スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

慢性膵炎の名医、特効薬

慢性膵炎、患者数の少なさからなのか薬の種類も治療方法も限られています。
難治性が極めて高いのですから、名医も特効薬も存在するわけがありません。
出来る限り、進行を遅らせること、痛みを緩和することを最優先に考えています。

私の場合、現在の病院に満足している点はいくつかあります。

・色々な検査、治療薬を試してくれる。痛み止めは痛みを抑えるだけ病状が悪化しているサインを隠してしまうので功罪併せ持ちますが、疼痛時に合った薬があると思うだけで精神的に楽です。
・負担の少ない薬、検査から段階を踏んでくれる。(私が嫌な検査から逃げてると言うこともあります(^.^)
・検査の値と同じくらい自覚症状を重視してくれる。今時、尿アミラーゼや血中アミラーゼが高いだけで膵炎と判断されて腎不全を見落とされた患者さんや、機器が古いのか技師の腕が悪いのかMRCPを飛ばしてERCPを受けさされて膵炎になって逃げるように転院してきた患者さん、自覚症状がひどいのにERCP受けなきゃフォイパンさえ処方してくれない病院でみすみす増悪化して運ばれてきた患者さんの話を聞いてると、自覚症状も大事だなぁと思います。

他にも良い点、不満な点、いろいろありますが、精神的にイラつかずに治療を受けられているので良しとしています。


[ 2007/10/06 00:22 ] いろいろ 日常生活 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/40-a5cf7044




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。