スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

痛み止め NSAIDs

アンケートでも多くのお答えを集めたように、膵炎の痛みは相当なつらさがあります。少し、痛み止めについて記事にしたいと思います。

200804s.gif


まずは、どこの病院でも第一選択として、NSAIDsが選ばれると思います。

ボルタレン・ロキソニン・バファリン・アスピリン・ロピオンなどが有名です。

歯の痛みや頭痛などにもよく使われるもので、痛みを止めるだけでなく、炎症やはれなどを和らげたり、熱を下げる作用もあるお薬です。よく知られているお薬としてアスピリンがあり、病院で使われるだけでなく、街の薬局でも売られているものもあります。

この薬には胃腸障害という副作用がありますが、食後に飲んだり別のお薬を一緒に使うことで最小限に抑えられます。ただし、第1段階のお薬には使える量に限度があり、限度を超えて使うと、痛みを止める効果はそのままで、副作用ばかりが強くなってしまいます。

NSAIDs(エヌセズ:Non-Steroidal Anti-Inflammatory Drugs) は、抗炎症作用、鎮痛作用、解熱作用を有する薬剤の総称です。

サリチル酸系
アスピリンバファリンが含まれる。不可逆的な血小板抑制作用がある。アスピリン特有の合併症にはアスピリン喘息とライ症侯群がある。喘息患者の10%にアスピリン過敏性があり、アスピリン過敏性がある患者は他のNSAIDにも過敏である。

プロピオン酸系
静注可能なロピオンや強力な鎮痛作用を持つロキソニンがこれに含まれる。強力な鎮痛作用に加えて白血球抑制作用も知られ、その影響から消化管への副作用もアスピリンよりは少ない。ニューキノロン薬と併用する痙攣が起こるという副作用の報告がある。

酢酸系
座薬があるため即効性の高いボルタレン(フェニル酢酸、アリール酢酸系)や湿布でお馴染みのインドメタシン(インドール酢酸、アリール酢酸系)が含まれる。妊婦には用いることができない場合が多い。また消化管潰瘍以外に肝炎や黄疸が生じることもある。インドメタシンは胎児において動脈管閉鎖を促進させるという効果もある。この作用があるから妊婦には危険と言われている(経皮製剤は妊婦にも使える)。

オキシカム系
フェルデン、フルカム、ロルカム、モービックといった薬が知られている。フェルデン、フルカムは血中半減期が他のNSAIDに比べて非常に長いため一日一回投与で十分となる(大抵は一日三回投与)。フェルデンは胃腸症状が強いため坐薬で用いることが多く、そのプロドラックであるフルカムは内服で用いる。モービックはCOX-2を選択的に阻害する、物質名はメロキシカムである。

塩基性
ソランタールなどが含まれる。鎮痛効果が低いがアスピリン喘息の患者にも投与可能とも言われている。しかし喘息を誘発したという報告もあり用いない方が良いとされている。


この薬たちで効き目が出ない場合、第2段階の痛み止めを移ります。

代表的なお薬にリン酸コデインがあります。このお薬は、街の薬局で売っている咳止めにも含まれています。咳止めに使うときよりも多い量を使うと痛み止めになります。第2段階のお薬を飲むと便秘がちになることもありますが、下剤を一緒に使えば便秘を防ぐことができます。また、第1段階のお薬と同じように、使える量に限度がありますので、第2段階のお薬で痛みが残ってしまうような場合には、次の第3段階のお薬を使って痛みを取るようにします。

[ 2008/04/06 15:04 ] 膵炎 薬 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/319-ca656b15




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。