スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

病院で切れるとき

最近は病院でキレている患者をよく見ます。

・待ち時間の長さにキレてる人・・・「いつまで待たせるねん」「順番来るまでや」

・口のきき方にキレている人・・・・・「お前、何様やねん」「お互い様」

・治療の効果にキレている人・・・・「いつになったら、なおるねん」「そのうちな」

・他の患者にキレている人・・・・・・「俺の方がしんどいねん」「帰って寝とけや」

・注射が痛くてキレている人・・・・・「痛い!なにすんねん」「注射ですが、何か?」

・わけもわからないことでキレてる人

どこの病院でも良く見かけます。

私は幸い、まだキレるような場面になった事がないのですが、ルート取りに2回ほど失敗すると、非常に申し訳なさそうにしている看護師さんをみると、これくらいでも怒鳴る人もいるんだなぁと思ったり、胸のPHSが震えて呼ばれた部屋番を見てうかない顔をするのを見たら大変だなぁと思います。

私も内視鏡室で2度に渡って大暴れをしたので、主治医に「2度とやりたくないです」と言い切られてしまったので大きな事は言えないのですが、患者側にももう少しモラルが必要かと思います。
病気で心身ともにダメージを受けてキレるまでの許容量が少なくなっているのは分かるのですが、そう言うときこそ一握の矜持を発揮してかっこよく行きたいものです。

某所に引きこもっていますので手元にデータがないのですが、医療関係者が患者に受ける暴言・暴力の率がありました。ちょっと想像できないくらい高いものでした。看護師への暴言は50%、暴力は25%を超えていたと思います。私の病院ではモンスターペイシェントと同じくらいモンスター退治の患者が常駐しているのでこのデータほどひどい感じは受けませんが、看護師さんの話を聞いているとモンスターペイシェントとまでは行かなくてもクレーマーと呼べる人は数多くいるようです。

そのうち資料が揃ったら看護師さんの生の声とともに特集して見たいと思います。

また、こちらのような状況では患者側がキレて当然とともいえますので、やはり、日本全国やぶ医者マップの再掲も考えたいと思います。

[ 2008/02/28 02:51 ] 膵炎 治療・療養 | TB(0) | CM(1)
モンスターペイシェント
地元のかかりつけ医では見た事がない。それを叱る患者も見た事がない。
病院にはしつこい程通っていたが、まだまだだったか、
よほどいい病院に巡り会ってて、そういう患者を見てないか…。

あ、でも一度、膵炎とわかる前に原因不明の吐きもどしをした時
風邪が流行っているから風邪だろうという事で点滴をしてもらったが
吐き気が治まらず、そのうち何故かパニックに陥り、暴れた。
その後意識を失い、気付くと傍らに何故か友人が立っていた事があった。
友人に「トロロのダーリンに頼まれて来たんだけど、トロロにあんた誰?って言われたよ。別人みたいだった」と言われた。
これは無意識だからモンスターペイシェントじゃないよね?
違う意味でモンスターかもしんないけど(笑)
[ 2008/02/28 17:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://amylase.blog121.fc2.com/tb.php/279-28d2e0c1




最近の記事+コメント
BBS

Twitter Updates

    follow me on Twitter
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。