スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

血液検査 肝臓 1

肝臓・胆嚢・膵臓は三人でグループを作るほど仲良しです。

膵炎・膵癌で手術を受けるときでも、肝臓が持たなければ受ける事が出来ません。

膵臓に続いて、肝臓の血液検査の読み方FAQ

肝機能検査はなぜこんなに種類が多いのか?

 俗に「肝機能」検査と呼ばれている検査項目は多いが、本当に肝臓の「機能」を見ている検査は実は一部に過ぎありません。日常よく使用される「肝機能」検査は、おおまかに下の4つのグループです。

1.肝細胞の現在の障害や壊死をみるもの


GOTGPT、LDHなど。

2.肝細胞の機能(肝予備能)をみるもの


 壊れずに機能している肝細胞の量を反映するもの

 i.物質合成能の検査

 PT、アルブミン、コリンエステラーゼ、  コレステロールなど。

 ii.解毒・排泄機能の検査

 ICG試験、アンモニアなど。

3.慢性の炎症をみるもの


 γグロブリン、ZTTなど。(肝に特異的な検査ではない)

 B.胆道系の検査として、

4.黄疸や胆道閉塞をみるもの


 ビリルビン、γGTP、ALP、LAPなど。

肝細胞の障害の見方は?


 各組識の細胞が障害を受けて細胞膜の透過性が高まったり、細胞が死んで崩壊すると、細胞内の酵素が漏れて(逸脱して)血液中に出現します。これを逸脱酵素と呼び、組織障害のマーカーとして用います。
 日常測定される逸脱酵素の種類は多いが、その感度から、肝疾患にはGOTGPT、血液疾患(および組織障害一般)にはLDH、筋疾患にはCKが用いられます。
 GOTGPTは肝機能検査の代名詞ともいえる逸脱酵素ですが、酵素の種類でいえば、アミノ基転移酵素、トランスアミナーゼとなります。(なお、国際的にはGOTをAST、GPTをALTと呼ぶのが一般的です。)GOTGPTは、肝疾患では、ほぼ平行して動き、健常者ではいずれも2、30以下です。
 GOTGPTは現在の肝細胞の変性・壊死の検査であり、肝の機能とは直接関係ないのに注意しなければなりません。たとえば、GOTが200でアルブミンが4.0の慢性肝炎と、GOTが100でアルブミンが2.5の肝硬変とでは、肝硬変の方が肝機能は低下していると判断されます。

GOT・GPTの高い病気?


 GOT・GPTが1000を越えるのは、ほとんどが急性肝炎です。急性肝炎でGOT・GPTが2000を越えると重症型と考えられ、慎重に観察していく必要があります。急性肝炎以外では、慢性肝炎の急性増悪(ほとんどがHB、HCではあまり高値になりません)やアルコール性肝障害でも1000を超える場合があります。また、肝疾患以外でも、ショックや胆石嵌頓等で一過性の著高値が見られます。
 それ以外のGOT・GPTの上昇を特徴とする疾患では、ほとんどが500以下の上昇にとどまり、高さだけからは鑑別が困難です。

GOT・GPTが100ぐらいなら?


 肝臓の実質細胞がどのくらいあるのか(正常なのか肝硬変劇症肝炎で減少してしまっているのか)、細胞の壊死により逸脱しているのか変性で逸脱しているのか、等により、同じトランスアミナーゼ値でも意味が変わってくるので、いちがいには言えません。(肝細胞数は2500億から3000億ぐらいあり、肝細胞が1000ぐらい壊れると血清GOT・GPTが健常時の倍になるとの推測があります。これから外挿すれば、肝臓の全細胞の一億分の一前後が壊れることに相当すると想像されますが...)
 慢性肝炎ではGOT・GPTが100未満を維持しているなら落ちついている、すなわち肝硬変への移行の危険が低いと判定されます。

GOT・GPTはいつもペアなのですか?


