スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

医学用語

何度か入院を繰り返すと、医学用語にも自然と詳しくなり、主治医や看護師さんなどとの会話も自然と専門用語でするようになります。

自分の病気に関しては研修医や看護師さんよりも詳しくなる事も少なくありません。

特に急性期病院に入院していると略語や専門用語を耳にする事が多くなります。

よく聞くのは

「アポる」 某団体で有名になりましたが、ドイツ語Apoplexieから来ていて、「脳卒中で倒れる」という意味です。

「ワゴる」 迷走神経反射vagovagal reflex, vagal reflexを起こすという意味です。顔面蒼白、気分不良、嘔吐、失神などをきたすことを言います。

「デコる」 心不全の状態に陥ること decompensated congestive heart failureを言います。

病気持ちの生活も長くなると専門用語の方がかえってわかりやすいのですが、やはり外来患者さんなどは、わかりやすい言葉に言い換えて欲しいと思うのでしょう。

予後・合併症…患者に通じない736語、国語研が言い換え例

 「予後」や「病理」といった医師が使う専門用語について、国立国語研究所が全国の医師を対象に調査した結果、患者に意味が伝わらなかった言葉が、736語に上ることがわかった。

 同研究所は来年春をめどに、医療用語をわかりやすく言い換える例などを示した「病院の言葉の手引」(仮称)を作成する。

 日本語の調査研究をしている同研究所が、ある特定の分野の専門用語についての用語集を作るのは初めて。同研究所の杉戸清樹所長は「医師の説明を理解できず、不安を感じながら治療を受けている患者は多いことがわかった。医師と患者さんの橋渡しをしたい」と話している。

 調査は昨年11月、全国の医師約2000人に、患者に理解してもらうことが難しいと感じた言葉や、言葉が通じずに困った具体的な経験などを尋ね、364人から回答があった。

 このうち最も多くの医師が誤解された言葉として挙げたのが「予後」。一般的には、病後の経過や病気のたどる経過についての医学的な見通しを指す言葉だが、がん診療の際には「余命」の意味で使うことが多い。これは医師側の言葉遣いが日本語として適切さを欠くケースとみられる。77人の医師が「意味が通じなかった」などと回答していた。

 「合併症」も40人が「通じない」などと答えた。多くの医師は、「手術後に最大限努力しても起こってしまう可能性のある副作用の一部」などと言い換えているとしたが、「いくら説明しても『医療ミス』のことだと間違われる」といった声もあった。

 「陰性」の場合は、「『インフルエンザは陰性でした』と言うと、『やはりインフルエンザでしたか』と言われた」。本人や家族にショックを与えないよう「がん」を「悪性腫瘍(しゅよう)」と言い換えたところ、「『がんでなくてよかった』と誤解された」という回答も。

 同研究所は、言語学者や医師、看護師など約20人による「病院の言葉委員会」を設け、今年秋までに中間報告をまとめる。最終的には、医療用語50~100語を選び、公表する。患者側にも広く公開したい考えだ。

(2008年3月6日14時32分 読売新聞)

[ 2008/03/06 22:53 ] 膵炎 治療・療養 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/287-d37d99b7




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。