スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

膵炎 心窩部・腹痛・放散痛

膵炎症状でもっとも特徴的なものが、心窩部背痛腹痛放散痛(左肩)です。

いろいろな放散痛については以前に書きましたので参照してください。

膵炎の持続的な痛みは一度経験すると、忘れられないものですから経験者は間違うことは少ないと思いますし、どの程度の緊急性があるのかは、ある程度自分で判断できるかと思います。

しかし、膵炎の痛みを知っていると他の腹痛心窩部痛が来た時に大したことないと思ってしまうかもしれません。危険です。

痛みに伴って、嘔吐、冷や汗、高熱、顔面蒼白、下痢などが急に来た場合は危険です。

女性なら、妊娠・卵巣嚢腫・卵巣の茎部のねじれ

30代以上だと、狭心症、心筋梗塞、肺炎、ヒステリーなど、

腹部以外のトラブルが原因となることもあります。

(1) どこが?(痛みは移動するか)

(2) いつから?(前触れはあったか)

(3) どんなときに?(食事の前後はどうか)

(4) どんな痛みか(さしこむような痛み、針で刺すような痛み、脈打つような痛みなど)

(5) 痛みにともなってどんな症状が起きたか(熱、吐き気、尿の状態、便の状態など)

救急だと経験が豊富でない研修医ややぶに当たるかもしれないから、
これだけは聞かれなくても伝えましょう。

一般的に

(1)どこが?については前記事に詳しいですが、

  心窩部(みぞおち)
  
   激痛を伴うお腹の痛みで、吐き気、冷や汗を伴うなら心筋梗塞
   ショック状態になるなら潰瘍穿孔
   鈍痛なら、胃炎、胃下垂、胃潰瘍、十二指腸潰瘍など

  右上腹部

   黄疸、発熱を伴うなら、急性肝炎
   さしこむような痛みなら胆嚢炎、胆石など

  へその周辺

   激痛、嘔吐、張り、便秘気味で腸がなるなら腸閉塞、腸捻転の可能性

  左上腹部

   激痛を伴うようなら、急性膵炎
   背中に痛みを伴うなら膵臓ガン
   血便が出るようなら大腸ガンの可能性

  右下腹

   吐き気・発熱を伴うなら、急性虫垂炎
   下痢を伴う場合は、過敏性腸症候群
   グルグルというようなら急性大腸炎

  下腹部全体

   血尿、さしこみがあるなら腎結石、尿管結石
   下痢・便秘を伴うなら大腸憩室
   女性で激痛があるなら、子宮外妊娠、月経困難症、卵巣嚢腫系など

  お腹全体

   張りがあり悪心、吐き気、激痛を伴うなら、腹膜炎
   下痢・発熱を伴うと、食中毒による急性腸炎
   腹部全体に鈍痛が広がるようなら、慢性腹膜炎、ガン性腹膜炎
 

(3)どんなときに

  空腹時にお腹が痛いと胃の下部の胃潰瘍、十二指腸潰瘍など

  食事中・食後の痛みは、食道炎、急性胃炎、急性膵炎、過敏性大腸炎など

  食後2~3時間後に痛む場合は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、慢性胃炎など

(2)(4)(5)については以前の記事を参照してください。

急性膵炎の痛みは別格といわれますから、それを基準に痛さを判断すると誤ってしまいます。
あいつはフェーススケールを振り切っていますから(笑)

[ 2008/03/16 15:29 ] 膵炎 治療・療養 | TB(0) | CM(2)
膵炎の痛みの対処法
おなかが痛いといって、土、日の救急外来へ行くと99%そのまま、家に帰る事もできず、車椅子に乗り、留置点滴の状態で病棟(入院)になってしまいます。みなさんは、突然の痛みについてどう対処されているのでしょうか?私はもう、痛みが起きても入院はしたくないので、かなりのロキソニンとボルタレンで痛みをとろうとしますが、正直言って効きません。皆さんはどうされているのでしょうか?突然の痛みが起こったら、やっぱり夜でも救急外来かかりますか?入院覚悟ですか?対処療法を教えてください。お願いします。もう、入院はしたくありません。すい臓って侵されるとそんなにやばい臓器なのですか?みなさん、アドバイスよろしくお願いします。
[ 2008/03/20 01:42 ] [ 編集 ]
私も緊急外来へ行くと有無を言わせず入院ですね。しかし、いかなきゃ何もできない状態のまま悪化するばかりですし...

私の場合は、ヤバイと感じた時から完全絶食にします。ヤバヤバ感がなくなれば食事再開です。
これに失敗した時は、フオイパンとビソルボンを多めに飲み、頓服としてボルサポ50を使います。
これでダメなら、ソセゴンかレペタンで時間を稼いで病院へ行きます。フサンかミラクリッドの点滴で良化しないようであれば、そのまま入院ですね。

膵石や胆石で膵菅が詰まっての発症以外は前触れがあると思います。その段階で膵を休ませてあげられれば入院は避けられると思います。

膵臓は不可逆で壊れたところは治らない臓器です。しかし、自分が注意する事で病気の進行を遅らせる事は十分に可能です、いいかえれば自分で守ってあげることしか出来ません。
[ 2008/03/20 16:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/293-2ad94972




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。