本の方も読みましたので 特に 奥さまと一緒に ドクターの消し忘れていたパソコンを見てしまうというところ
何ともいえないショックだったろうと思います、

私たち膵炎患者や糖尿患者のように心構えの助走期間がありませんから、そのショックは計り知れないものがありますね。特に小さなお子さんを3人も抱えていては。

そこから、短い時間で自分の置かれた状況を冷静に見つめ最善の方法を見つけようとする心の持ち直し方と言うのは、それなりに悔いのない人生を送ってきたからできたのかもしれません。

私も、今日が人生最後の日ならと考えて充実した毎日をおくりたいなぁと思っています。
[ 2008/07/15 02:56 ] [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2008/07/15 15:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/422-dd126044




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。