 複数の逸脱酵素を組み合わせて測ることにより、病態をさらに細かく判別することが可能になります。解釈のポイントは三点。

1.GPTはGOTより肝特異性が高い


GOT・GPTは全身の細胞に含まれており、真に肝に特異的なものではありません。しかし、GPTはGOTと比較すると肝に特異的で、他臓器には、腎にも肝の三分の一くらい存在するのを除けば、少ありません。

2.GPTの方が肝細胞から漏れやすく血中に残りやすい


GPTは肝の細胞質内に存在しているので、軽度の肝障害で肝細胞膜の透過性が高まっただけでも血中に簡単に逸脱します。それに対し、GOTは主にミトコンドリア内に存在するので、より重い肝障害で逸脱する傾向があります。また、GPTの方が血中での半減期が長い(GOT:11~13時間、GPT:31時間)。

3.肝細胞中の絶対量はGOTの方が多い


 日常、よく見かける慢性肝炎脂肪肝では、検査値はGPT>GOTになるのが普通です(GPTの方が血中に漏れやすく血中に長期間残存します)。

 逆にGOT>GPTになるのは下記の場合です。

A.急性肝炎の初期


肝細胞壊死が強い間は、細胞内の絶対量が多いGOTが優位になります。しかし落ち着いてくると(細胞崩壊が減少すると)、半減期の長いGPTが優位になってきます。

B.肝硬変


肝の荒廃が進むと肝細胞のGPTが減少して相対的にGOTが多くなります。慢性肝疾患でGOT>GPTなら肝硬変への移行の可能性を考えなければなりません。

C.アルコール性肝障害


アルコールがミトコンドリアに対する毒素として作用するためか、GOTが上昇しやすい傾向があります。

 GOTが正常でGPTのみ上昇している例を見たら、まず肝疾患(脂肪肝か非活動期の慢性肝炎)と考えて間違いません。

 逆にGPTが正常でGOTのみ上昇している場合は、肝硬変(炎症が比較的落ちついているもの)やアルコール性肝障害を除けば、肝疾患以外の原因で異常値が出現している可能性が高いです。特に溶血(採血手技不良による溶血も含む)は必ず検討しなければなりません。

肝臓が悪くないのにGOT・GPTがあがる?


筋疾患


筋疾患(心筋梗塞も含む)でもトランスアミナーゼが上昇するが、GOT優位であり、また筋特異性の高いクレアチンキナーゼ(CK)が著しく上昇していることで鑑別できます。

溶血


溶血性疾患や採血手技の不良で赤血球が壊れると、赤血球中のGOTやLDHが逸脱して高値となります。GPTはあまり上昇しありません。

胆石嵌頓


胆石による胆道閉塞に関連したGOT・GPTの上昇は、しばしば肝炎と誤診されます。閉塞直後に測定するとGOT・GPTが1000を超えていることさえあり、急性肝炎と紛らわしいです。しかしこれは急激な胆道内圧上昇で肝細胞から一過性に逸脱したものに過ぎず、しばらく経過を見ると、GOT・GPTは急速に落ち着いていき胆道系酵素が優位になります。

ショック


急性循環不全ではGOT・GPT・LDHの著しい増加(2、3千に達します)を見ることがあります。ショックが改善すると逸脱酵素は急速に低下していく。

その他


上記以外にも、重症膵炎進行癌甲状腺機能低下症(粘液水腫)など、さまざまな病態でトランスアミナーゼが上昇します。肝疾患以外では、一般に、GPTに比し、GOT、LDHが優位になります。

GOT・GPTが正常なら肝臓は問題ない?


 たいていの場合はそう思っていいのですが、肝硬変でも肝臓の炎症が比較的落ち着いていれば、GOT・GPTが正常の場合もみられます(肝実質細胞が減ってしまっていると、肝細胞から逸脱してくる酵素の絶対量が減るので血中レベルもあまり上昇しません)。 肝臓が真に問題ないと判定するには、アルブミンなどの肝予備能検査・血小板数(肝のトロンボポイエチン産生を反映)・肝のエコー像なども参考にしなければなりません。

[ 2008/06/07 00:20 ] いろいろ 趣味 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/374-4eafe0de




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。