スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

コレシストキニン

膵炎は膵液による自己消化による炎症だというのは、皆さんご存知だとお思います。

脂質制限などで膵液の分泌亢進を抑えるのはそのためです。

ところで、この膵液分泌亢進をつかさどる消化管ホルモンがあります。

代表的なのは、

コレシストキニン(CCK)

「コレ」とは胆汁のこと、「シスト」とは嚢のこと、「キニン」とは動かすこと、であるから、「コレシストキニン」は胆嚢を収縮させるという意味です。
CCKは十二指腸や上部小腸に存在するM細胞から分泌されます。
食物に含まれる脂肪やアミノ酸の刺激によって分泌が促進します。
分泌されたCCKは胆嚢を収縮させ、胆汁を十二指腸に分泌させます。
また、膵臓の腺房細胞にも働いて消化酵素の分泌を促進することから、
パンクレオザイミン(PZ)とも呼ばれます。
「パンクレオ」は膵臓(パンクレアス)、「ザイミン」は酵素(エンザイム)の意味です。最初は別のホルモンだと思われていましたが、後に同じホルモンだとわかって、今ではコレシストキニン-パンクレオザイミン(CCK-PZ)と呼ばれることもあります。

セクレチン

十二指腸や上部小腸に存在するS細胞から分泌されます。
酸性の胃液が十二指腸に入ってくることが刺激になって分泌が促進します。
(この胃酸の分泌を抑えるためにH2ブロッカーやPPIが処方されます)
分泌されたセクレチンは膵臓の腺房中心細胞に働いて、
重炭酸イオンの分泌を促進して胃液を中和します。
また、胃にも働いて胃液の分泌を抑制します。

どちらもアミノ酸がつながってできているペプチドホルモンです。
膵液分泌の亢進は、膵臓の腺房からの消化酵素の分泌と、
介在部からの重炭酸塩の分泌に区別されます。
セクレチンの分泌は介在部からの重炭酸塩の分泌を刺激し、
胃酸の中和、という意味を持ちます。
コレシストキニンは主に腺房に働いて、消化酵素の分泌促進に働きます。

この他、膵臓に関係する消化ホルモンに

ソマトスタチン

14個のアミノ酸からなるソマトスタチン14と、
28個のアミノ酸からなるソマトスタチン28があります。
ランゲルハンス島D細胞や消化管粘膜に含まれ、
ガストリン、セクレチン、インスリン、グルカゴンの分泌を抑制します。

ソマトスタチン誘導体投与で外科的治療を行わずに、仮性嚢胞を消失させた例が、日本消化器病学会雑誌に「ソマトスタチン誘導体が奏効し,保存的に治療し得た縦隔内すい仮性嚢胞の1例」として載っていました。

すい仮性嚢胞は,急性すい炎や慢性すい炎の合併症として,しばしば経験する.しかし,縦隔内すい仮性嚢胞はまれで,我々の検索しえた範囲では,本邦報告例は21例である.また,その治療は,大多数が嚢胞摘出術や嚢胞ドレナージ術などの外科的治療を受けている.今回,我々は抗酵素療法に抵抗性を示す縦隔内すい仮性嚢胞合併すい炎に対しソマトスタチン誘導体投与が奏効し,保存的に嚢胞の消失を認めた症例を経験したので文献的考察を加えて報告する. (著者抄録)

[ 2008/04/09 00:32 ] 膵炎 薬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/325-9a72c977




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。