スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ERCP体験談

膵炎患者ともなると、ERCPを受ける事、2度や3度ではないと思いますので、今更とは思いますが、流れを体験談より語ります。(笑)
他の方も、御自身の時の様子を教えてください。
以前の記事と重複する部分も多いですが、一応ブログ内検索で以前の記事も参照してください。

ERCPは患者の負担の多い検査ですので、病院による差や患者個人の適応と言ったものが他の内視鏡検査より大きくなっていると思います。

通常、ERCP2泊3日入院で行われることが多いです。

前日までの様子はこちらの「内視鏡的逆行性膵胆管造影 十二指腸乳頭切開術 」に記していますが、ほぼこの通りです。

2泊3日ですから、下着は3セット・パジャマは1セット(初日・当日は術着を着る所が多いです)・タオルは大1・小5くらいで十分です。

説明書・同意書はすでに入院前に交付・提出されていることが多いです。

前日22時から絶食、当日朝6時から絶飲のケースが多いように思えます。

当日、検査前にはシャワーを使っておきましょう。検査日は異常がなくてもシャワー禁になっている病院がほとんどです。

普段飲んでいる薬、病歴などについては入院前に打ち合わせが行われている通りに進めましょう。

当日朝には、検温・血圧測定などがあります。

検査前2時間くらいから点滴のルート取りを行って、ラクテック、ソリタなどの輸液にブドウ糖5%とフサンあるいはFOYの点滴が始まります。これに抗生剤も追加になって計3本の点滴がスタンドにぶら下がるケースが多いです。抗生剤はロセフィンが多いように思います。

時間が来ました。ソセゴン・ブスコパンなどの鎮静剤・痙攣剤を静注・筋注します。いざ出陣!

検査はほとんどの病院で専用の内視鏡室で行われます。
内視鏡室に入ると検査台の上に乗ります。ここでもう一度問診。
名前・生年月日・病歴・アレルギー・義歯などについて尋ねられます。

このあと、胃を洗浄する薬品をコップ1杯分飲み干して、
キシロカインを喉に溜めます。2~3分ほどで喉が痺れて来るようです。

この間に、血圧・脈拍・酸素を測定する器具を装着し、
また、心電図計、酸素チューブ、ギャングボールも装着します。

コードがいっぱいで盛り上がってきます

体制はうつ伏せです。顔は右向き。これは膵臓の位置との関係です。

このとき、こいつは暴れるなと思われた人は、
厳重に手足を固定され、腰もコルセットで固定されます。ガチガチです。

このあと、通常は点滴からセルシンを流します。

眠りにくい人は、ドリミカム、イノバンを投与されます。
昨年末、東京女子医大の医師が看護師を眠らそうと使ったアレです。

これでダメな人は、ディプリバン、ラボナール投与です。
麻酔専門医の立会いが必要になりますので、急には無理ですが。

そして、検査

終われば回復室で覚醒です。人によりますが、30分から1時間。

そして、部屋に戻って安静に過ごします。

検査2時間後に採血があります。異常がなければ飲水開始。

3日目(検査翌日)、朝に採血、異常がなければ、おつかれさま退院です。

[ 2008/03/23 14:56 ] 膵炎 治療・療養 | TB(0) | CM(11)
私の場合、マウスピースをくわえた所までは覚えてます。後は、寝ちゃってて、痛くも痒くもなく検査が終わり、ERCPは怖い検査と聞かされていただけに、検査をためらっていたのですが、取越し苦労でした。
[ 2008/03/23 16:28 ] [ 編集 ]
よかったですね
個人差が大きいようで、鎮静剤だけで眠ったりボーっと意識が薄らいだりする人もあれば、強力な麻酔薬でも覚醒してしまう人といろいろのようです。
意識が残ってる状態で内視鏡を入れられるのが一番悲惨な状況ですね。
途中覚醒も怖いですが。(笑)

また、術後膵炎もおこさない人は起こさないし、起こす人は簡単に重症膵炎を引き起こしてしまうようです。
ただ、実感や医師の話を聞いていると巷間言われている術後膵炎の確率は嘘ですね(笑)

コメント欄のご質問には、エントリー301に書いておきました。お暇なときにお読みください。
[ 2008/03/23 16:57 ] [ 編集 ]
一番悲惨?
一番悲惨な意識あるままの内視鏡挿入やりましたよ~。
あの太さ、なんじゃこりゃ、でしたよ。
しかも二日連続で意識あるままの内視鏡挿入。
でも、途中覚醒よりマシかと、思ってます(笑)
五十歩百歩かな。
私の悲惨なERCP日記は以下でーす

http://www32.ocn.ne.jp/~kinki/mine/kyuseisuien.html
[ 2008/03/23 19:40 ] [ 編集 ]
う~ん
重症膵炎でのた打ち回る日記は読み応えがあるまするな。
このような修羅場をくぐった武士がなぜヘタ...(ry
[ 2008/03/23 20:55 ] [ 編集 ]
わたしも~
私も。。。ERCPはかなりのトラウマ。。。

