スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ジェネリック薬

膵炎患者にとって医療費は大きな問題です。少し、ジェネリック薬について。
ジェネリック薬が「ゾロ」と呼ばれるのは、特許が切れた瞬間にゾロゾロと出てくるからだそうです。(豆)
第106回中央社会保険医療協議会総会資料によると、「後発医薬品変更可」にチェックを入れる入れないは診療科によって大きく違っていたようです。
この4月の改定で「後発医薬品変更不可」にチェックが入ってない限り、患者側の意向で処方されるようになりました。

一番多いのが内科の86%で、次いで整形外科の34%でした。
他の診療科は20%以下で産婦人科、小児科はそれぞれ4%、7%でした。

アンケート結果の抜粋は以下のとおりです。

◆ 品質問題あり 53.8% vs なし 46.2%
 ・ 剤型の問題(破損変色、非溶解)、溶解度・安定性、包装不良、ごみ混入、味覚の問題

◆ 効果に問題あり 68.8% vs なし 31.2%
 ・後発品目個別指定(106回答中55):特定の問題薬剤の存在示唆、効果のなさを医師側実感(106回答中25)、患者側指摘(106回答中22)

◆ 副作用に問題あり 44.8% vs なし 55.2%
 ・ 後発品目個別指定(47回答中30)

◆ 安定供給に問題あり 68.5% vs なし 31.5%
 ・ 後発品一般の問題(採算性の問題ですぐ製造中止になる、発注から納品まで時間がかかる、在庫がない、小包装がない)

◆ 情報提供に問題があり 81.9% vs なし 18.1%
 ・ 後発品一般の問題(MRの訪問自体がない、勉強不足・情報不足)
 ・ 「先発メーカーに聞いて欲しい」など情報が先発メーカー頼み
 ・ 個別銘柄問題(104件中5件)

これだけジェネリック薬が危ぶまれている原因の一つは情報開示がされていない点です。

原産国・原材料生産地の表示など食料品では当たり前のことが薬剤ではわざと開示されていません。理由はおそらく皆様のお考えのとおりだと思います。

中国の医薬・保健関連輸出は近年成長しており、2007年の貿易総額は386億ドル、うち対外輸出は245・9億ドル(前年比25%増)。中国はすでに世界最大の医薬原料・原薬輸出国なのだそうだ。日本で使われているジェネリック薬も、原料、原薬の部分で中国産が少なくないのではないでしょうか?

中国産原料を使って製造した米バクスター・インターナショナル社の血液抗凝固剤(ヘパリンナトリウム)の使用で、患者350人以上に重篤な副作用がでて、4人が死亡した、という報道があったのは記憶に新しいところです。

中国国内でも上海医薬集団華聯製薬工場の白血病治療薬薬害事件で、医薬品製造低コスト化が背景だったことが明らかになっている。69年の歴史ある国有企業の工場で、汚染物質が混入した薬がつくられ、最小5歳の子供を含む少なくとも193人が身体マヒなどの後遺症に苦しむ結果となったものです。重篤な副作用がつぎつぎと発覚して、国家食品医薬監督管理局は昨年7月7日、同企業の薬の使用一時禁止を通知した。その後、上海に3度おもむき、調査を開始。しかし、ちょうど、華聯側の責任者は人事異動したばかりで、誰にきいても「原因はわからない」というばかり。また上海医薬集団は独自検査をおこない、「品質に異常はない」と何度も発表、消費者に安心するよう呼びかけた。上海医薬監督管理局は、8月2日、被害を起こした製造日のメソトレキセート以外の同企業の抗がん剤を医療現場で使うことを許可してしまった。このことがさらに被害者を増やすことになってしまいました。

世界は製造コストが安い、という理由で、そういう中国の製造業に、日常生活で必要なあらゆるものを頼っている。とりわけ人々の健康の源となる食品、医薬品の製造を、拝金主義の自己中の国の手にゆだねているわけですが。医師も患者に処方するとなると、冷静に考えて、これでいいのか、と思うようです。

