スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

内視鏡いろいろ

内視鏡もドンドン進んできているようです。

ハイビジョン内視鏡

走査線と水平方向の画素数が大幅に増大したモニターと、ハイビジョン対応の高画質CCDとの組み合わせによって、飛躍的に鮮明な画像が得られるようになり、従来の方式では発見が困難であったかもしれない微細な粘膜構造の変化も、観察しやすくなりました。

経鼻内視鏡

鼻からも口からも挿入できる極細内視鏡を開発されました。一般の内視鏡は、管の外径が約9mmですが、極細内視鏡の先端部の外径は約5mm。鉛筆よりも細い内視鏡なので、患者さんの状態にあわせて口からも、鼻からもスムーズな挿入ができます。
鼻から挿入して行う経鼻内視鏡検査には、「苦痛が少ない・吐き気が起きにくい・検査中も会話ができる」というメリットがあります。内視鏡が舌のつけ根を通らず、のどに触れることがないため、挿入による不快や吐き気をほとんど感じることなく検査を受けることができます。

硬度可変ノブ

大腸内視鏡検査は、曲がりくねった長い大腸の深部にやわらかい内視鏡を挿入しなければならず、医師にとっても熟練した技術を要する検査です。そのため大腸内視鏡には、挿入を容易にする為のさまざまな工夫が盛り込まれています。最近では、内視鏡の挿入部の硬さが任意に可変できる機能や磁気を利用し内視鏡の挿入状態を確認しながら検査を行えるような装置の開発もされています。
内視鏡操作部に組み込まれた硬度可変ノブを回すことでスコープ内部に組み込まれたコイルが伸縮し、スコープの硬さを任意に可変することができます。腸管の湾曲や形状に合わせてスコープの硬さを可変しながらやわらかいスコープを進退させ、スコープ先端部を大腸の深部まで挿入していきます。

拡大観察技術

一見平坦に見える大腸の粘膜表面でも詳細に観察してみると、陥凹(かんおう)型になった病変が存在することが発見され、さらに病変部を拡大して紋様を観察、分類することでその病変の状態が把握できるようになってきました。
現代の拡大内視鏡は、マイクロマシン技術のアクチュエーターを内視鏡先端部に内蔵し、独自の拡大コントローラーによるレンズ移動で、拡大操作を実現させることができるようになりました。これによって約100倍(14インチモニター上)の高解像拡大画像を得ることができます。

超音波内視鏡

超音波内視鏡の登場により、通常の内視鏡では見ることができない粘膜下の病変、膵臓など深部の臓器の詳細な観察が可能となりました。
超音波内視鏡は、潰瘍や病巣(びょうそう)の深達度診断や、膵臓・胆道などの内視鏡では直接観察することが困難な深部の臓器の精密検査に用いられています。
特に膵管の狭窄原因を探るのに有用で慢性膵炎患者の方は受けられた方も多いのではないでしょうか。

狭帯域光観察(NBI)

消化器のがん。小さな病変を早期に発見、治療することの重要性が高まるなか、粘膜表面の色、構造をより自然に、より精細に観察するための内視鏡観察技術の開発が進められてきました。「ハイビジョン技術」が内視鏡観察に導入されて以来、飛躍的に鮮明な画像が得られるようになりましたが、最近では、従来の光では観察しにくかった小さな病変をより観察しやすくするため、「特殊光」を用いた観察技術が開発されています。
通常の内視鏡検査では、白色光を粘膜表面に照らすことにより、自然な色をモニタ上に再現しますが、「特殊光」を用いた観察では、光の波長を制御することで、粘膜表層の毛細血管や、わずかな粘膜の肥厚、深部血管などを強調して映し出します。このような特殊な光を用いた新しい内視鏡観察技術が、「特殊光観察」と呼ばれています。
がんの増殖には、血管からの栄養補給を必要とするため、病変の近くの粘膜には、多くの血管が集まりやすくなると考えられています。そこで、粘膜内の血管などをより鮮明に観察しやすくするために、血液中のヘモグロビンが吸収しやすい特殊な光を照らし画面に表示するのが、狭帯域光観察です。
狭帯域光観察では、毛細血管の集まりやそのパターンなどが鮮明に表示され、通常光による観察では見えにくかったがんなどの早期病変の観察において有用性が期待されています。またこれまでは、血管や粘膜の詳細な観察のためには色素による染色を行わなければならないこともありましたが、狭帯域光観察を行うことによって、患者さんの身体的な負担が軽減されることが期待されます。

[ 2008/03/23 04:26 ] 膵炎 治療・療養 | TB(0) | CM(2)
超音波内視鏡☆
amylaseさま☆

これは前回と今回、
いずれも ERCPの前々日にやりました☆
ねこみみ それまで、
超音波内視鏡と ERCP用の内視鏡って
そんなに違わないものかと思っておりました☆

ですがこれは 施術時間がぜんぜん短く、
また ERCPのときのようにうつぶせでは飲みません☆
これは ステント挿入ということもないので、
純然たる検査のようで、
終了後の痛みや膵炎も無いのですが、
ねこみみだけかも知れませんが、
通過時、どうも
スコープのコードの径が ERCPのものより
「太い・・」という感じがしました☆
ふつうの胃カメラ、また
ERCP時のカメラよりも
抜いたあとの 咽のヒリヒリ感が強かったです☆
ですが 飲む瞬間は トロトロしていますので、
どんなカメラであるのかを 直視できていない・・(^-^)

思えば、
わたしの膵臓を実際に見ているのは
先生と カメラだけで、
もち主のわたしが見ていないって・・(爆☆)

今ごろ言うのも何ですが、
ちょとばかり イヤなものです(^-^)

ねこみみ☆






























[ 2008/03/24 23:38 ] [ 編集 ]
超音波内視鏡は膵管狭窄の原因が膵ガンによるものかどうかを判別するのに良く使われるようですね。
これにアダプターをつけて胃を貫いて膵細胞を採取することもあるようです。

>スコープのコードの径が ERCPのものより
「太い・・」という感じがしました☆

近々超音波内視鏡を飲むかもしれませんのでチェックしておきます。(笑)
[ 2008/03/28 23:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/304-41d6281c




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。