スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

船上の急性膵炎

膵炎患者になると、他人の腹痛にも敏感に反応するようになるのでしょうか?

バスの中で他人の話しに耳ダンボちゃんになって「えっ、それって急性膵炎じゃネ?」などとワクワク反応をしてしまうようです。

先日も読んでいたブログ?の中にこんなくだりがありました。

 

「ひとりぼっちの船医奮闘録」

 

レジテント時代に船医として2カ月の洋上生活を送られた方の回顧録です


午後の診察を開始するや否や,すぐ患者さんが来られた.先週腹痛で「正露丸はないか」と来られた52歳のチョッサー(chief officer=一等航海士)である.完全回復していたのに,また今日朝食後から上腹部痛が続くと.嘔吐も1回あったようだ.上腹部に強い圧痛があるが反跳痛など腹膜刺激症状はない.前回はブスコパンで軽快した軽い腹痛であったので,今回もまずは軽い胃炎と考え,対症的な内服薬を飲んでもらった.飲んですぐ効くわけはないのだが,15分ほど経っても痛みは変わらず,痛みをとる注射をしてくれと.どうやら今回は本格的な痛みのようである.


えっ?それって

 

チョッサーは普段から真面目一徹という感じの方で,しかもこれまで経験したことのない痛みで,オーバーに痛がっておられる様子ではなかった.つまり,本当に痛いのである.しかも先週に続き2回目である.これは,ただの胃炎ではないと考え,もしかしたらかなり重篤な状態になっているのかもしれないというのが私の直感であった.エコーも血液検査もできない状況では,病歴聴取と自分の診察所見と直感に頼るしかない.

 

おぃ、おぃ

 

私はソセゴン(R)筋注後15分くらいのソセゴン(R)の効果をみにチョッサーの部屋へ行った.すると,まだかなり痛がっておられ,痛みのスケールでいうとまだ8割の痛みが続いているとのこと.半筒ながら,ソセゴン(R)が効かない.

 

キタワァ━━━━━━(n‘∀‘)η━━━━━━ !!!!!

ソセゴン効かない~!!!!

 

再び強い腹痛を訴えられた.さっきの注射をしてくれと.私は今までソセゴン(R)を何筒も連続で使ったことがない.しかし添付文書には極量の記載はなく,3~4時間ごとに反復するよう書いてある.私は総投与量が過度にならないよう,少量頻回静注の作戦に出た.1/3筒を静注し反応をみたら,効くようである.痛みは3~5割程度まで落ち着くようだ.痛みが再発した時点で1/3筒ずつ投与することにした.私も今日1日疲れたせいかウトウトしていたら,静注後1時間ほどして「ドクター!」と叫ばれる.効果が切れてきたようだ.23時半過ぎに再度ソセゴン(R)1/3筒投与.その後,1時間おきに叫ばれる.ソセゴン(R)による軽快と,その効果切れによる痛み再発のくり返しが夜通し続いた.私はこれまで,患者さんとここまで近くで,添い寝状態で一緒にいたことはない.

 

もうね、1時間おきにソセゴンそれでも効かないって...

 

続きが気になる方(笑)は上記リンク先で 


[ 2008/07/02 01:36 ] 膵炎 治療・療養 | TB(0) | CM(7)
間違いないですね(^-^)☆
amylaseさま☆

コレは(^-^)
間違いないですね(^-^)→なぜ、(^-^)なのでしょうか☆
小出しにソセゴンを打っても
なかなか 効かない・・・(^-^)

食後・上腹部痛・嘔吐☆
ひどい時というのは ソセゴンでも7割くらいが上限の感じだからです☆
ピタリですね(^-^)

「船上の膵炎患者」

一瞬、「戦場のピアニスト」かと思いました(^-^)

でも
添い寝をしてあげるなんて 
なんとまあ お優しい・・・(^-^)

耳・大ダンボなねこみみ☆



[ 2008/07/02 11:38 ] [ 編集 ]
ソセゴンソセゴンソセゴンゴン
・・・は未経験の私ですが、ペンタジンは1時間半ほどしか持ちませんでした。
しかし、野戦病院のような話ですね。
[ 2008/07/02 12:28 ] [ 編集 ]
膵炎の痛みは激烈ですからね~。v-12

また、膵炎は重症化すると死亡率が跳ね上がりますから、船上など搬送経路が確立されていないところですと、めちゃめちゃ不安になりますね。

以前、小笠原諸島に遊びに行こうと思ったのですが、病院までの船便が週1便しかないのにビビってやめました。
[ 2008/07/02 18:09 ] [ 編集 ]
某所より続編を待ちに待って、昨夜見れたんだけど、
これが悪いのだけどワクワクしながら見てました。
医師の葛藤がよくわかり、改めてお医者様の大変さを知りました。
しかし最後まで正露丸を欲しがってたチョッサーが可愛い( ´艸`)
[ 2008/07/02 19:22 ] [ 編集 ]
そうですね、患者さんも大変ですが、医師も大変ですね。
とくに今回のような場合は自分の判断に患者の命がかかっていて、誰からもアドバイスを得られない状況ですからプレッシャ-は大変なものがあったと思います。

私もワクワクしてました。(笑)
[ 2008/07/02 19:39 ] [ 編集 ]
う~ん…
旅行好きとしては、まだ軽いうち(?)に、もっといろいろ行っておいた方が良いのか、今、旅行しても何が起こるかわからないので行かない方が良いのか…。
怖くて迷ってるから、どこも行けてないですv-356

食べるものは持ってくとしても、ゼリー飲料や缶飲料は飛行機に大量に持ち込めない可能性あるし。
突然の痛みは怖いし。外国なら説明が難しいし。英語通じない国なら、その国の言葉である程度説明出来なきゃ無理か…。

正露丸を持っていかない航海は後悔するって事ですね…。
(…違うってv-356
[ 2008/07/04 12:48 ] [ 編集 ]
私は英文や仏文の診断書を出してもらって携行しますよ。
あらかじめ泊まるホテルが決まっていた、らそこに話をつけておくことで万一の時は対処してくれます。

でも、正露丸は必須ですけどね。(笑)
[ 2008/07/07 21:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/404-db20e4be




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。