スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

痛み止め ヤク

さて、痛み止めの王様といえば、やはりモルヒネです。

モルヒネは痛みを止める効果が最も強いお薬で、大変古くから使われており、現在でも痛みの治療になくてはならないものです。ただし、処方できる病院は限られていますし、入院治療中のみの処方といった薬もあります。

モルヒネにはNSAIDs系やコデイン系と違って胃腸障害という副作用がありません。また、、使える量に限度がありません。

1)モルヒネの粉薬・水薬、塩酸モルヒネ錠

モルヒネの粉薬と塩酸モルヒネ錠は痛みの治療に古くから使われてきたお薬です。
効果の持続時間が約4時間と比較的短いため、粉薬や水薬、塩酸モルヒネ錠だけで痛みのコントロールをしている方が痛みのない状態を保つには、1日にお薬を5~6回飲む必要があります。

2)MSコンチン錠

MSコンチン錠は普通の錠剤のように見えますが、スポンジのような編み目の中にモルヒネが詰まった仕組みになっており、水分を吸収するとモルヒネがゆっくり溶け出すように、特別な工夫を凝らした錠剤です。

そのため、飲んでから吸収されて効いてくるまでに1~1.5時間ほど時間がかかります。また、効果の持続時間は約8~12時間といわれているため、1日2回12時間ごと、もしくは1日3回8時間ごとというように時間を決めて飲むことで痛みのない状態を保つようにします。

3)カディアンカプセル、カディアンスティック

カディアンにはカプセルとスティックの2つのタイプがあります。どちらも中には直径が1.0~1.7mm程度の小さな粒がたくさん入っていて、それぞれの粒からモルヒネが非常にゆっくり溶け出すような仕組みになっています。

4)モルペス細粒

モルペス細粒は普通の粉薬のように見えますが、1粒1粒がMSコンチン錠と同じスポンジのような編み目の中にモルヒネが詰まった仕組みになっており、水分を吸収するとモルヒネがゆっくり溶け出すように、特別な工夫を凝らした粉薬です。
モルペス細粒は、MSコンチン錠と同じように、効果の持続時間は約8~12時間といわれていますので、1日2回12時間ごと、もしくは1日3回8時間ごとというように時間を決めて飲むことで痛みのない状態を保つようにします。

5)MSツワイスロンカプセル

MSツワイスロンカプセルは、効果が8~12時間持続するといわれていますので、1日2回12時間毎もしくは1日3回8時間毎に時間を決めてのむことで痛みのない状態を保つようにします。

6)ピーガード錠

ピーガード錠は水に溶けない殻でモルヒネをコーティングしたお薬ですが、殻には水に溶ける成分でできた通路がたくさんあります。お薬をのむと、水に溶けてできた通路から少しずつモルヒネが溶け出すことにより効き目が長く続く仕組みになっています。

7)アンペック坐剤


アンペック坐剤は、1回に何個かをおしりに入れることができます。さらに、下の図のように、清潔なカッターナイフなどで坐剤を斜めに半分に切って使用することもできるため、患者さんの痛みの程度に合わせて細かい量の調節が可能です。

8)塩酸モルヒネ注射液

効き目が切れて痛くならないように、お薬を24時間の間ゆっくり少しずつ入れて、体の中のモルヒネの量を一定に保つ方法が一般的です。

痛みの治療でモルヒネを使用した場合に、比較的あらわれやすく問題になる副作用は吐き気、眠気、便秘の3つです。


1.吐き気

吐き気は、すべての人が経験するわけではなく、3割くらいの人にあらわれるようです。

2.眠気

眠気も、すべての人が経験するわけではなく、3割くらいの人にあらわれるようです。

3.便秘

便秘だけはモルヒネを使うほとんどの人にあらわれ、モルヒネを使う限り続いてしまいます。

[ 2008/04/06 15:44 ] 膵炎 薬 | TB(0) | CM(3)
勉強になりやした。。。
MSコンチンについて。。
>MSコンチン錠は普通の錠剤のように見えますが、スポンジのような編み目の中にモルヒネが詰まった仕組みになっており、水分を吸収するとモルヒネがゆっくり溶け出すように、特別な工夫を凝らした錠剤です。

知らなかったので、なるほど~と思いました。
でも。。。。
あの。。着色料のすごさ。。。。

麻薬だぞ~って主張してるんでしょうけど。。。
あの色。。何とかならないんですかね。。。


塩モヒも、オプソも。。。。
すご~く苦いッス(涙

もう少し、飲みやすく。。。って思うのは私だけでしょうか??
[ 2008/04/08 00:14 ] [ 編集 ]
オプソは飲んだ事がありませんが、塩モヒは苦いですね。
あまり経口投与というケースが考えられてないのかもしれません。

コンチンの色もどぎついですよね。あれならビビッて子供が間違って飲む事もないでしょう。(笑)
[ 2008/04/08 20:18 ] [ 編集 ]
たしかに。。
めし子も。。。コンチンの色を見て~
点になってましたわ(爆

塩モヒ。。。
入院中にPCAを取る為に~飲んでたんですが。。。
オプソに負けないほど、苦いっす。。。

「良薬口に苦し。。。」
って、良薬かどうかは。。。(謎
[ 2008/04/13 10:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/320-5b74421a




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。