スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

入院生活には読書

中原の虹 (全4巻)中原の虹 (全4巻)
(2007/11)
浅田 次郎

商品詳細を見る


今年の吉川英治が浅田次郎氏の中原の虹に決まったようです。確か浅田氏は第16回吉川英治新人賞も『地下鉄に乗って』で受賞されていたはずです。

入院生活といえば読書がつきものです。重い病状の時には、軽く読み流せるもの。病状が回復してきたらじっくり読めるものが基本です。

実は今日、見知らぬ人のお見舞いにこれをと思っていたのですが、浅田氏は「泣かせの次郎ちゃん」として男性読者には絶大な人気を誇るのですが、私のまわりの女性陣にはもう一つよろしくない様です。

おそらく彼の著書は全編読了しているのですが、その泣かせの技量はやはりピカ一だと思います。

女性陣には東野圭吾氏が人気のようです。(最近ではガリレオ(容疑者Xの献身)の作者として有名?

手紙 (文春文庫)手紙 (文春文庫)
(2006/10)
東野 圭吾

商品詳細を見る

手紙などは読了率100%に近いほど人気です。

女性に人気と言えば

戻り川心中 (光文社文庫)戻り川心中 (光文社文庫)
(2006/01)
連城 三紀彦

商品詳細を見る


連城 三紀彦氏も人気があります。お見舞いに迷ったらこのあたりをチョイスされてはいかがでしょうか?


お見舞いに本を贈る場合は事前調査が必要です。本好きな人はそれだけの量を読んでいますから既読とぶつかる事もあります。

私の場合は、鎮静剤の乱用で健忘症が進んでいますので2,3年前に読んだ本ならほぼ忘れています。(笑)


[ 2008/03/06 23:33 ] いろいろ 日常生活 | TB(0) | CM(2)
浅田次郎
私も浅田次郎は好きですね。
エッセイも面白いですわ。
彼が自衛隊出身とは思えませんしね。
「中原の虹」は読んでみなくては!
[ 2008/03/07 22:08 ] [ 編集 ]
私は読む人は全編読むし、読まない人は全然読まないです。(笑)
最近、宮部みゆきさんを読破しようと思いましたが、積読状態です。あきらめて、横山秀夫、奥田英朗両氏を読んでしまいました。
浅田氏は短編・長編ともに面白いですね。時代物もピカレス物、エッセイとどれをとっても面白いです。それぞれ、プリズンホテル、天切り松 闇がたり、勇気凛凛ルリの色がお気に入りです。
[ 2008/03/08 00:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/288-8fb072ba




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。