スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

名医を探して

名医が教える、名医の探し方です。

この方の結論は名医探しで頼りになるのは口コミでした。

1.同じ病の患者の話を聞く

経験者、つまり同じ病を患った患者さんに聞くのが一番。
多くの人が雑誌やTVで紹介されている高名な医師や大病院の話をありがたがって特集を組んだりしています。こういうマスコミの姿勢にも大きな問題があるのですが、鵜呑みにする患者の方にも問題はあります。
普通、買い物をするときにCMや雑誌の評判だけではなく、実際に使って見た人の意見を聞いたり、インターネットなどで情報を集めたりするものです。
最近多い「病院ランキング」本にしても、好成績を収めた治療結果は公表しても、うまく行かなかった例は合えて口にしないことがほとんどです。

2.医療関係者の話を聞く

知り合いに医療関係者がいたら話を聞いて見ましょう。医師同士は他の意思の悪口を言わないという不文律があるので、看護師さんの話をきければなおよいでしょう。
看護師さんはより患者に近いところいますし、現場も知っており、患者の立場も理解できると言うことで非常に有用な意見を得る事ができることがあります。

3.患者会に聞く

たいていの疾患では患者会と言うものが組織されていて、NPO法人として活躍しているところも少なくありません。
患者の立場を一番理解できる集団ですし、新しい情報を持っている場合が多いものです。

そして、名医を見つける最短ルートは優秀なかかりつけ医を持つことです。

・認定内科専門医である

・日々新しい医療知識を得ようとしている

・多くの優秀な医師とのパイプがある

・インフォームドコンセントをしっかりしている

・患者の話を十分聞き、地域の評判がいい


最低でもこれらの条件を備えているかかりつけ医を持つべきです。

[ 2008/03/30 21:23 ] 膵炎 慢性膵炎 | TB(0) | CM(2)
やはり。。。口コミって。。すごいかも~デス。。。。

昨年、私が手術をした先生が。。
きっと、論文を出したんだと思うけど。。。。
(私にも。。慢性膵炎の成功?何チャラって)
お題目の、データなどなどを、文章まとめてくれたので。。。

先生曰く。。。
あの、私の手術以来~
なんか。。。どうしようもない病気の患者さんが。。。
先生をめがけて?診察に来るそうで~
上司である、院長はホクホクだそうですが、
先生が、ボロボロであると。。。(涙

やはり、やってもらった手術は、大成功(だってぇ
寝返りがうてなかったのにぃ~、今は。。。食事もOKだし~)
残留麻薬は。。外科の問題じゃないからねぇ~
やはり、あの手この手で、結果があれば。。。それを信じて
Dr.も患者も~診察受けるんだろうね~
[ 2008/03/31 13:25 ] [ 編集 ]
いいほうの口コミが広がるのはいいですが、悪いほうはあっという間に広がってなかなか消えないですね。

私の近辺では絶対に行ってはいけない病院というのが2つあります。それでも、潰れずにやっているのですから不思議です。
[ 2008/04/04 20:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/315-7548940e




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。