[ 2008/04/06 17:13 ] 膵炎 薬 | TB(0) | CM(9)
恐い
貴重な情報ありがとうございます。
ジェネリック薬は恐いんですね。
私は今はフォイバンにして良かった。
でも以前はジェネリック薬を使っていたんですが…
今後もフォイバンに決めましたわ。
[ 2008/04/06 22:50 ] [ 編集 ]
今週からフォイパンを常用するように指示を受けました。
その時に主治医がジェネリックにするか、どうか悩んでいましたが結局、効果が出ないと…とゆう事でフォイパン。
amylaseさんの記事読んでジェネリックにされなくてよかったー!
[ 2008/04/07 01:07 ] [ 編集 ]
変えてもらいます!(大汗☆)
amylaseさま☆

ここここ、コワイです・・・(恐☆)
ね、ねこみみも 変えたいです☆
いま 服用している5種類のなかで唯一
カモステートだけがジェネリックなのですが、
これは薬価14円
フオイパンは 113円
これほど差があるとは把握していませんでしたが、
検索してびっくり☆
これは かなりの後発品が出ていますね!
ヒョヒョヒョ・・・
どないしよう(^^;)

南無阿弥陀仏・・・☆
変えてもらわなくては!!
貴重な情報を ありがとうございました!(^-^)
















[ 2008/04/07 05:46 ] [ 編集 ]
簡単に表現するとコシヒカリもササニシキも「米」
タイ米もカルフォルニア米も「米」
という感じで製造しているそうです。

これには『中国国民の国民性によるとことろが大ききと思われます。』

本日の処方箋には「後発品への変更不可のばあいには医師の署名」の欄ができていました。


病院の領収書にも

投薬のところにフサン10mg・・・、ソリタT-3500mg・・・
と使った明細がでていました。病院内の処置は明細の積み上げしぎになってういるようです。
ちなみに、基本診察料70点。生化学検査682点でした。
[ 2008/04/07 15:15 ] [ 編集 ]
ジェネリック
ここまで具体的じゃないけど、知り合いの薬剤師さんからジェネリック薬の信頼度の低さを聞いて
どんなに高くてもフオイパンは我慢して使おう、と思ってました
しかし、ジェネリックに中国の可能性があったとは!
知ってしまうと怖いです
[ 2008/04/07 19:37 ] [ 編集 ]
WEBで原産国表示するくらい簡単な事なのですが、やるとまずい理由があるのでしょうね。
[ 2008/04/08 20:38 ] [ 編集 ]
私は医療費を抑えるために、後発品でお願いしますっと先生にお願いしたところ、薬が溶けずに便と一緒に出てきたという報告ありますが、それでもよろしいですか?と言われてしまいました。先発品は開発に500億円かかっています。それをただ単にコピーのジェネリック。審査はないそうです。指定の紙を提出するだけだそうです・・・(-_-;)でも、医療費が・・・慢性膵炎って金のかかる病気です。公費全額負担とは言わないまでも、1割りぐらいの助成制度はないものでしょうかね。ため息だけがでてきます。。。アメリカでは半数以上の人はジェネリックらしいですが。。。
[ 2008/04/13 21:33 ] [ 編集 ]
4月から処方箋の後発薬の欄が

「後発薬可の場合は医師が署名」から
「後発薬不可の場合は医師が署名」と変わっており
患者が薬局で選べるようになっていますね。

いろいろな薬に後発薬が出ていますから、薬ごとに試してみるのもよいかもしれません。面倒くさいですが(汗

フォイパン・PPI・H2ブロッカーと高い薬が処方される膵炎ですから薬代は大きな負担になりますよね。

先発薬が時間が経てば安くるか、後発薬の効能・効果・副作用についてもっと安心して使えるレベルになればよいですね。
[ 2008/04/13 21:43 ] [ 編集 ]
私の場合、オメプラールがオメプラゾールへの変更は大丈夫です。フォイパンからカモルテートはちょっと???フォイパン自体効いていないと思うので、今度、Drに聞いて見るつもりですが、膵酵素が異常値を示す異常、取り消しにはならにでしょう(-_-;)慢性膵炎の初期は胃薬が一番!!素人の私でも論文が書けます(笑)
慢性膵炎について、医療費を控除してくれる地域探しています。どなかたかわかる人、教えて下さい。お願いします。
[ 2008/04/13 22:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/322-c62d7247




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。