手術に並ぶ。。ですねぇ~
あゆさんも。。。重症膵炎になられて~

私も。。。
20年前ですが。。。。
ERCPをやりながら?狭窄した膵管を広げる為に、レザーや
バルーンや、ありとあらゆることを、やられ(涙
終わったと思ったら~
再び。。。。と
でも、拒否して壁側に顔を、そむけたら~
麻酔?されて、強引にやられ~
数週間。。。
重症膵炎で、狭心症や肺に水がたまるとか。。。多臓器不全とか。。。
めちゃ苦しみましたよぉ(涙

人や、処置にもよるでしょうが。。。。
私的には。。。2度とやりたくない~検査?処置デス。。
[ 2008/03/23 21:48 ] [ 編集 ]
>麻酔?されて、強引にやられ~
>数週間。。。
>重症膵炎で、狭心症や肺に水がたまるとか。。。多臓器不全とか。。。

悲惨ですね~。v-12
そこまで行くと処置した医師や看護師もトラウマになっているかもしれませんね。v-13
[ 2008/03/23 22:41 ] [ 編集 ]
寝てはいますが、後半 悪夢を見たあとのように目覚めます☆
amylaseさま☆

ねこみみは 今までで 合計5回、
ERCPをしていますが、
いずれも ドリミカムできっちり 眠らされて施工されますので、施術中の痛みはありません☆
けれども たぶん 覚醒のための薬を入れるわけなんでしょう、後半 覚めぎわはつねに 痛いというより苦しいです☆
暴れてはいないようですが、
普段はネコかぶって 痛いとはあまり言わないのですが、
このときだけは 痛い痛いと 言うそうです→本人、無自覚(^-^)
この5回のうち 3回は 事後、中程度の膵炎を起こしました☆
が 「中級者? または上級者?(爆☆)」に至っていますせいか、もう 事後のアミラーゼが強烈に上がるということはありません☆ もう そう強い膵炎を起こすこと自体が不可能に近いようです☆
今回入れたのは7番のステントでしたが これは寿命が短く、夏前には 10番を入れないとなりません☆
この10は、7よりは詰まらない太さですので、これで うまく推移する人は半年は持つ、と 先生は言います☆
毎回のことですが、コレはなんだか 
軽い博打のような感じです☆

ですが ERCPしか 現在のところ
切り抜ける道がありません☆ また さいわい 
前回のERCPから 数値は悪化しているのですが
それまでに出現したひどい激痛からは ちょっとおやすみを貰えています☆ なので
もう1段階、太さをあげたいところです☆

ERCP
・・・・まったく 膵臓外科とは よく言ったものです・・・(^-^)
突貫工事、みたいですから☆
ねこみみ☆








[ 2008/03/23 23:01 ] [ 編集 ]
ねこみみ☆さんも術後膵炎組みでね。(笑)
ドリミカムやセルシンもそうですが、この手の薬剤は自白剤としても使われますから術中になにを言い出すか自分でもわからないのが怖いですよね。
「痛い痛い」くらいなら可愛くて良いのですが...(笑)

ステントもiPS細胞などを応用して半永久的な物が出来れば良いのですが、患者数の少なさから一番後回しになってしまうでしょうか。
[ 2008/03/23 23:27 ] [ 編集 ]
みなさん、大変な思いでERCPをやられているようですね。私もその話は担当医から十分聞かされていました。不思議なことにまったく何事もなかったと言えばウソになります。CRPとかアミラーゼ値とかあがりました。患者の体質、医者の腕でこのERCPの検査が楽かどうかにかかってくると思います。私の場合は苦しまなかったので、ラッキーっだったのかな!?
[ 2008/03/24 11:03 ] [ 編集 ]
ステント☆
ちょとばかり、補足です(^-^)

初回に入れたステントは
半月あまりで あっと言う間に詰まり、
抜去せざるを得なくなりました☆
この 抜去したステントというのを
とってあります☆
色はブルーで、3ミリ弱くらいの太さで、非常に固い素材のものです☆ そして、詰まりが無いように ところどころに切れ目が入れてあり、その切れ目からも膵液が流通するようになっていました☆
全体の長さは、5センチ未満くらいです☆
なんだか 要するに導水管みたいな感じでした・・・☆







[ 2008/03/25 12:57 ] [ 編集 ]
術後膵炎を引き起こすかどうかは患者によって大きな差があるようですね。
私は今の所、100%起こしています。まぁ、術後膵炎を起こすだけの力がまだあるようで、ホッとするような、しないような。(笑)
[ 2008/03/28 23:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/307-7074e02e




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。