スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膵の生化学検査 付

ここまで読んでくださった方のために付録です。(笑)

膵炎と言うからには、炎症です。炎症の読み方を記します。

具体的な数字に関しては、以前の記事を読んでください。

白血球数の読み方

白血球数は生理的変動が大きいが、健常人では4000~9000/μLの間にはいることが多いです。しかし、個人差も大きく、無症状の人では3000~一万の間なら病的とは決め付けられません。特に喫煙者は高めになります。 ポイントは、前回値との比較、および、炎症マーカー(赤沈・CRP)との対比である。

白血球増加

感染症(特に急性・細菌性)、炎症(心筋梗塞など組織破壊性病変も含む)が原因の代表です。もっともチフス、ウイルス感染などあまり増加が見られない感染症もあるし、非常に重篤な感染症では逆に減少することもあります(白血球が血中から組織に動員されてしまうため)。 その他、悪性腫瘍の一部、ステロイドホルモン投与後、出血後など、さまざまな原因で白血球が増加します。 一万/μLが白血球増加の目安にされることが多いが、絶対値にとらわれてはなりません。ふだんの白血球数が少な目の人では、平常の倍以上に増加していたら、有意の炎症の存在を疑わなければなりません。

白血球減少

軽度の減少は肝硬変、膠原病などでよくみられます。 2000/μLを割るような著明な減少は、骨髄障害(抗癌剤、放射線、薬物アレルギー、血液疾患など)が疑われます。特に、薬剤は必ずチェックしなければなりません。 これも前回値との比較が重要で、たとえ基準範囲内であってもあきらかな理由なく白血球が前回値より減少していたら、薬剤の副作用も含め、注意深く観察していく必要があります。

炎症の有無の判断

炎症がおこると、好中球が血中に動員されたり、急性期蛋白と呼ばれる一群の蛋白が合成されるなど、さまざまな変化が生体に起こる。それをとらえる検査の代表がCRPと赤血球沈降速度(赤沈)です。

CRP(C反応性蛋白)

急性期蛋白の一つで炎症反応の鋭敏なマーカーです。炎症性の刺激が起こって2、3時間以内に急激に上昇し、その程度は組織障害の強さを反映します。
感染、外傷、腫瘍その他、各種の炎症で上昇するが、特に細菌感染では上昇しやすく、重いものは20mg/dLをこえることもあります。ウイルスではせいぜい10mg/dLまでが普通で、真菌感染でも上昇が悪いといわれます。
器質疾患ないし重篤な疾患の存在の有無、経過の非常に優れた指標です。たとえば、腹痛が出現して12時間以上たってCRP陰性なら、まず腹膜炎を疑っての緊急手術は不要と判断されます。また、微熱があっても血沈・CRP正常なら、まず心配ありません。

赤血球沈降速度(赤沈)

血漿中の赤血球は負電荷を帯びて反発しあっているので、なかなか沈降してこありません。ところが、炎症のために血漿中にグロブリン、フィブリノーゲンなどが増加してくると、蛋白が赤血球の表面の荷電を打ち消すため、赤血球同士が凝集して沈降しやすくなります。これが赤沈の原理です。

赤沈は、炎症時の動きがCRPより遅く、特異性にも乏しいが、スクリーニングとしては、感染症・膠原病・悪性腫瘍等、さまざまな疾患を広くひっかけることができるので、広く利用されています。

赤沈はあらゆる種類の急性・慢性炎症で亢進するが、免疫グロブリン増加(肝硬変、骨髄腫など)、アルブミン減少(ネフローゼ症候群)、貧血によっても亢進するので、亢進するからといって炎症があるとは限りません。また、妊婦や高齢者でも亢進傾向がみられます。

赤沈はもっぱら亢進が問題になるが、炎症や貧血の程度に比し遅延する場合は、DICのためフィブリノーゲンが消費されて低下している可能性があり、要注意です。

なお、「血沈」(血液沈降速度)といっても誤りではありませんが、赤血球沈降速度(赤沈)が標準の用語ということになっています。

ついでに、気になるCA19-9にも触れておきます

どんな物質か

CA19-9測定試薬は2→3シアリルルイスAと呼ばれる糖鎖構造を認識するが、これは単一の物質を意味しているのではなく、さまざまな分子上に抗原基として発現しているものです。
 健常人の膵・胆の上皮細胞の表面に見られ、他、気管支、唾液腺、前立腺、大腸にもまばらに存在しています。

どんな癌で上昇するか

膵癌で高率に上昇し高値をとるが、早期診断に使用できるほどの感度・特異性はありません。胆道系の癌、消化管癌でもよく上昇がみられます。ただし、消化器癌に特異的なものではなく、卵巣腫瘍でも高率に陽性になります。

偽陽性

膵・胆道の閉塞を伴う良性疾患で偽陽性があり、カットオフ値の数十倍レベルの著明な上昇が見られます。また、良性の慢性呼吸器疾患でもときに著高値が見られます。
 その他、慢性肝炎・肝硬変、糖尿病、甲状腺機能低下症でも軽度上昇することがあります。

その他

キット間差が非常に大きい検査です。また、ルイス血液型に影響され、日本人の4~10%のルイス陰性者ではCA19-9は合成できないので常に陰性です。

[ 2008/06/06 11:53 ] 膵炎 治療・療養 | TB(0) | CM(4)
お疲れ様
文字数は数えてないけど、大作アップお疲れ様でした。
白血球減少は経験ありで、単なる貧血かと思っていたけど、どうやら薬剤アレルギーだったようです。
白血球も普段の自分の基準値を覚えておかなくてはいけませんね。
[ 2008/06/06 14:22 ] [ 編集 ]
THANKS
きっと最後まで読んでくれたのは、あゆさんだけだと思います。(●^o^●)
入院中に訪問してくださってる人がいたら退屈しのぎに自分の検査表見ながら読んでくださってるかも知れませんね。
[ 2008/06/06 23:42 ] [ 編集 ]
私も?は? 白血球が普段から少なめ。。。
なので、炎症が起こっても、正常値の範囲内で終わることが殆ど。。
アミラーゼが3000くらいあっても、WBCは8000とか。。。。
これでも、普段の倍はあるんで~
って、ちゃんと、コレを知ってくれているDr.ならいいけど~
知らないDr.だと。。恐ろしや~

因みに。。CRPも。。。僅かしか上がりません。
あんな激痛で。。2??って感じ~

主治医はいつも不思議がってますが。。。
最後には。。。「めっしーさんの体は、何でも有り」だそうで。。(爆

普通の人と違うってよく言われ。。。。(汗
[ 2008/06/09 23:06 ] [ 編集 ]
膵臓はそもそも形や大きさも人それぞれ、膵管もそうだし、副膵管も3割くらいの人は未発達だったり、合流形成も異常だと思ったらそれはそれで理にかなっていたり、長さも人それぞれ。
大事なのは何がその患者にとって正常なのかだそうです。

CRPや白血球にしても、これは絶対値よりも普段の数値との比較が大事だといつものたまわおっしゃっています。

膵臓病、特に膵炎を診ている医師は自然と重症急性膵炎からDIC、敗血症、多臓器不全も診る事が多くなるのですが、そこでも絶対値を基準に治療すると痛い目に合うそうです。

ドクターショッピングを繰り返すような人でも、一つは定期的に自分の身体のデータを持っているところを確保しておくべきでしょうね。
[ 2008/06/09 23:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/372-50c2c8c6




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。