スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

心疾患

動脈硬化によって起こる狭心症心筋梗塞といった虚血性心疾患の治療の中心になっているのが、PCI(経皮的感動脈形成術)と呼ばれる心臓カテーテル治療です。

カテーテル治療の場合は、年間症例数が200以上、できれば300以上ある病院を選ぶのが基本です。

細いカテーテルを血管の中に通して行う治療だけに、動脈を傷つけて出血を起こし、志望する危険もあります。カテーテルを使った検査では、慣れない医師が行って欠陥が裂けてしまい、死亡に至ってしまった例もあります。

この分野では、小倉記念病院、新東京病院、千葉西総合病院が、24時間受け入れ態勢をとっていて、症例も2000以上と群を抜いています。

急性心筋梗塞のカテーテル治療はそう難しい術式ではないのですが、冠動脈が狭くなっている場所が複数あるようなケースでは、やはり経験豊富な病院を選びたいものです。

これは心臓外科手術(冠動脈バイパス手術、弁膜症手術、胸部大動脈手術、先天性疾患など)においてもあたはまり、日本胸部外科学会が「心臓手術が年24例以下の病院の守旧角死亡率は、100例以上の病院の2倍以上である」という統計を発表しています。

現在では病院の情報公開も進んでいますので、自分の受ける分野の手術数がどのくらいあり、その病院で手術を受けた人の院内死亡率や重大な合併症のの発生率も確認して選びましょう。

外科医が人間性や協調性はより、ただその技術のみが重要です。

医師が選んだ、自分がかかりたい病院ランキングを抜粋しておきます。

心臓病 右四項目は選んだ理由の構成比(%)です。

病院名得票
優秀な医師がいる最新の医療機器手術数の多さその他
国立循環器センター37936.120.140.33.5
小倉記念病院17349.21.549.20.0
東京女子医科大学病院13932.825.936.25.2
榊原記念病院13331.59.357.41.9
慶応義塾大学病院5951.925.914.87.4
東京大学病院3842.928.621.47.1
三井記念病院3760.020.020.00.0
新東京病院3746.76.746.70.0
湘南鎌倉総合病院3570.60.029.40.0
大阪市立大学病院3437.531.325.06.3
豊橋ハートセンター3461.50.038.50.0
京都大学病院2750.021.421.47.1
順天堂大学順天堂医院2764.37.121.47.1
東京女子医大東医療センター2360.020.020.00.0
虎ノ門病院2283.30.016.70.0
葉山ハートセンター2255.60.044.40.0

心筋梗塞・狭心症の手術を受けたい医師は、以下の方々の名前が上がっていました。

医師名病院名
道井 洋吏心臓血管センター北海道大野病院
天野 篤順天堂大学医学部付属順天堂病院
吉田 成彦新葛飾病院
高橋 秀一郎榊原記念病院
南淵 明宏大和成和病院
大川 育成豊橋ハートセンター
渡邊 剛金沢大学医学部付属病院
夜久 均京都市立医科大学付属病院
東上 震一岸和田徳州会病院
岡林 均小倉記念病院

おまけで、すい臓病から糖尿病にになったら見てもらいたい名医も載せておきます。

医師名
病院名
萬田 直紀
萬田総合病院
宮崎 滋
東京逓信病院
渥美 義仁
東京都済生会中央病院
岩本 安彦
東京女子医科大学病院
河盛 隆造
順天堂大学医学部付属順天堂病院
菊池 方利
朝日生命研究所付属病院
宇都宮 一典
東京慈恵会医科大学付属病院
加来 浩平
川崎医科大学付属病院
平尾 紘一
HICサイエンスクリニック
布井 清秀
聖マリア病院

[ 2008/07/18 22:42 ] いろいろ 日常生活 | TB(0) | CM(1)
ありがとう
友人から、とても有益で詳細な情報をどうもありがとうございました、身内のように親身に色々教えてくださって感謝しています。父に全て、電話にて説明致しました、とお礼メッセージが届きました。

もちろん、amyちゃん、とは言ってないけど、膵炎仲間が調べてくれた情報だ、と伝えてあります。

本当にありがとうね(´∀`)
[ 2008/07/18 23:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/417-53a1f643




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。