スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

急性膵炎から慢性膵炎、そして膵臓がんへ

さすがに3回目になると看護師さんも栄養士さんも話すことが無いので、急性膵炎から慢性膵炎、そして膵臓がんへと言う。怖いお話でビビらされました。

肝炎→肝硬変→肝臓癌

胃炎→胃潰瘍→胃癌

という患者さんが少なくないのと同様に

急性膵炎→慢性膵炎→膵臓癌

という可能性を十分に考えて無理・無茶・無駄のない生活を送るようにとのことでした。

厄介なのは膵炎は他の臓器を侵食しながら重症化していき、膵臓癌が「21世紀に残された最後の難治療癌」と言われているように、その救命率が非常に低いことだそうです。

慢性膵炎だった知り合いがいましたので、次の機会に書いてみたいと思います。




[ 2007/10/04 17:40 ] いろいろ 日常生活 | TB(0) | CM(4)
こんにちは
こんにちはではなくこんばんはですかね。初めてコメントします。私も急性から慢性になり5年目ですが、医師からは膵臓がんに危険をいつも言われていますり。それは腫腫の数値が度々あがるからだということらしいです。膵臓ガンの恐さは私も重々知っていますが、こればっかりは運命?みたいな気がして自分ではどうしようにもない?と思っています。でもお互いに気おつけましょう。
[ 2007/10/04 18:18 ] [ 編集 ]
こんばんわ、コメントありがとうございます。

慢性化の状態を調べるのに1週間後にMRCPを受けることになりました。
その後も2週間に1度の通院予定です。現状より増悪しないように気をつけて生活しなければいけないとは思いますが、なかなかやっかいです。
どんなに気をつけても膵臓自体が自己回復する臓器ではないので現状維持をめざしてがんばりましょう。
[ 2007/10/04 21:39 ] [ 編集 ]
検査はきつい?
先ほどコメントしたhiroです。実は私も明日は造影CTです。そして来週は大腸カメラです。最近、検査が続きます。困ったものです。検査も解かるが、この膵臓の鈍痛より少し痛みがひどい。これをどうにかしてほしいものです。ソセゴンを飲むしかないのかな。半分は諦めです。確かに回復は望めないとは解かっているのですがね。私の場合は外来点滴は主治医が恐がってしてくれません。過去に点滴CTをした時にアレルギー反応が出たからでしょう。私は慢性膵炎の他に喘息、糖尿も有るので簡単にはいかない身体のようです。MRCPやERCPも 何度かしました。膵管、胆管の検査ですか?私は膵臓に石があり石灰化も有り、胆石も有ります。病気のオンパレードです。なんだか医師の実験台になっているような昨今です。おやすみなさい。
[ 2007/10/04 23:24 ] [ 編集 ]
内視鏡は嫌です(-_-;)
私の場合、嘔吐反応が強いので内視鏡系の検査はとてもつらいです。MRCPは膵管異状を調べるためにします。
私の場合、外来はブドウ糖にFOY200mgの点滴治療です。疼痛時はソセゴン15mg(強いときは30mg)をショットで打つか、ペチジン50mgの静注です。ふだんはソセゴン錠25mgを飲むのですが、これで我慢していると重症化が進んでもわからない危険があるので、出来るだけ避けています。
私の場合アレルギーはないのですが、点滴の繰り返しで静脈炎を起こしてしまうため、ステロイドと局所麻酔を筋注しています。
今日は5分粥と、看護師さん特製味付けの(いわくミックスジュース味)エレンタールでした。あと少しで歯ごたえのあるものが食べられます。

[ 2007/10/05 00:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/32-4344bbd0




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。