スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

七夕

日本では今日七月七日に七夕を行うところ、八月七日に行うところ、そして旧暦の七月七日に行うところの三つに分かれるそうです。

明治六年の改暦時から現在の七月七日にも七夕が行われるようになりました。
日本では八月七日や旧暦の七月七日は学校が夏休みに入る事もあって、新暦の七月七日が広まるかと思われましたが、晴れる確率26%では気分も盛り上がらないのか、大勢は八月七日や旧暦の七月七日で行われているようです。(ちなみに八月七日の晴れる確率は53%です。)



天空でいちばんえらい神様「天帝(てんてい)」には、「織女(しょくじょ)」という娘がいました。織女は神様たちの着物の布を織る仕事をしており、天の川のほとりで毎日熱心に機(はた)を織っていました。遊びもせず、恋人もいない織女をかわいそうに思った天帝は、天の川の対岸で牛を飼っているまじめな青年「牽牛(けんぎゅう)」を織女に引き合わせ、やがて二人は結婚しました。

結婚してからというもの、二人は毎日遊んで暮らしていました。織女が機を織らなくなったので、神様たちの着物はすりきれてぼろぼろになり、牽牛が牛の世話をしなくなったので、牛はやせ細り、病気になってしまいました。

これに怒った天帝は、二人を天の川の両岸に引き離してしまいました。しかし、二人は悲しみのあまり毎日泣き暮らし、仕事になりません。かわいそうに思った天帝は、二人が毎日まじめに働くなら、年に1度、7月7日の夜に会わせてやると約束しました。



日本では織女のことを「織り姫(おりひめ)」、牽牛のことを「彦星(ひこぼし)」と呼んでいます。織り姫はこと座の1等星・ベガで、彦星はわし座の1等星・アルタイルです。夜空の暗い場所では、2つの星の間に天の川が横たわっているようすを観察することができます。

太陰太陽暦は、明治6年に現在の暦が採用されるよりも前の暦で、現在は公には使われていません。本来の七夕の日というのは、

二十四節気の処暑(しょしょ=太陽黄経が150度になる瞬間)を含む日かそれよりも前で、
処暑に最も近い朔(さく=新月)の瞬間を含む日から数えて7日目が「伝統的七夕」の日です。


2008年  8月07日 木曜日
2009年  8月26日 水曜日
2010年  8月16日 月曜日
2011年  8月06日 土曜日
2012年  8月24日 金曜日


伝統的七夕の日は梅雨明け後で晴天率は高く、月は夜半前には沈み、その後は天の川がくっきりと見えます。あなたも星に願いを託してみませんか?

*七夕は午前1時に願い事をするものらしいので、前日から準備をしておきましょう。

 






只今、新サイト試験運用中です。登録しないと見られないコンテンツもあります。
もちろん、登録は無料です。^^

[ 2008/07/07 21:02 ] いろいろ 日常生活 | TB(0) | CM(5)
ええっ!?
午前一時に願い事ということは、もう手遅れですね(^^;
では8月7日にお願いすることとします。
お互い、8月7日の午前一時に『早く退院できますように』と願わないようにしましょう(爆)
[ 2008/07/07 22:47 ] [ 編集 ]
流れ星は見た事あるけど天の川は見た事ないよ~!
いつも関東は天気悪いのデス(笑)でも今夜はかろうじて星がチラホラ~☆
新サイト…多分、登録するのにPC開かなきゃいけないよね(-.-;)
うぅ゛~
[ 2008/07/07 23:28 ] [ 編集 ]
あゆさん、私は懺悔を繰り返すような日々を送ってませんから大丈夫ですよ。^^
8月7日はサーマージャンボが当たりますようにという、日本で一番多いであろう願い事を書いていると思います。

携帯でもNetFrontなら大丈夫だと思うのですが、PCからが一番無難ですね。一度登録してしまえば後は携帯からでも大丈夫なのは、ほぼ確認済みです。ほぼですけど...
[ 2008/07/08 12:19 ] [ 編集 ]
ちいさな願いごと☆
amylaseさま☆

七夕の願いごとを書いた短冊を
ピアノの生徒さんのところで見ました(^-^)
現代っ子でもかわいらしいことを書くものだなあと思いました☆
流れ星は 信州の山の尾根で見たことがあります☆
「幻日」というものも 信州で見たことがあります☆
大好きなアンドロメダ星雲は230万年前の姿だといいますが、このアンドロメダが 天の川銀河以上の 別銀河だということがわかったのは80年以上前ですから、
人間の人知もスゴイと思う一方、
ロマンがけずられてしまうなあという幻滅も感じたりいたします☆
COBEやWMAPが作った、137億年前の宇宙地図というものを見ますと、ロマンが逆から照射されたような気分にはなりますが、原子や素粒子の単位に還元されてしまう分析の上では
宇宙は 天文学的な数値に置換されるばかりとなって
なんだか夢がなくなるような気もいたします☆

ただ ぼうっと見上げている天体の 由来もよくわからない、という方が なんとなく うれしいような(^-^)

ねこみみ☆

[ 2008/07/08 13:34 ] [ 編集 ]
確かになにも知らない方が感動できることってありますね。
いつまでも純粋な心を失わないようにしたいものですね。^^
[ 2008/07/09 01:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/409-dbd958f8




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。